ユニフレームの持っててよかった「ユニ鉄」物語!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプアイテムに使えない物はない!使えないのは自分のスタイルに合わないかスキルと発想が足りない!
常々そう思っています。それでも・・・「あ~これは自分には使えないな」そんな事もあります。
その一つがユニフレームより発売されて即日購入したアウトドア鉄板「ユニ鉄」です。
しかし・・・ごめんなさい!ユニフレームさん!やっぱりすっごいできる子でした!
そんな思いのキャンプレポートです!車でいけるキャンプならやっぱり帯同しよう・・・。
心に決めただらキャン▼レポート行きます!やっぱ・・・ユニ鉄いい!

1.簡単設営のソロなグルキャン

外遊び屋にしては珍しい、ソロなグルキャンな日でした。
しかし、翌日は明るくなるくらいに出発しなければいけないタイトな予定。
それでもキャンプの恰好はしたいと設営したのが
DDタープビークフライ
DDタープのビークフライ!5分で立てれる簡単設営!
初めて見る人は「へ~」って感心してくれる自己満足満点の張り方です(^^

1人だと3×3でも大丈夫!3.5×3.5ならば余裕ですが、収納がかさ張ります。好みですね。
しゃこっと設営して・・・
ランタン準備!
オイル化したUCOのランタンを準備!これも芯にオイルをしみこませるのに20分くらいは放置します。
設営完了
灯りをともして準備完了!UCOのフラットリフレクター!やっぱり風情があるなぁ(^^

やっと供給が追い付いたようです(^^

ちなみにこちらのランタンを使用していますが、だいぶ味が出てきたでしょ?
使い込むうちにオリジナリティが出る!これもキャンプアイテムを集める楽しみです(^^
ただ先ほどの画像のピコグリル・・・ちょっとくたびれた感が出てきました(^^;
ロストル交換かな?

スポンサーリンク

2.ソロなグルキャン定番キャンプ飯!

キャンプ開始
設営が終わったところで早速乾杯!
やっぱりコパドアさんの銅シェラは見栄えもよいし、熱伝導で、飲み物の温度を取られないのでウマイ!(^^
そしてソロなグルキャン定番のキャンプ飯といえば
キャンプ飯
ステーキです(^^
たっぷりのニンニクと適量の塩のみ。あまりスパイスを効かすのは得意ではないのでシンプルに!
ここでユニ鉄が登場!ガッツリと熱したところに
ユニ鉄とステーキ
じゅ~~~~っ!
かなり熱していたので一気に良い香りが広がります。
もう焼いた瞬間絶対これ美味しいやろって思いました!
そして裏返すと・・・
ユニ鉄とステーキ
完璧な焼き目です!これは美しい!
余熱で火が通ってしまうので
ユニ鉄とステーキ
早めにテイクオフ!ステーキ完成です。
ここまで完璧に焼き目が出たのは初めてです。
じっくり時間をかけないといけませんね。その待っただけの価値はありました!
味?もうそれは置いた瞬間に分かっていましたよ(^^
ウマイ!!
余熱で火が通っていくので、レアからミディアムまで食べるうちに楽しめます。
こりゃたまらん!!
重くてちょっとキャンプに持って行くのが面倒になりつつあったユニ鉄。
この分厚さゆえのたっぷり蓄える蓄熱性!それが味変をしなくても、焼き加減という形で
お肉1枚をたっぷりと味わわせてくれました!すごいぞ!ユニ鉄!

3.怒涛のユニ鉄の活躍!仲間に大人気!

ここからがユニ鉄の怒涛の快進撃!
ステーキ一枚を楽々焼けるスペースや、一瞬で表面が焼けるが焦げない蓄熱性にちょっと周りから注目!
そして・・・
食材を焼く
魚肉ハンバーグも
ユニ鉄でソーセージを焼く
表面がカリっと焼け、ウインナーももちろんウマイ!
さらには・・・
ウィンナー
みんな大好き棒ウィンナーもがっつりと
ユニ鉄と棒ウィンナー
綺麗に焼けて大人気なアウトドア鉄板となりました。
ユニ鉄・・・君のスペックを外遊び屋はまだまだ引き出せていないみたいだ。
修行するよ!

4.最後に 

久しぶりに友人たちとのキャンプで、しかもアイテムを褒められるというなんとも贅沢な時間でした。
キャンプ
なんとも良い時間が過ぎていくのですが、翌朝早い外遊び屋は早めの時間で脱落。
それでも気持ちよい、そしてアイテムの力を再認識する時間は至福の一言です。
楽しかった!
ユニ鉄については過去に詳しく書いております。
ユニフレームの鉄板「ユニ鉄」購入から1年使用徹底レビュー!
いや、また追記してやっぱりいいわ~って話になるだろうな(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事