結構簡単火打石の探し方!だらキャン▼レポ①
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンパーであれば必ず聞いたことあろうブッシュクラフト。
ブッシュクラフトまでは行かなくても、軽量キャンプや自然を生かしたスタイルに憧れる。
そんなキャンパーさんも多いですよね。だって外遊び屋もそうだもん(^^
そんな中で最近火起こしに興味が出てきました。
いやヒロシちゃんねるの影響ですけどね(^^
そこで欲しくなったのが火打石!実は・・・
火打石購入
購入しているのですが、どうやら河原で結構簡単に拾えるらしい。
これは・・・ぜひ河原で拾ってみたい!
ということで・・・早速出撃!ついでにキャンプです!
今回は色々実験キャンプです!

1.火打石への憧れ

焚火や炭火などなどキャンプの着火は一つのハードルであり、
簡単にできるようになるとスキルアップを感じてきました。
そんな中で・・・
アサヒモで火起こし
マグネシウムのファイアスターターに出会い、かなり使えるようになっています。
ファイアスターターで着火
これで火を熾すとなんともいい充実感でした。

ハンドルに木を選んだのもちょっとした自然派への憧れでしたね。
しかし・・・ヒロシさんが使用している火打石を見て
もっとかっこいい!!あれはやって見たい!!ということで火打石への憧れが生まれました!

スポンサーリンク

2.火打石を探してみる

いつもキャンプしている河原に到着!
河原
いつもは草むらでのキャンプですが、今度はこちらで泊ってもいいなぁ・・・。
と本気で思える河原です(^^
このたくさんの石から火打石を探す・・・気が遠くなりそうです。
ちなみに事前に得ている見つけ方の知識は・・・
「ひたすら石を火打金で打ち、火花が散る物を探す」
ということでした。これは・・・どうなるかな。
そこで一計!
火打石
外遊び屋の買った火打石はメノウだそうです。
もちろん詳しいことは分かりませんが・・・
画像を見る限りではガラス質です。
ならば・・・水晶みたいなガラス質を探してみよう!
ということでかなり絞り込みました。

3.火打石を探す道具

火打石を探す道具を紹介です。
まずは火が出るかどうかを試すために火打金です。

初めて買いましたが・・・意外と使いやすい(^^
火打ち金サイズ感
さらに火打石は角がある方が、火花が出やすいので
石を割るハンマーが必要です。
画像は無いですが外遊び屋は

こんなのを使用しました。
今回は用意しませんでしたが、タガネがあると、もっと軽いハンマーで割れると思います。

4.実践!探してみる!

実際に河原を探してみます。
火打石
見づらいですが白い石です。
これがね・・・。びっくりすることに一発で火花が散りました。
え?こんなに簡単に?
まぐれかもしれないので
もっと探します。
火打石②
こちらは場所によっては出ない所がありますが
角を上手くとらえれば火花が出ます。ゲットゲット(^^
さらに・・・
火打石③
こんなに大きい物も!コツを掴んできたのか割らなくても火花が出ます。
これは・・・なんでも火花がでるんじゃない?って
石
他の石で試しましたが・・・火花は出ませんでした。
やはり・・・火打石を的確に選ぶ必要がありますね(^^

5.ちょと欲しくなる変わった火打金

結局10分程度で
火打石全集
これだけ確保しました。
もっとたくさんあるのですが、必要分だけ。
こうなると・・・火打金も欲しくなります(^^;
前出した吉井本家の物が一番火花が出やすいと評判ですが、
見た目にこだわりたくもなりますね。

シンプルで首から下げても大丈夫そうな物や
ちょっと使いやすそうなナックル型?
どちらも珍しい物ではないので、手に入りやすいです。
でも・・・まだまだ素人。火花が出やすいものでしっかりスキルアップしていきます!

6.続きます

キャンプの設営前の火打石探し編でした。
意外と簡単に見つかるので、川が近い方は買う前に探してみてもいいと思います。
あ・・・でもあくまで常識の範囲でやってくださいね。
ちなみに買った火打石が欠けると妙に凹みますが、
拾ったものだとあまり気にならずにガシガシ練習できるので
ちょっとずつ上手になってきている気がします。
長くなるのでキャンプレポは次回から。
ちなみに拾った火打石で着火を試みますよ(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事