アウトドア最高級スキルの冷燻が超簡単!イージースモーカー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
アウトドアをされる方で燻製を作られる方は多いです。
自家製燻製はホントに美味しい!外遊び屋も温燻、熱燻と楽しんでいます。
温燻
このつやと輝き!
温燻
なんとも美味しいんですよね。
知人縁者にご馳走しても、みんな驚く味です。
まぁしっかり香りが着くだけなんですけどね(^^;
そして、燻製に手を出した者が最終的にやりたいのが「冷燻」です。
熱源を遠ざけ、煙だけで燻製にするやり方。燻製といえばスモークサーモンを思い浮かべる方が多いと思いますが、
あれが冷燻です。熱源が離れることで、食材に熱が加わらず生のまま燻製された状態。これはホントに手間がかかるんです。
その冷燻を簡単に作れるものがあります。今回提供いただいた
イージースモーカー
イージースモーカーです。実際使ってみました!かなり美味しい!
その様子をレポートしたいと思います(※PR記事です)

1.冷燻が最高スキルだと思う理由

実際冷燻は時間は正式に作ると1週間単位で時間がかかります。
その時間を確保することも、専用機械を使わずにその期間火の気である煙を維持し続けるのはホントに難しい。
短時間であっても、煙を燻すチップは熱源になるため、完全に食材から隔離しないと、食材に火が通って冷燻にならない。
加えてそれだけ長い時間かけて燻製するので、燻製中に食材が悪くならない温度の冬場でする必要がある。
思いつくままにあげてみましたが、こういった手間がかかる部分があるので、外遊び屋はやりたくてもできなかった、
いや手が出せなかった分野でした。しかし、スモークサーモンなどの風味は自分で作りたくて仕方ない!
やりたいけどできないのが冷燻でした。それがわずか数分で出来る簡易冷燻製器なるものがあるとは・・・。

スポンサーリンク

2.イージースモーカー基本構造

まずはサイズ感から
イージースモーカー
フュアハンドランタンと比べても半分以下の大きさです。かなり小さい!
イージースモーカー
メンテナンスキットも付いているので、汚れても綺麗にできるのは燻製器としてありがたいところ。
使い方も簡単!
イージースモーカー
電池を入れて・・・
イージースモーカー
ノズルを装着!
イージースモーカー
そして上の皿にチップを入れて下のボタンを押せばスイッチオンで上部より空気を吸いだし、
そこにライターの火を近づければ簡単にチップに引火して
イージースモーカー
これを好きな容器につっこんで密閉すれば、燻製が出来ます。
イージースモーカー
こんな感じであっというまにメスティン位の空間なら煙で充填します。
充填したらスイッチを切って、ノズルを抜いて
メスティンでスモーク
煙が落ち着くのを待ちます。
すると5分ほどで
落ち着いた燻製
煙が消えます。これを好みに応じて数回するか、1回にするかを決めて行えば出来上がりです。

3.イージースモーカーでスモークサーモンを作ってみた

実際冷燻ならばスモークサーモンを作ってみたい!
そう思ってやって見ました!
一回燻製のサーモン
こちらが1回目の燻製!一度だけ煙が落ち着いたときに食べてみました。

うまっ!

もう・・・スモークサーモンです。下味をつけていませんが・・・スモークサーモンです。
しかもメッチャウマイ!
いろいろ試してみて、外遊び屋は3回煙を充填させるのが一番好みに合いました。
スモークサーモン
こちらが3回燻製にしたところ。ちょっと燻製の色になっています。
他にも
タコとチーズのレイ君
タコとチーズも冷燻にしてみました。
温燻と比べてみると
冷燻と温燻の色の違い
色の違いがお分かりいただけると思います。
これだけ色が違っても、香りはしっかり付いています。
火が通っていない分、食材の味がしっかり生きており、サーモンは脂身の甘さ、
タコも身も硬くならず、持ち前のたんぱくさがそのままで香りが味付となり美味しいです。
チーズも・・・また温燻とは違った風味です。これは・・・クセになるぞ!
どちらも美味しいし、どちらが勝っているわけではありません。ただ新ジャンルです。
これは冷燻楽しいぞ!

4.最後に 

今回は作った燻製で
燻製パーティ
燻製パーティです(^^
スモークサーモンをこの分厚い状態で食べれるのは自家製ならではの贅沢!
さらにドレッシングと相まって、サラダがメッチャウマイ!さっぱりした生野菜の中に走る燻製の香りと、サーモンの甘さ!
これは止めれません!サンドイッチにも入れたいし、生春巻きにも入れたい!
ローストビーフも自家製で作ると分厚く贅沢に食べれますが、スモークサーモンも極めればかなり贅沢に食べれます(^^
これがホント組み立てから10分で出来上がります。燻製を強くしたい外遊び屋は3回充填したので20分くらいかかりましたけどね。
あ、実験から含めると1時間以上遊んでいましたけどね(^^
こんなに早く、あきらめてい冷燻が楽しめる!美味しかったですよ(^^
冬は冷燻製向きの季節!いっぱい遊んでまた追記していきます(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事