どこでも使える?SOTOの超小型焚火台「テトラ」が凄い!
スポンサーリンク
Pocket

10を超える焚火台を愛でる外遊び屋です。
焚火台ってそんなに数必要なの?と質問してきた友人全てが複数の焚火台を所持しています。
そうです。要る要らないではなく欲しくなるんです(^^
最近の庭キャンプでのお気に入りは
SOTOテトラ
SOTOのテトラという超小型の焚火台です。手のひらに乗るサイズ。
実は購入しながら長らく使われていませんでした。
それがちょっとしたきっかけがあり、いきなり最前線に躍り出ました。
今回はこの超コンパクト焚火台SOTOのテトラが如何に楽しいかをレポートです!

1.SOTOのテトラのスペックと購入動機

もう有名な物なのでスペックなどの紹介はそれほど必要ないと思いますが、
組立時は幅8.8×奥行8.8×高さ7.9cm。重さ125gのステンレスの焚火台です。
折りたたむと
SOTOテトラ
こんな感じで手のひらにもすっぽり収まるコンパクトさ!
ただ外遊び屋、このコンパクトさゆえに、薪を選ぶので焚火台としての使用は想定しておらず
アルコールストーブの五徳としてテトラを使う
アルコールストーブの五徳として購入しました。しかしあまりにピッタリすぎて消火の蓋が締まらず
また安定もそれほど良いわけではなかったこともあり
昆布だしを火にかける
その座を他の焚火台に明け渡すこととなり、しばらく封印されていました。
しかしある時ふと・・・これ炭火で使ったら面白そう。そんなことを思い出しました。
秋のせいといっても過言ではありません。ちょっと炭火で炙れる物はないか?
その手軽さを求めました。すると
ウィンナーを焼く
意外と楽しい!これは突き詰めなければならないと感じました(^^

スポンサーリンク

2.SOTOのテトラの魅力とデメリット!

実際使ってみてこの超コンパクト焚火台の何に魅力を感じているのかをはっきりさせます。
①火熾しの楽さ!
通常炭を熾す場合は火が炭に回る時間を考えて20分から30分を考えています。
しかし入る炭の量が少ない上小型なので10分くらいで炭に火が着くんです。
テトラの着火
煙突効果も手伝って着火剤を入れて、炭を多くだけで炎が上がり
SOTO テトラ
良い感じの炭になります。この待ち時間の無さは良いですね(^^
②狭いスペースで楽しめる。
現在外遊び屋がデッキでこのテトラを楽しんでいます。
庭のデッキには薪ストーブエリアを設けているので、焦げる心配はありません。
テトラのエリア
また小さなレンガ2つの上に乗るので下への熱も遮断しやすいです。
この狭い空間でも使えるのもテトラの魅力ですね。ベランダでも行けそうですが、安全性を考えるとやめておきます(^^;
でも庭などなら狭くても問題ないでしょう(^^
③消火が楽
小さいので炭を缶などに、移せばそれで終わり。大きな缶も必要ありません。
外遊び屋の

大きな火消ツボでは丸ごと入ってしまいます(^^;
煎餅の缶でも全く問題ありません。この辺りの取り回しの良さも魅力です(^^
④意外と期待できる火力
ウィンナーを焼く
しっかりウィンナーも焼けているのがお分かりいただけるかと。
それなりの火力も発揮してくれます(^^

デメリット①燃焼時間が短い
小さな炭を入れているので、燃え尽きるのも早いんです(^^;
それほど時間は持たないので頻繁に炭を入れる必要があります。
デメリット②炭を選ぶ
小さくないと入らないので、炭を小さく砕いて入れています。
ただ他で使った消し炭をそのまま使えるのでそれほど苦になりません。
また今まで捨てていた大きさの炭も使えるので意外と経済的かも(^^

とメリットデメリットありますがかなり遊べます(^^

3.SOTOのテトラで試した料理たち!

注目しだしてまだまだちょっとの間ですがそれでも色々楽しみました!
まずは・・・
テトラで熱燗
熱燗です。
これは火力が落ちても保温させしてくれればいいので非常に向いている使い方だと思いました(^^
また南部の鉄瓶が保温&味を上げてくれるのでこれ・・・幸せな贅沢です。
熱燗
うまい!
そして調子に乗って
鉄瓶で栗ご飯
栗ご飯も炊いてみました!
1合くらいです。食べきりサイズでしっかりと炊けています。
これはホント美味しかった!南部の鉄瓶…揃えたくなります(^^
そして相方も徐々に気に入ったのか
爪楊枝焼鳥
爪楊枝で焼鳥を作ってくれました(^^
焼鳥
可愛いサイズ!小さいので火が通るのも早いんです。
でもしっかり炭火の焼鳥の味!これは楽しかった(^^
ねぎま
ねぎまも登場!ホント・・・頑張ってくれました(^^
何よりね・・・これでかなり美味しいんです(^^
まだまだ色々出来ると思うので試して言いたいと思います(^^

4.他の超小型焚火台を探す

他のも使ってみたいな~って思ってしまうくらい面白い超小型焚火台!
詳しくは前に記事にしているのですが、現在考えている物だけ。

直径9cmほどの焚火台!高さがあるのでちょっと大きいかなと思うのですが
焚火台燃焼部
外遊び屋は下だけでも使用できることを知っています。
この大きさでこれが出来るので、超小型七輪的にも使えそう。
トークスずっと欲しいと思っていたのでこれを機に・・・。
そしてもう一つ

ここまで値段だすならチタンだろうって(^^
組立が簡単な上に、コンパクト!このテトラにも並ぶコンパクトさも魅力!
チタンが育つさまも魅力的ですからね(^^
しかし・・・

1,000円ちょっとのテトラのコスパには負けてしまいます(^^
でももう一つくらいあったもいいよな~。

5.最後に 

超小型焚火台「テトラ」の魅力に・・・いや遊んだ記録です。
実際使えないキャンプアイテムはないと思っていますが、
全くその通りだなと思わせてくれた焚火台です。
これからも使用頻度、特に秋は増えるでしょう(^^
ベランダで使えるかな?って思わないでもないですが、それでも火の粉は飛ぶし、炭も落ちるのでやめておいてください。
焼肉焼いても家焼くな!ですから(^^
でもこのサイズ!ホントちまちま遊ぶにはぴったりです。
次は何しようかな・・・。

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事