河原の火打石の効果を実験!着火できる?だらキャン▼レポ②
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプ前に火打石を根性入れて探す!そしてそれで火をつける!
というミッションを帯びてキャンプに出撃中です。
河原をどれだけ歩かねばならぬかと覚悟しておりましたが、約10分で・・・
火打石全集
そこそこの量の火花が出る石を確保できました。
火打石・・・結構簡単だな(^^
前回の火打石の見つけ方をご覧ください。
今回はこれを使って火起こしに挑戦!
とその前にサイトの設営ですが、ちょっと工夫をしてテントを広くしていきたいと思います!
だらキャン▼レポ2回目です!

1.スーパーシェルターを広くする

最近の外遊び屋のソロキャンプのテントは
スーパーシェルター全景
OneTigrisのスーパーシェルターです。
これにグランドシートと前室シートとして
格安レジャーシートを敷いております。
見た目も好みだし設営も簡単。
砂浜の設営
ポールの代わりにカヤックパドルが使えるあたりも
外遊び屋のニーズに応えてくれるありがたいテントです。
ただ難点が。それは
スーパーシェルター内部
中がたるんでちょっと天井が下がるんですね。
その対策として背面にロープをつけて引っ張るのですが
もう少し上げたいんですね。
という事で今回はもう少し広くしたいという事で
背面にポールを入れる
背面にポールを入れてみました。
ここにもカラビナをつけているので
こういった細工がしやすいんです(^^
ちなみにポール4本使っていますが長さの調整で
使わない物をつなぎ合わせて使用。荷物が増えているわけではありません(^^
この一本で・・・
スーパーシェルター内部
天井が上がりグッと圧迫感が減りました。
これはこれで・・・満足です(^^
冬には薪ストーブの導入を検討していますそれに向けてよい要素ですが、
その話はまた後日(^^

1万円ほどですがかなり遊んでくれています(^^

スポンサーリンク

2.火打石での着火準備!

さてテントにも工夫をしたと満足して
設営完了
設営完了!
遠くて分かりにくいですが、今回はアクティビティがたくさんです(^^
まずは先ほど拾った火打石で着火の為に準備です。
最初に作るのは
燕三条乃斧でバトニング
小割です。
着火には必ず必要ですからね(^^
このユニフレームの燕三条乃斧の良いところは
燕三条乃斧で薪を折る
細くなれば簡単に折ることができる事。
いやこの細さになると足で踏んでもおれるのですが、
外遊び屋は地べたでゴロゴロしているので立つのが面倒!
なので、地べたスタイルにはかなり重宝しております(^^

流石ユニフレームさんといったところ(^^
小割と火吹き棒
小割が準備できたのでいよいよ着火準備!
まずは火吹き棒を出して・・・
チャークロス
着火用のチャークロスと
麻の火口
麻の火口を準備して・・・着火に備えます(^^

外遊び屋は火口を100均のアサヒモをほぐしていますが、
時間的に余裕が無ければ購入という手もありますね。
ちなみに
チャークロスも販売されています。でもこれは高いな~!

3.火打石で着火!

では緊張の着火です。
火打石で火をつける・・・初めての体験です。
まずは教科書通り
火打石でチャークロスに着火
手前にチャークロス置いて火花を散らしますが・・・
火花は飛ぶもののうまく着火しません。
外側に火花が散っているので、チャークロスを反対側にして
火花を散らす事数度で・・・
チャークロスに火種が付く
火種が起きました!
ちょっと・・・どころかかなり嬉しい!!
あとはこれを育てなければなりません!
直ちに
火種を麻の火口に包む
火口に包んで息を吹きかけると煙が出だします。
これならと・・・
焚火を熾す
小割の下に火を入れて火吹き棒で軽く空気を送り込むと・・・
着火成功!!
着火に成功!!もう・・・勝利の美酒です(^^
初めての火打石での着火!しかも自分で拾った火打石で!
いや~その火を見ながら見るビールはウマイ!!
火打石を始めて使われる際には

かならず火打金が必要です。火打石だけで火花が散らせると思っていた外遊び屋は
後々すべてのアイテムを揃えるのに面倒な思いをしました(^^;
また火打石も

結構簡単に変えます。興味ある方は是非(^^

4.続きます

やっと火打石での着火に成功しました!
だんだんキャンプで最初の体験というものが減っていきますが、
たまに初めてを体験できるとテンションがかなり上がりますね。
今回も火をつけるのが楽しい!
この火を使って次回は調理です!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事