ユニフレームの新商品!スチームクッカー「KOLME(コルメ)」が秀逸すぎる!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ユニフレームよりすごいクッカーが発売されます。
スチームクッカー「KOLME(コルメ)」!
スチームクッカーというと健康的食品なイメージでしたが、こちらは便利グッズです。
というのも公式HPにこうあります
「熱源1つで同時に「蒸す」「沸かす」「湯煎」を実現(引用:ユニフレーム公式HPより)」
一体どういうことなのか?
ちょっと詳しくチェックしてみたいと思います。
正直スゴイ!って思いました!

1.ユニフレームの「KOLME(コルメ)」が革新的なポイント!

キャンプ飯あるあるですが、1つの料理を作って、次の料理を作るために、全部出来上がる時には最初に作ったものが冷めている。
そんなことがありました。この問題を解決したのが「KOLME(コルメ)」です!
KOLMEではバーナー1つで湯沸かし、米炊き、インスタント食品を温める。この三つが同時に進行出来ます。
これが凄いんです!
もちろん今までもメスティンの上で、カレーを温める等の手段はありましたが、ここまではっきりとできるとなると
数が少ない!いやはや・・・面白い!
その機能を見てみたいと思います!

スポンサーリンク

2.ユニフレーム「KOLME(コルメ)」の機能!

まずは全景から。

(出典:ユニフレーム公式HPより)
一見はいわゆるよく見るクッカーの形です。
ピクニック用 アウトドア鍋 1-2人用 ポータブル 便利 食器 調理器具バーベキュー クッキング用品 収納袋付き
このタイプなのかなと思っていました。
ユニフレームなので作りがしっかりしているだろうし興味はあるけど既にモンベルの物を購入したので必要ないかと思いました。
しかし公開されている2つ目の画像。

(出典:ユニフレーム公式HPより)
この段階で頭の中に「?」が浮かびました。
しかし公式HPの動画を見て、納得と共に感動を覚えました。
まずは一番大きな鍋で湯を沸かせます。そして中に収まる鍋でお米を炊けるようになっています。
右下の中蓋でお米に蓋をして、この中蓋の上に缶詰などを置いて、最後に蓋をして調理するという方法!
スゴイ!確かにシングルバーナー1つで3つの料理が同時に調理出来ます!
動画の中では

このボーグキューブのようなバーナーが使われていましたが、どのシングルバーナーでも調理可能でしょう。
キャンプもどちらかというと軽装キャンプ向きですかね。
外遊び屋もカヤックキャンプにピッタリだと思っていますが、それ以上に車中泊にかなり良い!これは後述します。
続いてはサイズ感など基本スペックを確認です。

3.スチームクッカー「KOLME(コルメ)」の基本スペック

基本的にはソロ用クッカーのスペックです。
●サイズ:(収納時)11.5×12×15.5cm、(内鍋内寸)直径8.2×深さ8センチ、(外鍋内寸)直径9.8×深さ10.5cm
●重量:約310g
●素材:アルミ、シリコン(中蓋)、ステンレス(ハンドル)
●満水容量:(内鍋)約350ml、(外鍋)約800ml

サイズは先ほど画像にあげたクッカーとほぼ同スペックになります。
ただ実際これでどのくらいの量の調理ができるのかというところがちょっと知りたくなります。

4.KOLME(コルメ)が車中泊の切り札になるか?

車中泊で車内でご飯を作る時に使っている熱源がこちら!

ちょこっと家電!260Wで動くので、ポータブル電源でも使える便利な鍋です(^^
詳しいレポートは「車中泊が楽しくなる!車内で料理可能な「ハックちょこっと家電」」で詳しく書いておりますが
車内で炊飯
シェラカップでお米を炊いたり
車内で鴨鍋
付属のフライパンで一人鍋が出来たりとかなり便利なアイテムなんです(^^
これにハマるクッカーのサイズが12cmまで!
ということで現在は
モンベルのクッカー
モンベルのクッカーを使用していますが、これがこのユニフレームのスチームクッカーなら同時に色々調理できるようになります。
つまり、ポータブル電源の電力消費を押えながら調理できるというのはかなり魅力的です。
ここが・・・外遊び屋の萌えポイントです。サイズを見る限りはこれにピッタリハマるはずなんですね!
使っているポータブル電源は

Amazonでは現在44,800円に値下がりしています(2021年2月5日現在)
使用レビューは「キャンプ・車中泊に新しい可能性!Phewmanのポータブル電源!」をご覧ください。
既に持っているアイテムで調理の幅を広げられるアイテムなんです。車中泊の朝御飯・・・充実しそうでしょ??
いや!欲しい!

5.最後に 

ユニフレームの2021年2月発売のスチームクッカー「KOLME(コルメ)」を見てきました。
実際購入したいと思うクッカー!しかし焚火には合わないだろうなというのはよくわかります。
シーカヤックや徒歩の時にはちょうどいいかも。中にスタッキングできるバーナーもあればいいな。
しかし外遊び屋的には車中泊の切り札としたいところ!価格は7,500円!
クッカーとしては高額な部類に入りますね。ううむ・・・。欲しい!
とりあえず知り合いのお店に行って、実際の内寸を測って、ちょこっと家電にハマるか調べてきたいと思います!

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事