スノーピークのビールジョッキ!500ml缶がピッタリ入り最後までキンキン?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
暑い夏!設営でしっかり汗をかいてそのあとキンキンに冷えたビールが楽しいという方も多いかと思います。
外で飲むお酒はホント美味しいです(^^
色々こだわりのある方も多いですが、外遊び屋的には缶から飲むのではなく、器に移して飲みたい派です。
味だけじゃなく、ビジュアル的にも「キャンプしてるな~」って気分になるので(^^
そんな気分を盛り上げてくれるアイテムをスノーピークから出ているのを発見しました!

なんかかっこいい!サーモジョッキ700というアイテムです。
今回はこのサーモジョッキ700を詳しく見ながらビールジョッキをちょっと調べてみたいと思います!

1.スノーピーク「サーモジョッキ700」に感じた魅力!

キャンプ中に飲めばなんで飲んだって美味しい!それは事実です。
焚火
ただちょっと泡を見てシェラカップを使うと、そのキャンプ気分がさらに高まるのが外遊び屋です。
これで特に不満はなく、むしろ大満足の日々だったのですが、
先日来スパローズの大和さんがめちゃくちゃ大きな樽型のジョッキを使用されているのを見ていて
「ビールジョッキをキャンプ場で使うというのも悪くないな~」って思っていました。
しかしガラスの物は破損もあるので、壊れない物がいいなとおもっていた矢先に飛び込んできたのが

この形状なわけです。先が絞られているので、泡が集中して高く盛り上がりそうじゃないですか(^^
まさに樽型!
加えてダブルウォールなので、保冷がしっかり効くので2杯目以降のゆっくり飲むときにも冷えた状態が続きそうって考えました。
夏場はどうやっても温くなりがちなビールを冷たく楽しめればこの上ない事です。
さらに

ハンドルが折りたためるので破損の心配が少なそうです。
これならキャンプで持ち運んでも大丈夫かな~って。また外遊び屋は朝のコーヒーなどもたっぷり飲みたい派なので
大きめのカップである方が助かるんですね。
そういったニーズを満たしてくれそうなアイテムです(^^

スポンサーリンク

2.スノーピーク「サーモジョッキ700」の基本スペック!

見たままなのですが、一応基本スペックもチェックしておきたいと思います!
●使用サイズ:Φ100×170mm
高さが17cm!手のひらを広げたくらいと考えると案外大きめです。
●重量:420g
●構造:真空断熱構造
いわゆるダブルウォールのカップですね。その分重くなっています。
保冷性には優れていますが、火にかけて使用することはできません。下がプラスチックなので間違う事は無いですね。
●容量:700ml
500ml缶がピッタリなのに700mlの容量は大きいじゃないかとふと思いましたが、200ml分は泡のところなんですね(^^
口が絞られているのでその分泡が集まるので高い泡が入る容量になっているのかと思います。
これは結構楽しそうだな~!!

3.キャンプの無骨ビアジョッキを探してみた!

せっかくなので他にもどんなキャンプで使えそうなジョッキがあるのか調べてみました。
結構ありますね!やっぱり外さないのはキャプテンスタッグです。

コンパクトにならない普通のジョッキの形ながら600ml入り、ダブルウォールです。これもいいな~って思いましたが
鹿番長はこんなものでは済ませません!

1ℓバージョンもあります!もう海賊かよってくらいの容量です(^^
ここまでくると他の用途でも使えそうですね(^^
さすが鹿番長!男前だ!(^^
さらに海賊っぽいのを探すと

模造の木目の物もあるみたいです。容量も600ml近く入るので500ml缶ギリギリ入るかな?
しかしどうせなら
保温が効かなくても木製で攻めてみたいかなとも思います(^^

4.最後に 

スノーピークのビアジョッキ700を見ながら、他のジョッキも探してみました。
値段的には鹿番長の物もアリかなと思います。
しかしスノピも楽しそうですね。ちょっとキャンプの中の飲む時間が楽しそうです。
とりあえず欲しい物リストに入れておこう(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事