テンマクデザインより新発売!ソロキャンプ用の強力ソフトクーラー「野蔵」!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
テンマクデザインといえば、コアなアイテムを出してくれるメーカーさんのイメージがあります。
ファミリーからソロ、オシャレから無骨。どれにでも対応しながら、抑えめの色調といったところでしょうか。
そのテンマクデザインよりこれはいいなというソフトクーラーボックスが発表されました!
発売は7月だそうですが、情報が公開されたので詳しく見ていきたいと思います。
無骨系の色合いで、なんと2泊3日でも氷が解けないソフトクーラーです(特定条件下)
なかなかソロキャンプも楽しむ者としては見逃せません(^^

1.テンマクデザイン「野蔵」の基本スペック!

まずは基本スペックから確認していきたいと思います!

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
見た目にはちょと無骨なカバンといったところ。ザ・ソフトクーラーといった感じではなのがいいですね(^^
●外寸:390×280×320(高)mm
●内寸:350×230×280(高)mm
●容量:22L

容量22Lと言えば外遊び屋が使う

こちらのタイプの倍くらいの大きさ。
22ℓならソロキャンプのドリンクもお肉もたっぷり入り、確かに2泊3日でも対応できそうです。
大きさもちょうど倍くらいの大きさですね。外遊び屋的にサイズ感が分かりやすい(^^

●素材:芯材ポリプロピレン、外巻ポリエステルオックス210D(PUコーティング)、ポリエチレン

外はつるつるの感じではなく、ザックなどで使われる素材っぽい見た目です。

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
なので見た目もかっこいいですね。ただ結露したときや、使用した後はしっかり乾燥させないとカビ問題に直面します。
まぁ乾きにくい素材ではないのでそこまで心配しなくていいかなと思っています。
なかなか良い見た目とサイズ感!ソロでなくてもデュオキャンプでも使えそうな感じですね(^^

スポンサーリンク

2.テンマクデザインソフトクーラー「野蔵」の性能!

野蔵の驚くべきことはその性能です。
保冷力が凄い!ソフトクーラーを使わない方はその保冷力不足を挙げられる事も多いですし、
事実ハードに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。
しかしこの野蔵!
実験では30℃の環境で45時間の保冷、40℃の環境で33時間の保冷が可能です。氷が解け切らないといったイメージでしょうか。
詳しい実験方法はテンマクデザインの公式HPで確認をお願いします。
なかなかの保冷力!ソフトクーラーはコンパクトにもなるので夏のドライブなどにも便利!
そして保冷力をいかんなく発揮してくれる!
2リットルのペットボトルが横に2本はいるだけのスペースがあるので、旅先のちょっとした買い物にも対応可能。
これは結構魅力的だな~!

3.テンマクデザイン「野蔵」の便利機能!

見た目も良くて保冷量が高いという事で結構魅力的なのですが、さらに便利な機能もあります。

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
最近多くのソフトクーラーボックスについている機能ですが、上部に氷が設置できるので中をしっかり冷やせます。
これないと、毎回氷を出してから中の物を触らなければいけないのでちょっと面倒なんですよね(^^;

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
また天面に芯材が入っているのでテーブルとしても使用可能!

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
他にもサイドにシェラカップがかけれたりと結構便利機能です。
シーカヤックでもフックをかければハッチ内じゃなくて外に設置できるかな?
温度が上がりすぎてやばいかなぁ。それとも塩だらけになるかな??う~ん!使ってみたい!!(^^

4.最後に 

一見ソフトクーラーに見えない物は結構便利で、用事があって室内に持って入っても、気付く方が少ないのもメリットです。
加えてこの保冷力!なかなか魅力的だな~って思います!
発売は2021年の7月という事なのでもう少し悩む時間がありそうです。税込みで11,000円。
この値段をどうとるかですね。ただ魅力!!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事