最初の焚火の一台に!ソロでも使えるファミリー用焚火台を探せ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
久しぶりのミッションです。
今までは「ソロキャンプがしたい」や「ファミリーで」というミッションだったのですが
今回は悩めるお父さんからの依頼。
「外さん・・・基本ファミリーで買うんだけど、ソロもしたいからそれでも使える物を・・・」
これは難しい!3人家族で使いながらソロで使っても大きすぎない物を探してって事です。
加えて安定性がよく長く使える物が良いとのこと・・・そして・・・出来る限り安価な物。
贅沢言うなよ~~!って感じの注文です。
正直ファミリーの物をソロで使っても全く問題ないし、むしろそれでいいやんって思いますが
そこはヒロシちゃんねるに影響されているお父さんです。「こじんまり」ソロキャンに憧れるとのこと。
ということで考えてみました!ソロでも苦にならないファミリー用焚火台!考えます。

1.ファミリーでもソロでも使える要素を考える

今回ファミリーでも使えるソロ用焚火台ではなく、ソロでも使えるファミリー用焚火台とします。
どちらにウェートを置くかですね。
今回はファミリーに重きを置くので安定性重視でそれほど大きくない物にしたい。
またヒロシさんの動画に憧れがあるという事でかなりのロースタイルに興味がある模様。
となるとそれほど高さのある焚火台よりはちょっと低めかな~。
焼き面も35×35くらいでしょうか。ピコグリルで横幅が26cmくらいのなので
そのくらいあれば家族3人なら何とかなるかなぁと。
ということで大きさ35×35程度。
ロースタイルで使用できる安定のある焚火台と行きいます!

スポンサーリンク

2.スタンダードでロゴスの焚火台

このあたりえピンとくる方も多いはず。
それって・・・ロゴスの焚火台じゃん!
ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI M 81064163
そう!これですお値段が9,000円とちょっと予算はオーバーながらも定評のある焚火台!
Mなら36×35cmと大きさもピッタリ!
高さも22cmとまぁロースタイルでも使える物ですね。

ただ・・・値段だけ考えると・・・
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500

キャプテンスタッグのヘキサ!5,000円程度なので値段はいいのですが
40㎝を超える大きさなんですね。ちょとソロでは大きく感じるかなぁといったところです。

ただね~!ちょっと面白みに欠けるんですよね~。
もう少し考えます。

2.スノーピーク焚火台Mならどうか?

ここで安定性が高いという事で思い出したのがスノーピークの焚火台M
スノーピーク(snow peak) 焚火台 Lスターターセット [5~6人用] SET-112
サイズが35×35と想定している大きさ通り!
しかも覚悟を感じますからね。!ただ・・・どうせスノーピークならL買った方がいいと思うし・・・
このセットで2万円を超えるとちょと予算オーバーすぎるんですよね。
安定性は抜群でファミリー向けだと思うんですがねぇ。高さも外遊び屋は
スノーピーク焚火台で五徳に使う
地べたでLを使うので全く問題はないんですね。ちなみに高さは25cmくらい。
まぁ良いんじゃないかと思いますが・・・やっぱり予算がねぇ・・・。

3.定評がある?スノーピーク型焚火台

スノーピークさんの焚火台の廉価版と言えばキャンピングムーンさん的なところですが
キャンピングムーン(CAMPING MOON) バーベキューコンロ 焚火台 折りたたみ 3段調整 カマド スマートグリル Mサイズ FULL SET 3〜4人用 収納バッグ付 MT-035
フルセットで10,000円弱とスノーピークさんと比べると半額程度。フルセットでですよ!
大きさもMで33×35と丁度良いサイズです。ただ・・・値段がまだまだオーバーです。
何かないか・・・そう思った時に思い出したのが・・・
Field to Summit ボンファイアM OFBBFM 焚き火台 グリル ポータブル 3段階高さ調整 ステンレス BBQ バーベキュー キャンプ コンロ 折りたたみ キャリーバッグ付き 焚火台 コンパクト 手軽 焚火 収納バッグ 収納ケース ファイアグリル

Field to summitさんより発売!お値段が6,000円を切ってきます。
友人から教えてもらっていた焚火台です!
ただしサイズが)W36xD31xH27cmと焼き面自体は30×30ではないかな~って。
しかし値段的にちょっと下がってきます。ちょっと大きさのデータがもう少し欲しいですが、
これくらいの金額なら・・・何とかなるかな~。でもこの5センチがどういう結果を出すかでね~。
まぁピコグリルより大きい物だから3人なら何とかなるかな~って思います。
自重などの情報も欲しいところ。でも今回推すのはこの焚火台ですかね。
いや・・・単純に見たいってだけですかね(^^;

4.最後に 

ソロに少し重きを置くのであれば最後のボンファイアMでいい気もしますね。
値段もいいし、定評ある焚火台の形なので。
今回はこれを推しましょう!!
とはいえ焚火台はホント色んな物が欲しくなります。
外遊び屋だってたくさん持ってますからね~。
まず最初の一つ!スタンダードに今後の方針を出すにもこのタイプがいいかな。
自重があれば大きな薪にも対応してくれますからね。
どんなものかな~。
ふと思えば・・・

薪グリルもアリなんだけどな~。予算オーバーなんですよね・・・。

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事