スポンサーリンク

外遊び屋です。
「キャンプアイテムに使えない物はない!」
外遊び屋の確固たる信念です!使えないのではなく自分のスタイル合わないだけ。
もしくは使いこなせないだけですね。特に外遊び屋のスキルでは(^^
そんなまだまだ修行中の外遊び屋ですがユニフレームさんのアイテムには
絶大なる信頼を置いています。
というのも「こんなこともできるんだ」という体験をさせてくれるのが
キャンプアイテムですが、その中でもユニフレームさんには感動的な体験と
キャンプの楽しみの幅を広げてもらいました。
今回はその感動体験をさせてくれたアイテムを3つ紹介したいと思います!
どれも・・・このブログではおなじみですが改めて熱く熱く語りたいと思います。

1.ネイチャーストーブラージ

もともと外遊び屋は特定のメーカーのファンというより
モンベルに置かれる商品に信頼を置いていました。
すっごいスキルを持っている知人がモンベルに勤めており、
そういった人々が選んだ商品なら間違いない!また知人から進められる商品にハズレは無し!
と来ていたんですね。そんなモンベルさんで売っていたネイチャーストーブ!
実はラージの前に

小型を使っていました。コンパクトで着火も簡単!
ただ火が小さいのが難点だったんですね。
ネイチャーストーブとダッチオーブン
ちょっともう少し大きな火が・・・
ということで行きついたのが
ネイチャーストーブラージ
ラージです!
収納は
ネイチャーストーブの収納
DVDよりもも少し大きいといったところ。
このコンパクトさも魅力だったんですね。
しかし一番の魅力はその火の扱い!
チャークロス燃え上がる
チャークロスなんかでも簡単に火が上がる燃焼効率の良さ!
そして・・・
鶏モモ焚火調理
お米の炊飯も失敗せず、バウルーで簡単に鶏ももを焼き上げる火力!
どれをとっても文句なし火の扱いが出来ます。
さらに・・・手羽先の骨程度なら、簡単に燃やし尽くしてくれます。
この火力に感動しました!焚火で簡単にこんなに調理できるとは!
これからもたっぷり遊んでくれる火器であることは間違いないです。
この高機能がね・・・外遊び屋にユニフレームさんを強烈に印象付けました!

スポンサーリンク

2.キャンプ羽釜

これはホントにキャンプ飯の価値観を数段高めました!
炭火ご飯
購入動機は単に「羽釜で炊くなんていいやん!!」くらいな物でした。
これが試しに最初炊いてみると・・・

今までのお米と別物!

という感想。私だけではありません。
周り全員が同じ感想でした。
今までも・・・
メスティンで炊飯
メスティンでご飯を炊いたり
ケトルNO1で炊飯
ケトルで炊いたり
アルミクッカーで炊飯
アルミクッカーで炊いたりしていてキャンプのご飯は美味しいなぁと思っていました。
しかし!!

羽釜で炊くとコメの輝き、そして米が立つという事を実感しました。
ホント・・・キャンプ飯ってまだまだうまくなる!もっともっと腕を磨きたい!
と思わせてくれたアイテムです。
最近はソロだと
夕食完成!
スノーピークのアルミパーソナルクッカーを使う事が多いです。

小さい方が1合炊くにはちょうど良いのと気密性が高いので
炊飯風景
蓋を重くするだけでもかなり美味しく炊けます。
炊き方にもこだわりを持たせたのがキャンプ羽釜のすごいところだと思っています(^^

3合炊きなのでちょっとファミリーには少ないなって時には

同じ構造のものがあります。5合炊きですよ(^^
口コミの写真を見る限り殆ど同じものですね(^^;

3.燕三条乃斧

これは今年購入のアイテム!
燕三条乃斧刃の大きさ比較
燕三条乃斧!
これにより・・・バトニングが楽しくなりました。
今までも
薪をバトニング
鉈のようなナイフで薪を割っていました。
楽しいけどしんどい作業だったんですね。
これが・・・
燕三条乃斧でバトニング
あっさりと簡単に割れました。
ホントにあっさりと!
要は刃の厚さと切れ味だったんですね。
前出の鉈もお気に入りですが、この斧で
刃物が優秀ってこういう事かって学習しましたね(^^
そのせいか・・・
お肉が出来上がり!
新しい調理とバトニング用のナイフを買ったり・・・
オピネル完成
黒錆加工したり・・・とにかく刃物にハマっています。
キャンプですからね!ナイフって結構大事だと思いましたよ(^^

4.最後に 

いやぁキャンプの楽しみを広げてくれたユニフレームさんのアイテムを3つ紹介しました。
もっともっとあるので絞り込むのに苦労しました!
価値観を深めてくれるアイテムに出会うのはホント幸せ!
これらも・・・もっともっと購入しなければ!

メーカーさん!期待してますよ~!!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事