ユニフレームとテンマクデザインより小型ダッチオーブン6インチ発売!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
今年はキャンプブームも転換期を迎えソロキャンプが増えてくると思っていました。
各メーカーさんにそんな傾向がありましたからね。
そんな中大好きなメーカー2つより同じターゲティングで商品が・・・
しかも同じ時期に発売されます!
そのアイテムが・・・小型のダッチオーブン!6インチです。
なるほど・・・確かにダッチオーブンと言えば大人数で豪快料理のイメージでしたが
利便性や調理の美味しさを考えると一人用があっても良いのかもしれません。
今回は・・・この小型のダッチオーブンの詳細を詳しく見ていきたいと思います。
各メーカーさんの物は後日行いますが、6インチのダッチオーブンがどんな感じかを比較しながら検証です。

1.ユニフレームとテンマクデザイン商品サイズの比較とサイズ感

まずは6インチのサイズ感がしっくりこないんです(^^;
とりあえず数値を見ると
ユニフレーム:直径15cm高さ7.7cm
テンマクデザイン:直径15.8cm高さ13.2cm
ユニフレームは内寸の為ちょっと大きさに差が出ていますが
実際の感じではそこまで大きなサイズの差はないと思います。
ではこのサイズがどのくらいなのか?
有名クッカーで比較していきますと・・・

まず美味しいご飯が炊けるユニフレームのキャンプ羽釜!
このサイズが・・・直径20cm高さ15cmと一回り大きい感じです。
外遊び屋が使っている雰囲気では
炭火で羽釜炊飯
この位の感じです。
なのでもう少し小さいはず・・・。
ここでピッタリのサイズ感なのが・・・

スノーピークのアルミパーソナルクッカーです。
この大きい方のクッカーのサイズが直径14.8cm×7.5cmと大体同じくらいのサイズ感です。
雰囲気的には
ピコでクッカーの炊飯
くらいですけど右の方。ピコに乗せている感じがサイズ感出るかなと(^^;
他には
アルミパーソナルクッカーL
こんな感じです。
何となくサイズを掴んできましたよ(^^
ちなみにユニフレームさんは
ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブンスーパーディープ 6インチ 661055
こんな感じの雰囲気です。素材は黒皮鉄板です。
またテンマクデザインさんは

(出典:テンマクデザイン公式HPより)
素材はアルミなのでかなり軽いダッチオーブンになります。
ちなみに発売はユニフレームさん2月15日!6000円(税込)網付き
テンマクデザインさん2月の下旬から3月発売3980円(税別)網無し(網:480円)
となっています。これはどちらを選ぶかな~~。

スポンサーリンク

2.6インチのダッチオーブンで出来る料理は?

スノーピークのアルミパーソナルクッカーのLがほぼ同サイズなのでそれを起点に考えます。
まずご飯を炊くのは2合が丁度良いくらいです。
炊飯成功!
お米を2合炊いたところ。
3合は難しいですね(^^;
また・・・
うどん入れたところ
うどんの一人前がこのくらいの感じ・・・
スノピクッカーでカレー
カレーも2人分が丁度良いくらいでつくれます。
3人にはちょっときついかな~。食べ盛りがいると無理かもってくらいの量です。
なので・・・まぁソロ用かデュオ用・・・ソロのすき焼きとか鍋料理がちょうど位かなって思います。

3.他の6インチ程度のダッチオーブンと比較してみる

他に同サイズくらいのダッチオーブンは無いのかと探してみましたが・・・
結構ありますね!

オシャレキャンパーさんが持っているイメージのペトロマックス!
こちらもサイズが直径18cm×高さ11.5cmとなっています。
容量からみるとほぼ同サイズですね。鋳鉄製で5,000円ちょっと。
鋳鉄は錆びるからカヤックキャンプは無理なんですよね・・・。
しかし・・・・あるんですね。このサイズ!ちなみに弦があるので焚火でも調理しやすそう。
さらい・・・我らの心強い味方鹿番長さんが持っていましたよ!

鋳鉄製の14cmのダッチオーブン!高さが10cmなので少し小さめですね。
しかしお値段が1800円程度!ちょっと遊んでみたいときに手が出る値段です。
恐ろしい・・・キャプテンスタッグさん。しかし恐ろしさはこれだけではありません。

ほぼメスティンと同じサイズの角型ダッチオーブン!
お米を炊くには丸い方が有利なんですけども・・・
これ・・・蓋が鉄板として使えるのでアウトドア鉄板にも使えるという優れもの。
さらに角型なので吊るし方を考えれば調理スペースを省略できます。
つまり・・・
とん火の使い方
現在焚火台のとん火をこんな感じで吊るしたい外遊び屋・・・
角型で奥に長ければこの雰囲気で3つ火に鍋が掛けれます。
恐ろしい・・・テリブルダッチだ・・・
また値段が2,000円弱とお求めやすい・・・。
いま・・・

焚火で使うようにこれも考えている中・・・
迷うじゃないか~~!!両方は買えんぞ~~!!
テリブル!テリブルメーカー!!キャプテンスタッグ!!

4.最後に 

水曜どうでしょうを見ながらの作成だったので最後ちょとテンションが上がり過ぎました。
いやはや・・・キャプテンスタッグさん魅力すぎ!
一方でテンマクさんのアルミのダッチオーブンをこのサイズで出してくれるのはありがたい。
シーカヤックで持って行っても安心ですからね。重くないし・・・。
キャンプブーム・・・今年はどうなるのか?外遊び屋はどれを買うのか?
ちょっと時間をかけて考えます。
ユニフレームの黒皮のダッチオーブンに関しては興味が深いので
また別記事にて詳しく取り上げていきたいと思います!

いや・・・キャンプって深い!!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事