ピコグリルを使いたい!海キャンプの焚火とちょと無骨なクッカー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ふと「あのアイテム使いたい!」そんな気持ちになることがあります。
基本的にキャンプアイテムが好きではないというキャンパーはいないと思いますが、
外遊び屋も愛してやまないキャンプアイテムをどうしても使いたい!という気分になります。
今回そんな気分になったのが

ピコグリル!
ピコグリルを使いたい!薪の使い方で五徳要らず!実践編!
最近FlexFire6にハマってそちらを使う事が多かったんです。
焚火
煙突効果でよく燃えるので、お気に入りなのですが、ちょっと直火感覚の焚火も楽しみたい!
そう思って出撃です!やっぱりピコグリルや使いやすいなと思います。海キャンプのレポートです。

1.やっぱり楽しいピコグリル398の魅力!

最近お気に入りの焚火台は
焚火
FlexFire6です。
新焚火台「Flexfire6」の火入れの儀!海でのデイキャンプレポ!
非常に良い焚火台でコンパクト!煙突効果で火力抜群な焚火台です。
しかし火力の調整がちょと難しい!
よく燃えますからね。しかしピコグリルなら火床の薪の広さを調整するだけで
強火と弱火が使い分けれます。久しぶりにその調整で遊びたいなと思いました。
ホントピコグリルはいろいろな魅力があります(^^

スポンサーリンク

2.いきなり発揮!ピコグリルの使いやすい点!

さて焚火を楽しみたいと向かった海辺!
ピコグリル
本日も良い景色です(^^
今回はピコグリルと
兵式飯盒
兵式飯盒をメインで使います。
兵式飯盒
とりあえずお米を炊くのに吸水させます。
その間に
鉄鍋LABO
スープを作るために鉄鍋で湯を沸かします。
この南部鉄器の鉄鍋LABOは両方に大きな羽が付いているので、
そこを薪にかけて、焚火に吊るすことも楽しみの一つ!
周り全体が炎で温まるので、蓄熱性が高い鉄鍋もすぐに暖まります。
キャンプでも使いやすい!南部鉄器の鉄鍋LABO700で焚火料理が美味しくなる!
鉄鍋LABO
今回もいい感じです。
湯が沸いたら
鉄鍋LABO
コンポタの素を入れて完成!蓄熱性でじっくりと火を通してもらいます(^^
ピコグリルは直火に使い感覚で楽しめる!そこがお気に入りのポイントの一つです(^^

3.兵式飯盒で挑む!海鮮ピラフ!

さて本日のメインイベントです!
兵式飯盒で海鮮ピラフを作ります。ピラフは作ったことは無いのですが
ペペロンチーノの素
こちらのペペロンチーノの素を入れてご飯を炊くと、簡単にできるそうです。
しかしレシピが無いので、分量が分からない!とりあえず適当に挑みます。
お米の水の量はいつも通り!
ピラフを炊く
海鮮ミックス半袋とペペロンチーノの素1つ入れて・・・
ピコグリル
いざ!勝負!
薪の置き方で、五徳が必要無いのもピコグリルの良いところ(^^
直に薪に置くので、かなり強火にすることもできます。
兵式飯盒
ピコグリルと兵式飯盒の相性って結構いいですね(^^
これからも使っていこう!
ピラフも完成したようなので
鉄鍋LABO
スープを再度温めます。やっぱりこの鉄鍋かっこいいなぁ(^^
なんて考えているうちに完成したのが
ピラフ定食
ピラフ定食!
ピラフ
うまい!
冷凍ピラフしか食べたことはありませんでしたが、ちゃんとピラフとして成立しています(^^
ちょっと塩こしょうを振っても良かったかな~って思いますが、これは結構ありなピラフでした(^^

使った素はこちらでした。もちろんパスタにも使えるので結構便利(^^
ちょっとおかずも欲しいなという事で
ウィンナー
鉄鍋の蓋でウィンナーを焼いていきます。
ウィンナー
ウィンナーは弾けさせる派です(^^
ウィンナー
完成!
蓋は取っ手があるので、平たい所には置けませんが、ピコグリルのオープンな火床では簡単に置けます。
そして本体の上にそのままパイルダーオン!
もちろん!ウマイ!!

4.最後に 

食べた後は
キャンティーン
まったりとコーヒーを飲みながら景色が移り変わるのを楽しみます。
格安ながらホント活躍してくれるキャンティーンです(^^

焚火
徐々に暗くなり
焚火
ランタンとも違う焚火の炎。ピコグリル今日も楽しませてくれました(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事