キャンプあるある問題!アルコールストーブとアルミクッカー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日トランギアさんの魅力に気が付きました。
どうしても欲しくなったのがストームクッカーです。
アルコールストーブを風防で火力が下がりにくくして、アルミクッカーで調理!
このあたりが非常に魅力的なんですね。
確かに欲しいストームクッカーですが・・・
手持ちのアイテムを組み合わせると結構近い物が出来なかなと思いだしました。
今回はスペック上の検証を行っていきたいと思います!
どちらにしても・・・アルコールストーブデビューにはなりそうです(^^
ではアルコールストーブとアルミクッカー問題。キャンプの「あるある問題」解決していきます!

1.ストームクッカーの魅力

少し先ほどでも触りましたが、ストームクッカーの魅力を分析すれば
お気に入りのアイテムでも同じように楽しめるかと思いました。
そこで・・・考えてみると・・・
①コンパクトになるスタッキング機能
②フライパンと鍋というクッカーのラインナップ
③火力が落ちにくい風防五徳
この3つをクリアしなければなりません。
しかし・・・要素を分解すると結構いける気がしますね。

スポンサーリンク

2.アルコールストーブ検討

やはり肝となるのはアルコールストーブです。
これだけはサイズがほぼ変わらないので最初にサイズの決定をしなければなりません。
というよりは既に候補は2つまで絞られています。
もちろん第一候補は

トランギアのアルコールストーブ!
発想の原点がトランギアである限りトランギアの製品に敬意を示すべきかと思っていますが・・・

もう一つ気になるのがエスビットのアルコールストーブです。
値段的にはトランギア2,700円前後、エスビット1800円前後です。
サイズはトランギア7.5㎝×4.5㎝、エスビット7.4㎝×4.6㎝とほぼ変わりません。
一つ気になる点は消火用の蓋ですね。エスビットには消火用の蓋にハンドルが付いており
五徳に入れていた場合にはエスビットの方が使いやすいかもしれません。
この辺り・・・どちらを取るか迷っています。

2.スタッキングできるクッカー

続いてスタッキングできるクッカーを探します。
これには候補が2つあります。
すでにお気に入りとして使っているアルミクッカーの
アルミクッカー
このタイプのアルミクッカーです。
アルミクッカーのスタッキング
これだけの数をスタッキングしてあります。
しかし純正で使うならば12.4㎝×5.2㎝ほどなので
これなら・・・中にアルコールストーブが入るのでは?
って思っています。これを機に・・・

ユニフレームさんのアルミ食器も買っちゃうっていう手もあります(^^
これなら鍋とフライパンどちらもカバーしてくれます。
もう一つが・・・
フードキャリア
ヒロシさんの迷宮グルメで見て欲しくなったフードキャリア!
じゅんいちダビッドソンさんの動画でも登場しましたが・・・
あれってヒロシさんのお土産??(笑)
これが
フードキャリアを鍋
鍋としても使えるんですね。
サイズも12㎝×5㎝程度と丁度アルコールストーブが入るサイズです。
なので・・・どちらもスタッキングには問題なさそうです(^^

4.風防五徳

こちらもすでに候補があります。
まずは先ほどのフードキャリアと一緒に購入したのが
SOTOテトラ
SOTOさんの簡易焚火台テトラです。
こちらが8.8㎝×8.8㎝×7.9㎝とアルコールストーブが収まるサイズです。
ちょっと風防としては弱いかな~って思いますが・・・持ってますからね(^^

1,000円ですからね。ついつい買ってしまいました。
そしてひょっとしらた一番効果的でないかと思うのが

このタイプや・・・
このタイプではないかと思うんですよね。
特に上のタイプなら安定しそうだし・・・。
ただ収納サイズが7㎝くらいになるんですよね。こうなるとクッカーに仕舞えないのも事実。
このあたりをどう考えるか・・・要検討です。

5.最後に 

意外と・・・楽しめそうなんですよ。
今回の「あるある問題」
殆どアイテムもそろってますからね。
あとはアルコールストーブをどちらにするかだけです。
燃焼効率はね。ウッドバーニングストーブの方がいいかなとも思いますし・・・
もうちょっと考えたいと思います!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事