スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプなどアウトドアをするときに便利なのがウェットティッシュやティッシュなどの
手拭きや台吹きに使えるアイテムですね。
キャンプ行くときに必ず持っている物です。
ただティッシュだとちょっともったいないって方は
ロールペーパーを代用している事もありますね。
外遊び屋もそうしています。
ロールペーパーホルダー
こんなロールペーパーホルダーでを入れてちょっとずつ使用していくものです。
これを所持している方も多いです。
ただ・・・お値段が1,000円以上と地味に気になる値段なんですよ。
これがナント・・・Seriaさんから発売されました!
これは使用してレビューしなければなりません!意外な落とし穴もあるので詳しく見ていきたいとおもいます!

1.ロールペーパーホルダーの便利なところ

やっぱりティッシュではちょっともったいないと思う事もあるところで
ロールペーパーがあるとそれほど気にならずに使えます。
なにかとこぼす事など拭き取ることが多いキャンプではここが便利!
煤なども拭けますから、汚れ物の対策にも便利です。
ではSeriaの商品を見ていきましょう!

スポンサーリンク

2.開封してみる

では早速開封していきたいと思います!
まずは・・・
ペーパーホルダー開封前
こんな感じです。
注意書きもあるのでちょっと見てみましょう!
ロールページホルダー最大の注意
おわかりいただけますでしょうか?適応サイズが書いてあります!
21センチ×13センチ×11.5センチが大きさ。
トイレットペーパーは11.5×Φ11センチのものがフィットと書いてあります。
基本的には日本の物は11.4センチのものが多いようですが、直径は種類がたくさんあるようなので
場合によっては入らない事もありそうです・・・お気を付けください。
でも対策もあるのでそれは後述!
ペーパーホルダーの設置方法
設置方法が簡単に書いてあります。
これはもう開けたらトイレットペーパーを入れるだけ!
では早速入れてみましょう!

3.使ってみる!

では早速使ってみたいと思います。

開けると・・・結構好きな感じの色です。
なんせ・・・
キャンプ地の写真
ザックもグリーンなので色が合いますね(^^
後は簡単!
ペーパーホルダーに入れる!
広げて入れて、上を巻くだけ!
これで・・・
ペーパーホルダー完成!
完成です!結構いい感じ!これが100円なんて!(^^

4.使用感

まずは・・・結構使いやすい!
引っ張ると中で回転しますが、これが程よい抵抗になっています。
丁度ミシン目が来ると、この抵抗でばっちり切れます。
これが便利!片手が汚れている事ってあるじゃないですか。
そんな時に片手で出せるっていうのはホント有効です(^^
さらに・・・防水!
と言っても完全防水ではないですが、生地は防水です。。
取りだし用の穴があるし巻き込み式の蓋とは言え浸水はしますが、
少々の雨くらいなら、中のトイレットペーパーえのダメージは最小限でしょう。
これって何気にありがたいんですよね。しまい忘れて表に置きっぱなしになっていたら
夜露で湿ってることもありますが、これならその心配がないですね!
カヤックでもいくらか安心になります(^^

5.サイズが合わない時の提案

かならずできるとは限りませんが、このペーパーホルダーはトイレットペーパーの径が大きいと入りません。
そんな時に・・・
トイレットペーパーの芯を潰す
トイレットペーパーを潰して芯とペーパーの間に隙間を作ります。
ぐるりと芯を浮かせるように隙間を作ると・・・
トイレットペーパーから芯を抜く
中心の芯が抜けます(^^
すると・・・
トイレットペーパー
真ん中からトイレットペーパーを引き出せます。
これならトイレットペーパーも潰せるので
トイレットペーパー収納
中に入るわけですね。
ただこの方法、トイレットペーパーにはテンションがかからないので
片手では切れません。まぁ万が一買ったトイレットペーパーが入らなかった時の応急処置としてどうでしょう?

6.最後に

実際トイレットペーパーは携行しとくと便利です。
ちょっと汚れたテーブルを拭けたり、食器も予め汚れを落としたり。
さらにファイアスターターの着火の際にも火種として使えます。
なのでアウトドアシーンには携行していて損はないです。
今回はSeriaの商品ですが、

流石イスカさんかなり良い物を持っています。
こちらも防水で吊るして使えます。これは・・・こだわる方にはいいのでは?
カヤック用に欲しくなってしまいます(^^

外遊び屋が持っているがこちら!
車に常備です。肌触りが良いのですが、水が染み込むのがちょっと難(^^;

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事