2,000円以下の激安焚火台3つを比較レビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
激安焚火台も多く見られるようになりました。
10を超える焚火台を愛でる外遊び屋も激安焚火台を数台持っています。
どれも楽しい焚火台なので、今回は激安で2,000円以下で買える焚火台3つを比較しながらレビューしたいと思います。
面白い、それぞれの楽しみ方のある焚火台ですが、激安で買える。その魅力を追求したいと思います!

1.2,000円以下の激安焚火台3つ紹介!

今回比較する焚火台3つを紹介!
SOTO テトラ
SOTOのテトラ!わずか1000円少々で買えるSOTOの超コンパクト焚火台!
大きさ:幅8.8×奥行8.8×高さ7.9cm
重さ:125g
超軽量で、コンパクト!しかもメーカー品です(^^
完全1人用の焚火台!
つづて
新しい焚火台!
ユーラーの二次燃焼する焚火台!
大きさ:直径16×高さ22cm
収納サイズ:直径17.5×11.5cm
重さ:700g
ウッドバーニングストーブで非常に燃焼効率よく火力も強い!反面収納は小さくならない焚火台!
2人までなら対応可能!
最後はコンパクトカマド型焚火台
付属の炭ストッパー
人気のカマド型焚火台!コンパクト版!
大きさ:幅200×奥行155×高さ180mm
収納サイズ:幅245×奥行175×厚さ40mm(バック収納時)
重さ:800g
調理に特化している焚火台。2人までなら対応可能!
この3つの焚火台を、3つの項目で順位形式で比較します。それで特徴が出ればいいかなと(^^
呼びにくいので、テトラ、ユーラー、カマド型と省略バージョンで呼んでいきます。

スポンサーリンク

2.着火難易度、燃焼効率、火力比較!!

まずは焚火台の着火難易度。そんなのある?と思うかもしれませんが結構違います。
というのも空気の取り込み方ですね。これが違えば最初火が回るまでの時間も変わってきます。
これに関しては
第一位:ユーラー
ユーラー焚火台
給気口が沢山ある上に
羽釜との相性
高さの出るユーラーの焚火台は煙突効果でかなり燃焼効率も良く、同時に火力も上がっていきます。
火起こし
マングローブ炭では炎を上げて燃えるくらいです。これは流石の一言(^^
第2位はテトラ!
SOTO テトラ
下からの吸気もしっかりあるので火は非常に着きやすいです。
また小さな炭や薪を入れるようになるので火が回るのが凄い早いんです。
使うとその手軽さについつい使いたくなるそんな焚火台です。

第3位はカマド型!これは所持している物の特性かもしれませんが、ロストルに空気が回りにくく、
火が熾るまで上昇気流がなかなか起きません。なので現在は
焚火台に給気口を開ける
トレーにドリルで穴を開けて使用しています。これで状況は改善されました。
焚火の火ということで着火難易度、燃焼効率、火力でまとめていますが、火力で言うとカマド型の方がテトラよりも強いです。
これは炭や薪が入る量の差で、やはり容量が小さいテトラは温度が上がりにくくなります。
そこだけはちょっと入れておきますね。

3.外遊び屋には大事!調理のしやすさ比較!

続いては調理のしやすさです。焚火調理や炭火料理の多い外遊び屋的には大事な項目!
第一位はやっぱりカマド型!
カマド型でステーキを焼く
五徳が上にあるというのは非常に安定するので調理に特化していると言っても間違いないですね(^^
炊飯
背の高いクッカーを使用しても全く問題がありません。
調理をこだわる時ならこれですかね。

第二位はユーラー!
これはユーラーでやりたい料理があるんです!それが
肉の塊を焼く
シェラスコ!
焼けたところから
お肉を切る
ナイフで削る用にして食べます!これが美味しいんですよ!
肉を焼く
串に刺して中に浮いて置けることと、給気口に串を刺すと安定するのとで
かなりやりやすいんです。これがやりたかった事もあり第二位!
他にも
角型ダッチオーブンで湯豆腐
上の煙突五徳を外して、他の五徳を使うなど小型七輪としても便利な面もあります。

第三位はテトラ!大きさの問題です。
テトラで調理
サバひと切れがやっと乗せられるくらい。
おつまみにはいいけども、調理というジャンルでは弱いかなと思います。

4.焚火台の自由度と遊べる度!

どの焚火台も十分に遊べるし、楽しいアイテムですが、あえて順位をつけます。
第一位はテトラ!
忖度込みですが、これが結構面白いんです。
火は比較的起こしやすく、ちょっとだけ炭火をしたいときにピッタリなんです。
ねぎま
小さい焼鳥を作って遊んでみたり、
熱燗
ちょっと鉄瓶で熱燗を作ろうかというときに便利!
炭が少ないので火が回るのに時間がかからないのですぐに炭火として使えます。
この辺りの取り回しがかなり重宝しています(^^

第二位カマド型焚火台!
調理の幅が広い事と
箱型に変形
部品を買い足して、使いやすくしたり、先ほどの穴を開けて燃焼効率を上げたりととにかく使いやすくしています。
自由度が高い焚火台なので、今後も色々試していきたいんですね。現在下に台を付けてピザ窯にできないか検討中です(^^
いろいろな事が出来る焚火台!やっぱり楽しいです!

第三位はユーラー!
焚火台として一番完成されているので、使い方に今のところ幅が出せていない。
もちろん五徳を外して、七輪代わりなどと楽しいのところもあるのですが、
他の二つに比べるとやや劣るかな。シェラスコが一番楽しい料理なので、もう少し見つけてあげたい。

あ、でも二次燃焼はきれいですからね。そう思うと3位というのはちょっと低いかな。

5.最後に

今回取り上げた焚火台は

SOTOのテトラ!ホント一つ持っていても、いい焚火台かと。
そして

二次燃焼の綺麗な火力も良い焚火台!
最後に
コンパクトなカマド型焚火台!
どれも2,000円以下で楽しい焚火台たちです。
比較して何かを洗い出すというよりは最近続けて使ったのでちょっと感想を書いてみました。

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事