実践!スノーピークアルミクッカーで簡単キャンプ飯レシピ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
久しぶりに自分の画像を見ていると・・・
一番使っているのはスノーピークのアルミパーソナルクッカー!
炊飯風景
まぁソロでは必ず持って行くし、デュオでもメインとして使っています。
思いの外・・・というか期待通り使いやすいクッカーですね。
今回はこのスノーピークのアルミパーソナルクッカー!
簡単に作ったレシピ集です。
まぁ・・・色々出来ます(^^
使いやすい理由も含めてご紹介です!

1.使いやすい理由!

やはり使いやすい理由!それは
アルミパーソナルクッカーパーツ
この4つのパーツから出来ています。
鍋とフライパンとして使えますから(^^
加えて気密性が高いので結構おいしく調理出来ます。
またパーツも小と大があります。
これにより小さい方でお米を炊いて、大きな方でオカズといったことや、
大きな方で、麺物、小さい方で取り皿やお湯を沸かしてドリンクって事もできます
これでバリエーションが増えるわけですね!

スポンサーリンク

2.レシピ①炊飯

やはり最初にはご飯を炊きたい!といったところでしょうか。
外遊び屋もキャンプの度にご飯を炊いています。
焚火で炊飯
小さい方で1合、大きい方で2合が良い量です(^^
焚火で炊くとほんのりと薪の香りがするのが大好きです。
また気密性が高いので
焚火で炊飯
必ず蓋に重りを置かないと蓋が内圧で開きます。
しっかりと閉めておけば圧力がかかって美味しいお米が炊けます。
ちなみに・・・
炊飯専用の石
家には炊飯用にちょうど良い石を持っています。
結構ね・・・便利なんですよ(^^

3.レシピ②カレー

やっぱり作りたくなるカレー!
スノピクッカーでカレー
一度は作りたくなるカレーです(^^
蓋が器になって便利だなぁと思いました!3人分くらいなら十分作れました!
これに関しては作り方は色々なので食わしく書きませんが、
外遊び屋的には最初に牛脂で具材を炒めるのがブームです。
ちょっと味が深くなる気がします(^^

4.レシピ集③鍋

冬場の鍋
寒い冬キャンプに欠かせないのが鍋!
2人分にちょうど良い量です。
火力さえ維持できれば3人くらいでも平気ですね。
アルミクッカーで調理しているとキャンプしている気分になります(^^
出汁は4人専用を買うと余るので、キューブなど量に合わせて投入できるものがおススメです。
薄くなったら足すこともできますからね。
キムチ鍋・・・悪くないんですよね(^^

5.レシピ集④ホルモンうどん等

バリエーションが豊富で簡単にできるのが
ホルモンうどん
焼うどんや焼きそばです。
調理例ホルモン
最初に具材を炒めて麺を入れて火が通ったら終わりと簡単!
ただ大きい方でもうどん2玉を炒めるのは結構至難の業です。
特に具材をたっぷり入れるとかなり周りにこぼれてしまいます。
ご注意ください。
ちなみに・・・
ミートボール焼きそば
調味料の代わりにミートボールを入れて
カリオストロ風焼きそばってのもソロキャンのお供です。
ミートボールはおつまみでも使えるので(^^

6.レシピ集⑤蓋と両使いラーメン

今までは鍋として特化してきましたが、
蓋もフライパンに!ということでまず両方使って料理!
簡単なのは・・・
蓋で肉野菜炒め
蓋でお肉と野菜を塩こしょう、七味たっぷりで炒めたら・・・
鍋でラーメン
鍋でラーメンを湯がいて・・・
具たっぷりのラーメン
具をのせてちょっとしたこだわりラーメン!
これも1人分が丁度ですね。
インスタントラーメンだけで美味しいのですが、
ちょっと調理をした気分になりたいときにいいんですね(^^

7.レシピ集⑥アヒージョ

調理のバリエーションが広がるアヒージョです。
海沿いに行くと美味しい海鮮があります。
生で食べても良いのですが、イカなどのちょっと火が通ったものが食べたい!ってことも。
アヒージョ
そんな時にはアヒージョですね!
焚火のアヒージョ
これは3人以上でつつけるありがたい調理です。
美味しいし!ただ・・・バケットは必須です。
オリーブが残るともったいない上に、処理が大変!
入れすぎ注意ですよ!

8.レシピ集⑦豪華食品のソテー

スノーピークのアルミパーソナルクッカーが一番高価な調理をしたのはこの時!
それが・・・
フォアグラを焼く
フォアグラ!!
これはたまたま寄ったお店にあった高級食材!
1,000円以下だったので思わず購入!
これが・・・
フォアグラのソテー
絶品でした!
めっちゃうまかった~!!
できればもう一度食べたい料理!
ちなみに味付けはバターと胡椒のみ。
単純なほど・・・ウマイ!

9.最後に

大好きスノーピークアルミパーソナルクッカーで調理した一例です。
まだまだありますが、代表的にはこれらの調理です。
「アルミ」にこだわるのは調理がしやすいからです。
「チタン」も扱ってみたいし、便利なアイテムなのですが
焚火で「調理」したいってなると、アルミに軍配が上がりますね。
腕があれば大丈夫ですがなんせ・・・「雑」なので(^^;
ソロキャンプのクッカーに迷われている方は選択肢の一つに!
結構ね。色々作れます。腕があればもっともっと作れるはず!修行修行!

意外と品薄になって値段が上がることがあります。
基本3500円くらいですのでご注意ください。
また納品に時間がかかる事も結構な頻度で起きています。
外遊び屋も一か月以上待ちました。
時期次第で待ち時間も長いのでご注意ください。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事