テンマクデザイン無骨焚火台!直火ファンは触ってみたくなる!「BON火」!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
焚火の直火ファン外遊び屋にとってはかなりの朗報です!
テンマクデザインより直火感覚の焚火台「BON火」がやっと発売となりました。
これは長かった!外遊び屋が発見したのが2019年の12月の事でした。
そしてAmazonに掲載されたのが2020年12月と丸一年待っていました。
しかしその待ちに似合う機能美とかっこよさ!ただ致命的な欠点があるのも確か!
今回は待ちに待った直火に近い焚火台テンマクデザインのいろり炉「Bon火」を見てみたいと思います!

1.まさに直火感覚!テンマクデザインの工夫!

焚火台である以上地面にダメージを与えにくいことが絶対条件。
なので高さが必要になりますし、チェアを使う事の多いキャンプシーンでは少し高さがあった方が焚火を触りやすいです。
しかしこのいろり炉「Bon火」は公式HPにも明記されております。
地面に座った状態で気持ちよい高さに設定。いろりのように炭でじっくり暖をとるもよし。焚き火をしてもよし。
(出典:テンマクデザイン公式HPより)
座ったままでちょうど良い高さ!古来日本のスタイルのように楽しめる上に、野営に近いイメージになります。
その画像がこちら!

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
まさに囲炉裏です。
また燃焼効率に合わせて

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
ロストルを変えることが出来ます。
これは欲しい!というか庭キャンプのデッキで使いたい!
これならデッキも完全に囲炉裏化出来て、上にカギをつけてケトルを温めれられるようにしたい!!
またキャンプでも地べたスタイルの外遊び屋にはピッタリ!上がる炎を目線で捉えられます。
まさに・・・欲しい焚火台!

スポンサーリンク

2.いろり炉「Bon火」の基本スペック!

基本スペックを確認しておきます。
●展開サイズ:(約)580×580×225(高)mm
●収納サイズ:(約)540×540×120(高)mm
展開時の組立サイズが22.5cmなので全体の高さ的にはピコグリルと変わらないイメージですね。

ロストルがおそらくですが50cm近くあるのでスノーピークの焚火台Lと同じくらいのイメージです。
収納はお世辞にもコンパクトとは言えないサイズですね。
●重さ:(約)13.3kg
超重量級!重いと評判のスノーピーク焚火台Lの倍以上の重量です。
場合によっては運べない方や、長距離の移動には台車が必要になる重さですね。
しかし重いのは重量だけではありません。
お値段税別29,800円!Amazon価格(税込)32,780円!焚火台にしては重すぎます!

 

確かに!

高い焚火台も存在しますし、13キロにもなるほどのステンレスを使えば高額になることも確か。
意味のある価格であることは重々承知ながらも・・・手が出せないかな~~!一年待ったけどな~。
ちなみに一年前の記事は「テンマクデザインより直火派に嬉しいアイテム「いろり炉Bon火」発表!」です。

3.Bon火で使いたい3つのアイテム

この囲炉裏の焚火台「Bon火」で使ってみたいアイテムがあるんです。
もう「こうしたい」っていうことが明確に見えているアイテム。
その3つのアイテムも軽く紹介です(^^
①囲炉裏鍋
囲炉裏と言えば、囲炉裏鍋!

1人でも15センチの物などもあるので、ちょっと鍋をするのに便利!
最近ヒロシちぇんねるでも登場する

アルミの物も便利そうだなと思ています。15cmか

18cmかをいま迷っています。手のひらくらいある方が使いやすかなと思うと18cmなんですよね。
Daisoのものが15cmくらいかと思うので。
囲炉裏鍋でうどん
②鉄瓶
鋳鉄のアイテムに萌えを感じるキャンパーも少なくないはず!
そんな中で見つけた南部鉄器の鉄瓶!
薪ストーブで熱燗
熱燗を作る用の鉄瓶だそうです。でもこの立ち姿がなんとも好きです。
囲炉裏には鉄瓶を下げてみたい!そんな憧れを感じています。

大きいのも欲しいですしね(^^
鉄瓶は湯を沸かすだけじゃなく
鉄瓶で土瓶蒸し
マツタケの土瓶蒸し風を作ってみたり
鉄瓶でご飯を炊く
お米も炊けたりと色々可能性が広がります。
使いこなしたいアイテムであるし、傍らに置いておきたいアイテムです(^^
③五徳
囲炉裏には五徳も欲しいところ!

この五徳を愛用しており
ゴトク
イワタニのジュニアバーナーを使うときなど重宝しています。

ただ囲炉裏で使うとなるとこれではありません。

コンパクトにならないけど風情を優先するならこういった五徳!
この上に囲炉裏鍋や、鉄瓶が乗っている風景・・・魅力的なんですよね・・・。

4.最後に 

テンマクデザインより囲炉裏型の焚火台「Bon火」が発売されてテンションが上がっています。
待っていましたからね。ただ3万円を超えるコース。また欲しいアイテムまで買っていると5万円コースです。
ちょっと簡単に手が出る値段ではなさそうなのが残念。しかし生産台数は多くないんですよ。テンマクデザインさん。
買うなら早めですが、ちょっと言いだせない値段と、収納スペースです。
う~~ん。他にも欲しいものあるからしっかり悩んでいこう。

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事