チャムスの焚火台!ブービーフェイスフォールディングファイアーピット!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプメーカーさんはどこも大好きなのですが、一番縁が遠いなと思っているのがチャムスなんです。
いや、可愛いオシャレなキャンプ道具をたくさん出されていて、ステッカーもよく見かけるのですが、
オシャレ過ぎて、アグリな中途半端な無骨スタイルの外遊び屋はちょっと手を出しづらい存在なんです。
実際アイテムもオシャレとか、綺麗とは思うのですが、特に機能美を感じる物が無かったのも事実です。
しかし今回のチャムスの焚火台「ブービーフェイスフォールディングファイアーピット」はちょっとびっくりしました。
機能美と共に溢れるチャムスの個性!ちょっと詳しく見ていきたいと思います!

1.チャムスの焚火台を見直した点!

外遊び屋は焚火台には強い思い入れがあり、コレクターと言われる事もあります。
焚火台にはメーカーさんの機能美、そしてそれぞれにより、燃え方、炎の上がり方、薪の組み方、調理の仕方など違うので
それを理解し、使い分けることに楽しみを感じます。先日購入した

コニファーコーンのパイロマスター2もコンパクトになるのに2次燃焼できる構造や
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!

6面と4面使い分けて高燃焼な

Flexfireなどはホント興味のそそられ、知的好奇心を満たしてくれる焚火台でもあります。
ドイツの焚火台「Flexfire」軽量コンパクトで高火力なのに簡単組立!
チャムスの焚火台はこれまで、そういった好奇心をあまりくすぐらなかったのもありますが、
「オシャレ」とはっきりカテゴリーを分けていたので、よく見ていなかったんだな~って思いました。
トータルコーディネートが苦手で、オシャレにできないコンプレックス何でしょうかね(^^
というのもブービーフェイスフォールディングファイアーピット

ペタンとコンパクトに畳める焚火台で、煩わしい組立無しで簡単に設営できる使い勝手も良さそうな焚火台なんです。
いや、これは思わなかったな~って思います。ロゴが抜けているので、ここからこぼれる炎は美しいだろうな~。
暗い中でロゴが炎で浮かび上がる!なんか素敵じゃないですか(^^

スポンサーリンク

2.チャムス「ブービーフェイスフォールディングファイアーピット」のスペック

チャムスの「ブービーフェイスフォールディングファイアーピット」の基本スペックを確認したいと思います。
●使用サイズ:W35cm x D35cm x H36cm
●収納サイズ:W35cm x D10cm H36cm

スノーピークの焚火台Mと同じくらいですね。ファミリーでも使える大きさですが、
バーベキューをするにはちょっと手狭感があるかもしれないサイズですね。

●重量:約6.1kg

これは重量級です。素材がステンレスなのもあると思いますが、かなりしっかりした構造なのかな。
慣れない方にはちょっと重いと感じるかな。
オートキャンプでは問題ないので、ホントオシャレキャンプに良さそうです。

3.チャムスの焚火台に見る遊び心!

この焚火台はホント遊び心を感じます。性能というよりは見かけですが、人気のロゴを最大限生かしていますね。

焚火の時、夜に焚火で浮かび上がるこのロゴも綺麗だろうな~って思うのですが、

サイドにはそのブービーバードが歩いた足跡があしらわれています。
こういうのはたまらんだろうな~って思いますね。なんというか遊び心というか。
ホントファンの心理を突いてくるな~って思いました。
キャンプメーカーさんの遊び心は、名前だったり、機能だったりしますが、ホント個性が出ますね(^^

4.最後に 

チャムスの焚火台「ブービーフェイスフォールディングファイアーピット」を見てきました。
実際外遊び屋がこの焚火台を購入することは無いと思います。
ただちょっとチャムスを見る目が変わったので、やっぱりイメージで縛られているんだな~って思いました。
もっと柔らかい頭になりたいものです。そうすれば今よりもっともっとキャンプ楽しめそうです(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事