スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプの楽しみは多様化していて、色々な過程を楽しむ方も増えましたね。
その中で火起こしにこだわりを持つ方も増えてきました。
外遊び屋も余裕のある時は
ファイアスターターでネイチャーストーブに火起こし
ファイアスターターで火を熾したりします。
この火起こしの際の火種の作り方もたくさんありますが、
昨今話題なのが「チャークロス」です。
ヒロシちゃんねるのヒロシさんが使っていました。
これは自作できるとのことで外遊び屋も挑戦してみました。
とりあえず第一回目は大失敗!そこから学んだ事で第二回目で何とか成功!
失敗の原因と、成功のコツ。そして所要時間などをご紹介していきたいと思います!

1.チャークロスとは

ご存知のない方もおられるかと思うので簡単に言うと布の炭です。
これがひどく着火しやすく火花が飛ぶとうっすら火が着き、そこから火を育てるといった具合。
確かに動画を見ていると火が着くんですよね。
ヒロシさんがこれを使って火打石で火を熾すシーンがなんとも印象的でした。
作り方は
①缶の蓋に穴をあける
②中に着なくなったTシャツなどの切れ端を入れる。
③火にかけて蒸し焼き?にしていく
④穴から煙が出なくなったら火からおろして冷やしたら完成!
※熱いうちに開けると炭化した布に火が着いて失敗するとのこと。
これなら簡単にできそうだ!ということで早速チャレンジしてみました。

スポンサーリンク

2.第一回作成実験報告!

簡単に出来そうなので思いついたら早速行動です。
この時点で火力は重要だろうなって思っていました。
なのでとりあえず使ったのは

小型で火力も強くなりやすいユニフレームのネイチャーストーブです。
ネイチャーストーブ着火
たっぷりの炭を熾します。
これに家にあった空き缶を使って蓋に穴をあけてから
チャークロスの缶の中最初
中に着なくなった服を入れて蓋をして火にかけます。
炭はたっぷりで置いておくと・・・
チャークロス失敗時の煙
徐々に煙が出てきました。
ゆっくりと燻されている感じ。
このまま待つこと1時間!1時間待ちましたよ!
その結果開けてみると・・・
チャークロス失敗時の缶の中
なんだ・・・簡単にできるじゃん!って思いました。
しかし開いてみると・・・
チャークロス作成失敗
まだらです・・・。コレが意味することは・・・失敗です・・・。

3.失敗の原因

ここで失敗の原因を考えてみました。
まず一番には・・・火力だと思います。
ネイチャーストーブのスタンダードは缶全体を炎で覆えません。
なので、部分部分で温度差が出てうまく均一にならなかった。
なので煙が出なくなっても熱い部分だけが炭化して温度が上がらない部分が炭化しなかった。
また、加熱時間が短く温度の割に全体に火を回す前にやめてしまった(煙が上手く見えなかった)
これから考えると次回は
①火力をしっかり上げる。
②途中向きを変えて全体に均一に熱を回す。
この二つに注力してみたいと思います。

4.第二回作成実験報告!

ということでこの二つを克服すべく第二回目の実験を試みました。
今回は本気です!
まずは・・・
ネイチャーストーブラージ
ネイチャーストーブのラージを使用します。

煙突効果で高火力そして缶がすっぽりと入るサイズで選びました。
さらに準備として・・・
チャークロス用の缶
Daisoさんで缶を購入して真ん中に穴をあけました。
その間に炭を熾しますが・・・
ネイチャーストーブにたっぷりの炭
かつてないほどのたっぷりのオガ炭を熾します。
この量・・・そうそう熾すものではないです(^^;
これに・・・
チャークロス作成の缶の中
布の切れ端、および第一回の失敗したものを入れます。
これで蓋をしたら・・・
チャークロス作成炭火①
よく火の回ったネイチャーストーブに入れ込みます。
第一回目は煙が出るのに時間がかかりましたが・・・
今回はなんと
チャークロスの缶から煙
数秒で煙が出始めた・・・っていうより吹き出しました!
いや数秒っていうのは本当なんですよ。
前回の経験ですぐには出ないだろうと思って油断していましたが、
ホントに急に噴き出したて感じです。
どやら・・・火力の違いですね。
5分ほどすると・・・
チャークロスの缶に火が着く
穴から火が出だしました!これ中大丈夫かな??
しかし信じて待つのみです。
10分程で火も消え煙が出なくなりました!

しかし!!油断しません!!

缶をさらに過熱
缶の向きを変えてさらに炭を乗せて加熱していくと
スグに煙が出始めました。
ここで前回の経験が生きましたね(^^
クルクルと回しながらさらに5分ほどで全く煙が出なくなりました。
ここで完成としましょう!!
15分ほど待って完全に冷めたら開けてみます。
チャークロス缶を開けたところ
これは!!いい感じです。
チャークロス広げたところ
広げるとこんな感じ!これは大成功ではないでしょうか?(^^

5.着火実験!

せっかくできたので着火実験してみます。
チャークロスとファイアスターター
ファイアスターターで火花を飛ばすと・・・
火花が散ったところに火が着く
いきなり火が着きました。
これマグネシウムを削り落とさないでも火が着きました。
この火の付きやすさ・・・びっくりです!!
空気を送り込むと・・・
燃えるチャークロス
火が強くなります。燃え上がることはないですが
これだけ着けばアサヒモなら火が着きそうです!
チャークロスって・・・なんかすごい!!

6.チャークロスを成功させるコツ

やはり火力でした。
ヒロシさんも焚火に直接放り込んでました。
焚火の温度が1000℃前後だったと記憶しています(縄文土器が出来上がる温度)
なのでそのくらいの温度があればいいんですね。
目安は・・・置いた瞬間煙が出れば間違いないです。
ただ温度が低い場合は時間をたっぷりかければできない訳ではないですね。
また全体に満遍なく熱を加えること。
クルクル回してどこにおいても煙が出なくなることですね。
ホントに煙が全くでなくなるまで待てば大丈夫です。
ちなみに目安時間は置いた瞬間煙が噴き出すくらいの温度の強火で、15分くらいで出来ます。
どのくらい時間がかかるかな~って方は目安時間にしてみてください。
ただし、火が弱いと一時間しても完成しません。最終的には吹き出す煙を見て判断ですね。

7.市販品を見てみる

チャークロスは自作しなくても市販されています。
自作する時間のない方は

1枚百円程度で販売しています。
またブッシュクラフトさんより

自作キットも販売もされています。ただ・・・100均で揃えれば200円ほどで出来ます。
手間が惜しい方は買う手もありますね。

8.相性の良いアイテム

チャークロスを使うときにやっぱり必要なのが

ファイアスターターと火吹き棒!セットでこの価格なんですね。
これで火をつけて後は
100均でもアサヒモ売ってますのでそれを使えば火が起こせますね。
ホントに火を育てる楽しみですね(^^
ちなみに・・・
アサヒモで火起こし
ほぐして使ってくださいね。
そしてもう一つ気になるのが・・・

火打石!これで火が熾せたらかっこいいなぁって思います。

9.最後に

とりあえずチャークロス作成に成功しました!
よかった~!これでかっこよく着火・・・できるかな。
でもきっとソロキャンプの時だから誰にも知られずに一人にやっとしているんでしょうね。
チャークロス作成を迷っている方!案ずるな進むのみ!です。
温度はしっかり上げて、クルクル回すっていうのが今回得た情報です。
高温なら15分程度で煙が止まります。なので案外早くできます。
あとはフィールド実験です!それはまた追記します。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事