真夏のデイキャンプ!3つのアイテムで猛暑克服レポート!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
2日の空き時間がないどころか、1日まるまる空いているという事もない日々。
私に焚火をいただけませんか?
しかし日中は車の温度計で35℃を軽く超えるほど猛暑。
これで・・・ホントにこれで焚火できるのか?
そんなことを考えながらも我慢できずに焚火デイキャンプに出撃です。
暑さ対策で効果をちょっと紹介しながら夏のデイキャンプレポートです。
相方と2人で行きましたが
「なんか暑さ対策の出口が見えたね?」なんてことを帰りながら言えたデイキャンプでした。
どんな事態が起きたのか?どれが効果あった?レポートします。

1.設営は簡単に!でも暑さでバテバテ!

今回のデイキャンプで試したかったのが、
最近気に入っているテンマクデザインの炎幕DXのEVOです。
既に販売終了しているので手に入りずらいテントですが
炎幕DX EVO
跳ね上げ部分がタープになる上にコットンなのでそれなりに濃い影が出来ることを期待しました。
実際パップっぽいテントは慣れればすぐに立てれるし、ペグの打ち込みが多いので、ペグが効きにくい場所でも
わりと安定して設営できるので気にいっています。
今では

同じような物で格安となるとバンドックのソロベースでしょうか。
全体がポリコットンでしかもインナーテント付きなのでかなり手が出しやすいテントです。
実際ソロベースか炎幕DXのEVOかでかなり悩みましたが、EVOは元々欲しかったのと
元値が30,000円程度の物が売り尽くしで20,000円だったこともあり、EVOにしました(^^
結構思い入れのあるテントで使いたい気持ちも強く・・・
EVO設営
今回はタープとして使用(^^
いや良い眺めです。
しかし・・・いくら簡単に設営とはいえ35℃のお日様の下に加えて、前日の雨で蒸したこともあり・・・
焚火の準備!
焚火の準備をしただけで・・・ダウン・・・
もう火を熾すどころの騒ぎじゃありません。
EVOの中に横たわってぼーっと過ごす時間です。
虫メガネとチャークロスで火が起こせるよな~。
そんな状態でした(^^;

スポンサーリンク

2.暑さから救った便利な冷風機!ここひえの活躍

今回は暑いことが想定されていました。
しかし予想以上の猛暑にダウン寸前の外遊び屋の相方が向けてくれたのが
ここひえ
ここひえです。
テントの中で空間を冷やせるかと思って購入しましたが、クーラーほどの破壊力は無く
自宅のふろ上がりに愛用する事がメインとなった冷風機。
これに氷水を入れて稼働させ、外遊び屋の方に向けてくれました。
これが・・・おっ!体が冷めていく・・・・。
これは思った以上の効果でした。

水でなく氷水だったことも効果が大きくなった要因ですね(^^
またテント内ではないので湿度が籠らなかったのもあると思います。

これで復活の外遊び屋!日陰から焚火をする気持ちになり暑さに打ち勝つ夏バテ防止定食作成です!

3.暑さに克服豚肉を使ったキャンプ飯!

暑さの疲れには豚肉が良いと吹き込まれた外遊び屋!
今回のキャンプ飯は豚肉とキムチ!そしてニンニクを使用した料理で体力回復だー!
と意気込んで準備していました。
しかしその前の難関・・・焚火の暑さに耐えれるか・・・
とりあえず今回は体力の温存も考えて
チャッカマンで焚火
着火剤を使用しての焚火に点火と相成りました。
だって・・・暑いんだもん(^^;
ちなみに虫除けの為にキャンドルランタン持って行きましたが、
この猛暑では虫も出てきませんでした。一番の虫除けが太陽ですな(^^
難点は人間も避けてしまうところでしょうか(^^;
焚火が問題ないようなので
スノピのアルミパーソナルクッカーで米炊き
米炊きです!火の近くは暑いので遠くから火加減調整ですが

60cmの長さを誇る火吹き棒が火力調整に大活躍でした。
日陰から吹く・・・ずぼらな性格が大爆発です(^^
さらに今回のメインは!
豚肉の鍋風
豚肉のミルフィーユ風を意識しながら豚と、キムチ、コンソメ、ニンニク少々とモヤシたっぷりで
調理!
火にかけて蒸し焼きにしていきます。
待つことしばしで・・・
夏バテ防止定食
夏バテ防止定食完成です。
ちなみに豆板醤も入っているのでちょっとピリ辛です。
これが・・・再び汗をかきながらですが飯がススム、ススム!2合炊いても良かったな~ってくらいの食いっぷりでした。
体を動かして汗をかくのと食べながら汗をかくのでは体力が全く違うんですね。
美味しく完食の後はここひえで再び体に涼をとりながら軽くお昼寝・・・。
瀬戸内はこの距離でも波の音がしないほど静かな海です。
遠くではしゃぐ子供たちの声を聴きながらまったり時間でした。

4.最後に

猛暑でどうなるかと思いましたが、なんとかアイテムで乗り切れるもんですね。
今回乗り切った暑さ対策のアイテムや工夫はちょっと別でまとめて見たいと思います。
やっぱり設営が一番しんどかったです。撤収は早いのでさほどしんどくもなかったです。
12時過ぎに撤収するという愚行といえる時間でしたが、そんなに苦も無く撤収出来ました。まぁ設営の反省が効いたんですね。
また帰りがけには何度かご一緒させていただいたカヤック雑誌の編集の方にもばったりお会いし、
ちょっと色々情報交換も。いや・・・家で寝てるだけじゃこういった事もないな~っと
暑さに負けずに日々遊ぶことの大事さを学びました(^^
アウトドア楽しい!うまくなりたいわ~!

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事