スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
「こんなにいい時期なのにキャンプ行けないなんて!」
「働いている場合じゃない!!」
って思って日々を過ごすのはキャンパーの辛いところ。
「雨なら用事がある日に降ってくれ!休日はまかりならん!」
なんてことも考えております。
そんなときに都合よく遊べるのが庭キャンプ!もしくはベランダキャンプですね。
簡単に遊べる分、物足りなさを感じることも。
これをどれだけ遊べるか。外遊び屋の楽しみ方と注意点をご紹介!
外遊びはキャンプ場だけじゃもったいないですよ!(^^

1.庭キャンプの始めるにあたって

正直庭キャンプとキャンプ場のキャンプは全く違います。
外遊び屋もカヤックの無人島キャンプからキャンプ場のオートキャンプに変更期の話。
正直オートキャンプは軟弱でこんなのキャンプじゃない!なんて思いました。
しかし今となっては外遊び屋の見識の低さ。オートキャンプも楽しく奥が深い!
固定された価値観を壊されて今に至ります。
なので・・・庭キャンプもキャンプじゃない!なんて言わずに楽しみ方を見つければ
結構楽しめるものです(^^
まぁ・・・やってみてください。結構楽しいですから(^^

スポンサーリンク

2.庭キャンプのメリットとデメリット

庭キャンプにもメリットデメリットがあります。
まずはメリットから。
メリット①キャンプアイテムで楽しめる!
キャンパーのほとんどはコレクターだと思っています。
外遊び屋もそうですから(^^
この集めたアイテムたち!使いたくって仕方ない!
これをキャンプに近い雰囲気で使えると気持ちよいです。
使用することでアイテムに味も出てくるし、使い勝手も分かりますからね。
キャンプのリハにもなります(^^

メリット②予約不要・・・のはず
基本的に自分の敷地内のなので気分次第で出来ます。予約不要!
チェックインの時間も無いので好きな時間にできますね。
天候により撤収も楽だし(^^

メリット③忘れ物なし!
自宅なので忘れ物もありません。
どのアイテム、どの料理、どの調味料!どれでも気分次第!
予定を立てないで済むのって結構楽ですね。

続いてデメリットに入ります。
デメリット①解放感が無い
庭キャンプやベランダキャンプはやはり狭いところで行っていますよね。
なので・・・・キャンプ場のような広々はしていないです。

デメリット②火が見れない
キャンプの楽しみは焚火!って方も少なくはないでしょう!
でも庭やベランダでは流石にしないでしょう・・・。
でも火を見たいのも事実・・・

と大きなデメリットはこの二つですかね・・・近所の目という点を除けば(^^
でもこの2点を克服することが最大のコツですね(^^

3.解放感が無い!克服

まずは最初の解放感が無いっていう点からです。
外遊び屋も・・・

解放感に浸るキャンプが好きですね。
一方で幕内でまったりするキャンパーも多いので幕内も楽しいんですね。
なので・・・求めるのは解放感ではなく、むしろテント内など視界が限られて場所を選ぶ。
これが状況を楽しむコツです。
ちなみに外遊び屋も・・・

テントの中で楽しんだり・・・

シェードで隠したタープ泊に近い形にしています。
視界を遮断することで圧迫感はでますが、自分の世界に入りやすいですね。
なので無理に解放感を求めるより、ここは幕内キャンプを目指してみましょう(^^

4.火を見れない!克服

ここは結構簡単です。
ランタンの火も結構癒されます。
それが・・・

オイルランタン!揺れる火が落ち着きと満足度を上げます。

外遊び屋もお気に入りフュアハンドですね。
無骨でかっこいい!(^^
他にも

今狙っているデイツの黒金!品薄になる前に買いたいな~って思っています。
ただ・・・いきなりこれらの物の購入に戸惑う方は
キャンドルランタンっていう手もありますよ。

安価で買えるキャンドルランタンっていうのもあります。
火の始末の徹底は当然ながらもこれくらいなら扱えそうですね(^^

こんな雰囲気も悪くはないんですよね。
完全に居酒屋ですけどね(^^;

5.調理も楽しむ!

むろん庭キャンプでもキャンプ飯を楽しんでいきたい!
しかし焚火が出来ないので・・・

バーナー!ステーキっていうのも悪くないんですね。
こんな時ほど厚板鉄板が役立ちます。
無骨鉄板もいいです・・・

厚板の鉄フライパンも楽しませてくれます(^^
さらに・・・

揚げ物もいいんですね。
少量の油で揚げられるキャプスタさんの鍋も大活躍!

他にも新兵器として導入した・・・

電気で焼くものもあるので、いろいろアイテム使えば楽しめますね。
もちろん・・・

お気に入りのクッカーを使うのも一興!
外遊び屋もスノピさんのアルミクッカーを愛用です。
遊び方などは
スノーピークのアルミクッカー!20回以上使ってレビュー!
をご覧ください。
いや・・・キャンプ飯食べて炎を見て過ごすのも良い物ですよ(^^

6.最後に 

庭キャンプだからキャンプじゃない!ってするのはちょっと損かもしれませんよ。
楽しみ方もたくさんあるし、何を求めるか。これですね(^^
庭でもベランダでも・・・楽しめる時に楽しめないともったいないですからね。
1つの可能性としていかがでしょうか(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事