ランタンは!1種類だけじゃ難しい!使い方別に分ける!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ちょっと質問が立て込んできておりますので「最初のキャンプアイテム」シリーズです。
キャンプの夜はランタンが必須!だけど実際ランタンは何個いるのか?どんな配置にすればいいか?
そんなところから始まりますよね。
詳しい記事は既に
キャンプにランタンは何個必要?最初のおススメ紹介!
こちらの記事で書いております。
なので詳しくはこちらを読んでいただくとして、ちょっと便利だなって思うランタンもそれぞれ発見したので
シチュエーション別にランタンを紹介したいと思います。
結構・・・ランタンはこだわりがでるのでちょっと偏ったランタンです(^^

1.全体を照らすランタンに使える小型ランタン

まずランタンには2種類必要となります。全体を照らすライトと手元ライトです。
1つのランタンでサイト全域を照らすことはできなくないし、複数個かければ家の中と変わらない程度に照らすことができます。
LEDやガソリンランタンを使えば数と角度でそれほど難しくなく可能です。
ただ明るすぎるランタンは他のサイトからは眩しく見え、夜空や暗い雰囲気を楽しんでいる方には迷惑になることがあります。
もし使用したい場合はリフレクターなどを使用して他のサイトを照らさないように注意するとトラブル回避になります。
そこまで明るくする必要がない場合は、全体を満遍なく、なんとなく照らすライトと作業用のライトがあれば十分でしょう(^^
そのランタンとして最近ん便利だなって思っているのが

255時間点灯で安価なんですね。Amazonのタイムセールなどでは1800円位に値段が下がります。
正直ソロキャンプならこれ一つで十分ですし、カラビナ機能や、またてっぺんが磁石になっているので
何処につけるのも便利です。調光できるので必要な時にもっとも明るくすれば、かなり汎用性が高いです。
外遊び屋のお気に入りにランタンですね。

また・・・これはヒロシさんが使用していますが
こちらも少し安価でありますね。どちらもUSBにて充電式なのでもし充電が切れても
手持ちのモバイルバッテリーで充電できるのもありがたいところです。
ちなみにどちらもバッテリーとしてスマホの充電もできるのでいざというときには心強いです(^^
点灯時間やバッテリーの大きさなんかも考慮に入れると良いでしょう(^^

スポンサーリンク

2.手元ライトにたねほおずき

作業用にも良いライトがお気に入りのランタン!
タネホオズキ3連星
スノーピークのたねほおずきです。
こちらは短4電池で点灯します。マックスでも40時間点灯するので心強いランタンです(^^
前項のランタンと違ってシェードがあることで光に指向性を持たせることができます。
なので暗い中での読書などもやりやすいです。またてっぺんが外れて、磁石にもなっているので
結構色々なところに設置できるのも魅力です。
車中泊でタネホオズキ
車中泊でグリップに設置することができるのもありがたいところ。
指向性があるので歩くときの足元ライトにも便利ですよ(^^

タネホオズキ3つ
3色あるのでお好みで(^^
外遊び屋は3つ買っちゃいました(^^

3.雰囲気あるランタン

さていま外遊び屋が欲しいのがこの雰囲気あるランタンです。
これまでハリケーンランタンを押してきました!
ハリケーンランタン
やっぱり雰囲気はいいですからね~!
詳しい記事は

こちらをごらんください。
ただ最近気になっている雰囲気あるランタンがこちら!

同じくオイルランタンです。この雰囲気!さらに真鍮製で育てがいのある雰囲気なんですよね~!
ただこれらのランタンは明るさは期待できませんよ。あくまで雰囲気です(^^
ちなみに現在外遊び屋は・・・
UCOキャンドルランタン
UCOのキャンドルランタンの真鍮製の物を育てようかと思っています。
これはこれで雰囲気もあるし、オイル化もしているのでしばらくこれで楽しみたいと思います(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事