キャンプ慣れてる感が出る着火方法!火打石で困った時の解決案!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプ初心者、中級者、上級者などなどどうでもいいと思いますが、
やっぱりキャンプに「慣れてる」と思われたいのが外遊び屋のような初心者にはあります。
その一つがかっこよい火付けだと思っていますが、ちょっと上を目指せる着火方法が火打石だと思っています。
ライターやトーチももちろん愛用しておりますが、ソロキャンプの時の火打石での着火はなんとも言えない満足感があります。
これまでに・・・
火打石が難しすぎて火が着かない!見といて欲しいヒロシちゃんねる
ヒロシちゃんねるで勉強して何とか火花が飛ぶようになり時間をかければ着火できるようになり・・・
結構簡単火打石の探し方!だらキャン▼レポ①
河原や道端で火打石が探せるようになっていました。
しかし相変わらずの不器用でまだまだ火花を安定して飛ばせない!火が着かない!
そんな時に見つけました!ブッシュクラフトさんの火打石「黄鉄鉱」!
この火花が凄い!これなら・・・もっと時短で火が起こせる気がする!
ということで詳しく見ていきたいと思います!

1.火打石で火が着かない?今までの装備

これまで火が起きない訳ではありませんでした。
最初に買ったのは・・・
火打ち金と火打石
こちらのメノウという石。こちらもブッシュクラフトさんの製品です。

当時は無知の極致で、これ一つで火が起こせると思っていましたが、
そんなわけはなく・・・火打ち金というものが必要という事を後日知り・・・
火打ち金サイズ感
最も火花が飛びやすいと話題だった吉井本家を購入して使用しています。
この組み合わせで火花は飛ぶのですが、あんまり安定しない!
なので・・・
チャークロスに火種が付く
河原で石を探して良い物を探す日々が続いていました。
分かりにくいですが、これはこれでつくんですね。
しかし・・・もう少し安定的に火花が飛ばせないか?
ということで調べている時に見つけたのが同じくブッシュクラフトさんの黄鉄鉱でした。

スポンサーリンク

2.黄鉄鉱とは?

この存在については知っていました。というかメノウを購入してそれだけで火が着かないと分かった時に
「黄鉄鉱なら単独で火花が飛ばせる」というのを読みました。
成分など詳しいことは分かりません。ただ単独で火が出せる!ならば火打ち金ならすごく飛ぶんじゃないか?
そう思うと即購入でした。いやこういう時の決断は早い!

3.ブッシュクラフトの火打石「黄鉄鉱」を詳しく見てみる

では今回購入したのはこういった物です。
ブッシュクラフト黄鉄鉱
こんな感じ商品。
黄鉄鉱の説明文
中々かっこよく文章が書かれています。
古代より使われていたんですね。さらに簡単に火打ち金から火花が飛ばせること
そしてメノウと合わせても火花を飛ばせることが書かれています。ただしそれは結構難しいとのこと。
う~ん。将来的にそこまで行くとして、とりあえず火花を簡単に飛ばしたい!
開封してみると
黄鉄鉱
なんかパワーストーンみたいです。なんでも邪気払いとか。
火打石ってそういう系統なんですね。私の邪気も払ってもらおう!
では早速・・・
好鉄石と火打ち金
打ってみたいと思います!あ、もちろん写真はとれません。
だって両手で打っているもん(^^
正直な感想を書きますね。色々ハードルを上げてた感もあるので期待値が高すぎたかもしれませんが・・・

めっちゃ火花飛ぶ!!

びっくりするくらい飛びます!え~~ってくらい!
なので早速
チャークロスに着火させる
チャークロスを使って火種を作ってみます。
なんとわずか3回で
火が着いたチャークロス
全く見えないですね(^^;
中央に火が着いています。いやホントだって~~~!
ちょっとチャークロスが湿気始めているので初回ターンでつかなかったですが
それでも3回ほどでつきました。
これは・・・すごい!
さらに調子に乗って
軽い火打石
こちらも衝動買いした火打石。出る火花が小さいので着火は余計に難しいのですが
これもいつもより早く着火!あ・・もうついている画像は火が見えないので省きます。

900円位で火打ち金にしては安かったので購入しましたが・・・
この石なら火が着きますね。スゴイ・・・。石によってこんなに違うんだ!

4.最後に 

火打石初心者の同士の方々!着火に苦労したら石を変えてみると良いです。
そんな解決法を見つけた感じです。いや・・・すごいわ~!
ただ一方で火打石を使うんだからそんなに安易に流れたくないっていうのも心理だと思います。
阿諏訪さんが動画でされてたように地元の石を拾ってそれで火を起こすなんてこともできるようになりたいし(^^
ただ!これなら火が着くという安心パイとしても良かったなって思います。
今度友達の前でやってやろう(^^

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事