美味しく炊ける!キャンプの飯盒5選!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋的キャンプの楽しみに「キャンプ飯を作る」ということがあります。
色々作っている過程が好きで、結果美味しければ、なおいいくらいの感じで作っています。
その中でこだわりがあるのがお米炊き!
キャンプでのご飯が綺麗に炊けたときは嬉しくなります。
失敗しないご飯の炊き方は「こんなに簡単!キャンプでお米を美味しく炊く方法!」をご覧ください。
今回は色々お米を炊いた中で、美味しく、そして楽しいなってクッカーを5つ紹介したいと思います。
王道からちょっと変わったものまで!(^^

1.最近のお気に入り!Daiso鉄鍋での炊飯!

最近気に入っているものの一つに
Daisoの鉄鍋
Daisoの鉄鍋です。ちなみに300円。
発売と同時に一目惚れして購入しましたが、販売もこの状態。

蓋がない!!

蓋が無いと色々不便で使っていなかったのですが、最近ピッタリくるものを見つけました。
鉄鍋とシェラカップ
キャプテンスタッグのビッグシェラカップ!

これがいい感じにフィッティングすることが分かったので、一気に料理の幅が広がりました。
それで炊いたお米が
鉄鍋で炊飯
綺麗に炊けました。温度も下がりにくいので蒸らすときにもアツアツでした。

ただ正直買い直すなら蓋つきを探します。蓋に行きつくまでが大変だったので(^^;
そんなに高くはない物ですから。

スポンサーリンク

2.ケトルだって炊飯器!南部の鉄瓶

続いて面白かったが
南部の鉄瓶
南部鉄器の鉄瓶です。これはTwitter上で作ったメーカーさんに教えて頂きました。
そういった出会いを作ってくれた上に
熱燗を作る
熱燗なども楽しませてくれる良いアイテムです。
これもお米が炊けます。
鉄瓶で栗ご飯
栗ご飯を炊いたり、
鉄瓶でご飯を炊く
もちろん白米を炊いたりと、かなり便利に使えるアイテム。
形状が丸いので熱が均等に周りお米が立つイメージで炊けます。
すごい!
ケトルの先から吹きこぼれることがあるので
鉄瓶で炊飯
お米を炊くときには削った木材で栓をするようになりました。
自分で炊いても美味しいし、知人に見せると感心してくれる。一回の炊飯で2度楽しいアイテムです(^^
ちなみにこの鉄瓶は南部鉄器及富さんの物です。公式HPもあるので興味のある方は覗いてみても良いかと思います。

3.一度はチャレンジしたかった!竹炊飯!

一度挑戦したいとと思ったことがある方も多いはず!
準備した竹
青竹でご飯を炊くこと!
ずっと昔清水国明さんがテレビでやっているのを見ていました。
さらにヒロシちゃんねるでやっているのを見て我慢できなくなりました。
やって見ると結構簡単で
竹の炊飯
炊いている姿も画になるなぁ。
海鮮定食
綺麗に炊けます。ほんのりと竹の香りがしますが、ほんのりくらいです。
ただ「私のスキルも少し上がったぞ!」と思える体験でした。
気を付けた方が良い点もあるので興味ある方は「青竹メスティン!竹で上手にお米を炊く方法!」をご覧ください。
田舎であれば山を持っている友人が多いので、外遊び屋は友人から譲っていただきました(^^

4.土の羽釜!Seriaの廃盤品?

先日手に入れた、こいつも楽しいアイテムです。
Seriaの土の羽釜
フリマで購入しましたが、昔はSeriaで売っていた物のようです。
これでご飯炊けば旅館気分でしょ(^^
1合炊きなのでソロキャンプにちょうどいい感じ!
羽釜で炊いたお米
もちろん綺麗に炊けます(^^
駅弁でも売っていると聞きました。食べてみたい!というか器が欲しい!
峠の釜めし!一度買いに行きたいものです。
ただ今回の器なら案外安価でもあります。

楽天なら送料込みで700円以下です。こわれたらこれ買おう(^^

5.やっぱり相棒!スノーピークアルミパーソナルクッカー!

最後に外遊び屋の相棒のキャンプクッカー!
アルミパーソナルクッカー
スノーピークのアルミパーソナルクッカー!
大のお気に入りのクッカーです。
気密性が高く、作りも頑丈!詳しいレビューは「スノーピーク「アルミパーソナルクッカー」20回以上使ってレビュー!
をご覧ください。
久しぶりの炊飯に成功
これを使った時のご飯は失敗しません(^^
ホント最初のアルミクッカーで迷っていたら、これですね。次を選ぶにも基本になると思います。
ただ最近は
北海道復興海鮮詰合せ福袋
モンベルのアルミクッカーもかなり優秀であることが分かりました。値段出した方がいい物がある。その通りです(^^

 

6.最後に

実際まだまだお米を炊くのに楽しい物はあります。
メスティン
メスティンはもちろん優秀なクッカーだし、
ネイチャーストーブと飯ごう
兵式飯盒も欠かせないアイテムです(^^

まだまだ楽しい物はあるのでこれからもチャレンジしたいと思います!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事