春のソロなアウトドアに笑’sのB-6君と燗グリルでまったりあったか気分!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
4月に入り日中は20度を超えることも多くなりました。
正直暑い!!
なのに朝晩はちょっとコタツにでも入りたい気温(^^;
でもこの気温差がキャンプなどアウトドアを楽しむ人間にとって何とも言えない季節です。
朝晩は焚火などに向かい合い、昼は動きやすい!確かにアウトドアを始めるには良い季節ですね。
今回も外の空気をじっくりと楽しみたくておうちキャンプです。
B-6君
最近お気に入りのB-6君!これがなんとも秀逸なアイテムです。
笑’sコンパクト焚火台「B-6君」は炊飯しておでんもできる!広がる可能性!
今回は肌寒いよるに燗グリルをつけて、熱燗を楽しむレポートです。
B-6君と燗グリル
この雰囲気も魅力です(^^

1.コンパクト焚火台ならではの強みを生かす!

B-6君はその名の通りB-6サイズの焚火台です。
もう有名なので特に説明は要らない焚火台ですが、このコンパクトさゆえにアルミロールテーブルの上に乗ります。

スポンサーリンク

2.温か熱燗づくりに燗グリルを使用する!

火も起きたところで早速熱燗の準備!と言いながらぬる燗が好みです(^^
B-6君を燗グリル用に炭お熾す
半分に炭を寄せて、小さな物を少しだけ残します。
燗グリル
半分が湯煎するための容器がはいるので、その部分は炭が無い状態にしないと綺麗に入りません。
と言ってもココに熱源がないと湯が沸くのも遅くなるので、そのあたりは経験値ですね(^^
B-6君と燗グリル
これで最初の画となります。容器が少し浮いているのは、下の炭がうまく収まっていないということ。
う~ん。つまりはまだまだ経験値が足りないという事ですね(^^;
しかし準備は整いました!

外遊び屋が使っているボトルはこちらです。

3.B-6君の燗グリルの醍醐味!

準備が整ったので、あとは楽しむのみです(^^
熱燗
まずは温度の確認!まだもう少し温まってもいいかな~!
温まるその間につまみの準備です(^^
ステーキ
日本酒には少しアタリが大きいつまみですが、ステーキです。
安いお酒の熱燗は香りが強くなるので、匂いが強いずっしりしている物でも美味しいおつまみになります(^^
このステーキを
ステーキ
一口サイズに切って焼いていきます。
ステーキ
焼き加減を見ながら飲む熱燗も中々オツな物です。
このつまみを作りながらお酒を飲むという時間に至福を感じます(^^
ステーキ
いい焼き加減!ウマイ!!
さらに
ホルモン
ホルモンを焼いていきます。
外遊び屋の師匠の一人に、ホルモンを食べるなら、ビールや焼酎ロックではなく熱燗だという方がいます。
脂の強いホルモンを食べた後に冷たい飲み物を入れると口の中の脂が固まるから、熱燗ならお酒と脂の味が融合してうまく、
口の中がすっきりするんだと主張しておられます。何となく分からないでもない。そんな気持ちです(^^
ホルモンを焼くと脂が飛散るので、口が狭くなっているこのステンレスボトルを使ったのは正解でした。
中のお酒までは脂が入らなくてよかった!
他にも
ウィンナー
ウィンナーなどを焼いてたっぷり食べました。
ウィンナーは弾けさせる派です(^^
ウマイ!!

4.最後に 

笑’sのB-6君と燗グリルで楽しんできました。
最後の締めに
焼きおにぎり
オニギリに味噌を塗って焼いていきました。
これがまた美味しかった!緑茶用に再度湯煎をしました。
お腹いっぱい!
飲んで食べて相方とじっくりと語り合い、楽しくて何年かぶりかの二日酔いになりました(^^;
B-6君
B-6君もこの雰囲気になりました。
購入一か月。いったい何回使ったか分かりませんが、お気に入りです。

熱燗党の方には是非遊んでいただきたい燗グリルです。

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事