薪スト生活!ホンマ製作所の格安薪ストーブ!クッキングストーブの宴会!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋が使う薪ストーブはホンマ製作所のクッキングストーブです。
炭たっぷりで使う
ドラム缶のようなフォルムから「ドラちゃん」と呼ばれるおうちアイテムの便利アイテム!
燃料もマングローブ炭を使う事で煙のほとんど出ない薪ストーブ生活を楽しんでおります。
このクッキングストーブの詳しいファーストインプレッションは
八千円薪ストーブ!ホンマ製作所のクッキングストーブレビュー!」をご覧ください。
今回は近くの魚屋さんで新鮮な魚介類が購入できたので、このドラちゃんで温か幸せ薪ストーブレポートです(^^
煮込むだけじゃないドラちゃんの活躍です!

1.薪ストーブは炭でも上がる炎で暖かい!

まず第一に薪ストーブはどのメーカーさんもテント内での使用を推奨していません。禁止と書いている物もあります。
なので外遊び屋はタープ下等で使用しています。自己責任で使うにしてもテント内で使うには十分に勉強してくださいね。
外遊び屋はまだ完全に理解できている自信が無いので、中では使用していません。
また燃料に炭を使いますが、テント内では一酸化炭素濃度が高まる可能性が高いの使わない方が良いでしょう。
ただ屋外であれば炭は火持ちがよく温かさを長く持続してくれます。
ということで
薪ストーブの着火
早速着火です。
薪ストーブから灰や、炭が転げ落ちることがあるので、焚火シートは必ず退くようになりました。
使っているのはかつて提供していただいた

こちらの焚火シート!1m×1mあるので薪ストーブの下をカバーするにはピッタリなんです(^^
炭の使用なので炎が上がるまで少し時間がかかりますが
薪ストーブ
炎の前での時間つぶしなら得意です(^^
これでまったりと炎が綺麗に上がるのを待ちます。
また防寒具として

このタイプのポンチョを使用。来ているのではなく敷物として。
寒くなったら包まることもできるので(^^;

スポンサーリンク

2.薪ストーブドラちゃんのお仕事!

日が徐々に大きくなりつつあるので
薪ストで熱燗
熱燗を作ります。この酒たんぽも最近お気に入りのアイテムです。

何となく屋台なイメージのアイテムが、なんだか温かみを感じます。
気に入ってビールもこれで飲んだりと、もうわけわかんない使い方です(^^;
それでもこれで作った熱燗を飲みながら
ツキヒガイ
ツキヒガイという貝を焼きます。ホタテと同じような食べ方で食べれます。
薪ストーブの温度をそれほどあがているわけではないのですが
ツキヒガイ
しっかりと焼けました!バター醬油で頂きます。
これが・・・ウマイ!お酒が進みます(^^
ホタテより味が濃い感じがありますね。
ただホタテの方が上品かな。お酒のあてにはこちらが良いです(^^
5枚ほどありましたが、2人でスグに食べ終わりました。
ツキヒガイは砂地に住んでいるとかで、貝は開いて中を洗った方がよいとのことでした。
なので焼くときにはもう一枚アルミホイルを上にかけて蒸し焼きにしましたよ。
正解はまた調べてみてください。ホタテより随分と安かったので、次見つけたらまた買おう(^^

3.電力にたよったヒラメのしゃぶしゃぶ!

もう一つ本日のメインが
ヒラメのお造り
ヒラメです!非常に安くなっていたので喜んで購入しました!
たっぷりあるので今回はヒラメのしゃぶしゃぶにしたいと思います。
出汁も薪ストーブの上でと考えました、高さが出るとちょっと面倒なので今回は電力に頼ります。
使ったのが

車中泊用の熱源の定番ちょこっと家電!
温度調整はできませんが、上限は超えないようになっているので便利です。
これで昆布だしを取って・・・
ヒラメのしゃぶしゃぶ
しゃぶしゃぶです。湯気も合わさって世間が白い!(^^;
ヒラメのしゃぶしゃぶ
軽くぽん酢をつけて頂きます。
これが旨い!刺身も大好きですが、軽く火を通すことで甘みが増します。
更に食感もふわふわになるので、もう止まりません。
こちらもあっという間になくなり、さらに熱燗も間に合わないくらいの消費量(^^;
最後には
ヒラメ雑炊
お米を入れてその上に残しておいたヒラメをトッピング!
ヒラメ雑炊
卵とノリを最後に掛けてヒラメ雑炊!これもうまいんですよね(^^
ちょこっと家電は一人用の小鍋程度、12cmくらいの直径なので2人分にはちょうど良い量の締めでした。
いやはや・・・幸せ時間でした(^^

4.最後に 

この後は鉄瓶で湯を沸かしてお茶を飲んでまったりと、薪ストーブの火が落ちるまで過ごしました。
しかしやっぱりストーブが消えると・・・寒い!!
屋外でのタープ下の薪ストーブですが、それでもかなり効果はあるんですね。

今回も良い仕事をしてくれました!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事