スノーピークの火ばさみ!2,000円は高い?こだわり?ブログで紹介
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
「そんな高い物を買う必要があるのか?」
「100均で十分じゃないか?」
キャンパーのアイテムを購入するときにジレンマではないでしょうか?
「あ・・・かっこいいな・・・。ちょっと欲しい・・・。」
と思いながら
「ここにお金かけるのもな~。」
の思考回路を持つのは外遊び屋だけでないはず。
そんな思考回路の中、無駄遣いではないかと思う買い物をしました。
「火ばさみ」
100均でもホームセンターでも格安で手に入るのに
あえて高価な火ばさみスノーピークさんに手を出してみました。
御値段2,000円という価値があるのか検証してみたいと思います!

1.スノーピーク火ばさみ購入のきっかけ

火ばさみにお金をかけようと思ったきっかけはシンプルです。
大きな薪をがっつりつかみたいという衝動からです。
そこで目をつけていたのが

ヒロシさんも使用している物ですね。
見た目にもかっこいいので欲しかったのですが、
ピコグリルとこれを持っちゃうとヒロシリスペクトが見え見えになっちゃうので
ちょっと変化が欲しかったんですよね。
そこで目に留まったのがスノーピークの火ばさみです。
スノーピーク(snow peak) Pinchers Hibasami 火ばさみ N-020 N020
グリップ部分のウッドからもこだわりを感じるのと
先端のフィット感がよさそうな感じに惹かれました。
ただ値段が・・・
しかし!ここは勢いだ!と購入しました!

スポンサーリンク

2.スノーピーク火ばさみ第一印象

さて勢いよく購入しましたが・・・
まさかの品薄で一週間程度待たされることになりました。
う~~む。ストレス発散で思い切って購入したのにさらにストレス・・・
なんて愚痴っても仕方ないので待ちました。
そして到着!早速開封すると・・・
スノーピーク火ばさみ開封前
ゴツイ!いかつい!無骨感ない!!
おお??なんだかイメージと違うぞ。
そしてデカい!
今まで
焚火と火ばさみ
小さな火ばさみをカスタマイズして使っていた外遊び屋には
スノーピーク火ばさみのサイズ感
このサイズは大きく感じます。
う~ん。ミニマム目指しているんだけどなぁ・・・。
スノーピーク火ばさみの箱書き
この箱書きが無かったら買わなかったなぁ・・・と後悔気味のコメントがでたりと
第一印象は決して良い物ではありませんでした。

2.実際使ってみる

そのままお蔵入り・・・しそうな勢いでしたが、
そこは「スノーピーク」というブランド!
とりあえずは使ってみるべ・・・と使用してみます。
まずは薪を掴む
スノーピーク火ばさみで薪を掴む
まぁこれが出来ない火ばさみなんて100均にもありません。
ただこの時に妙なフィット感を感じました。
そこでもっと大きな薪を掴んでみます。
スノーピーク火ばさみで丸太を掴む
丸太です。左手にも関わらず簡単につかみあげれました。
重い物を持ち上げると安い火ばさみは捏ねてつかみにくいことがあるのですが
流石値段分の事がある!と感心です。
さらにもう一つ気付いたのが、握りが硬いという事。
握力グリップの感じなので今まで使っていたものより少し力を入れなければ閉じてくれません。
かといって力が必要という訳でなく女性の力でも全く苦にならないと相方も言うくらいの感じです。
この程よい反発力によって、手の力加減が先端に伝えられるようになりました。
これにより
スノーピーク火ばさみで炭を掴む
炭を掴む際、既に燃え尽きそうでボロボロの物も絶妙な力加減でつまみ上げることができます。
画像は使用前の炭ですけどね。
この力の伝わり用職人だなぁと感じました。
というより・・・この一点だけで既にお気に入り決定です。
よくできているわ。

3.スノーピーク火ばさみの細部の紹介

気が良くなったので火ばさみの細部を見ていきます。
スノーピーク火ばさみの注意書き
まぁ書かれている事は普通です。
でも・・・
スノーピーク火ばさみのグリップ
ウッド部分に刻まれたロゴ!
主張してきますよ・・・。
さらに!
メイドインジャパンのスノーピーク火ばさみ
見にくいな・・・
Made in japanです!
さすがのこだわりといったところですね。
実はグリップのロゴもこんな感じで打ち込んでくれていた方が好きです。
如何にも・・・と見えるところにあるよりもちらっと気付く人だけ気付くといった細工がいいです(^^

4.ちょっと試してみたいカスタマイズ

結構気に入ったスノーピークの火ばさみ!
でも一点気に入らないのが・・・
スノーピーク火ばさみのグリップ
このグリップ!
これ見よがしのロゴもちょっとなのですが、
まだ新品感満載なのでもっと味を出したい!
それには使い込んでいけばよいのですが手っ取り早くオイル漬けにしようかとも。
オピネルのグリップオイル漬けして味と防水加工をするおいうのがありますよね。
あれをここにやっちゃおうかと考え中です。
ちなみにオピネルにはこの加工は施していません。
べた付いても嫌だなって思ったので。
でも火ばさみなら・・・ありかなぁ。
とはいえオイル漬けにしちゃうと・・・燃えやすくなるんじゃない??
なんて不安もあるのでちょっと考え中です(^^;

5.最後に 

ちょっと贅沢に買ってみたスノーピークの火ばさみの紹介でした。
最初な「あ~こりゃ失敗だったなぁ」って思いました。
でも実際触るとかなり良い感じなので、現在は全く後悔ありません。
ただ1つ要望は小さいサイズも出して欲しいなぁと。
ソロキャンプ向けですね。このクオリティで一回り小さいのがあれば
もっともっと気に入っていると思います。
火ばさみに金をかける。ちょっと惜しい気もしましたが、値段分の仕事はしてくれそうです(^^
まぁ人それぞれ価値観があるので、そこに投資したくないなぁっていう気持ちも分かります。
なので、めっちゃ使える~って事は言いません。ただ・・・意外とやるなって感想は持ちましたよ(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事