スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプの楽しみに設営の楽しみがあります。
ここは好みが出るので面白いところですが、
オサレキャンパーさんのように2時間かけてトータルコーディネートのサイトを作られる方や
外遊び屋のようにどれだけ短い時間で設営してビールにたどり着くかに生きがいを感じる方もおられるはず。
この時短テントに新商品を出してくれたのがDODさんです。
得意のワンタッチテントから前室付きのテントを発売
その名も「ザ・ワンタッチテント」とそのままなネーミングです(^^
気合を入れないキャンパー外遊び屋としては気になるので詳しく見ていきたいと思います。
果たして時短になるのか??
見ていきましょう!

1.基本スペック

まずは外観から
DOD新テント
(出典:DODさん公式HPより)
スタンダードな形ですね。
DODワンタッチテント
(出典:DODさん公式HPより)
見た目はスノーピークのアメニティドームですね(^^

(出典:DODさん公式HPより)
裏面も解放されるようになっており、

(出典:DODさん公式HPより)
内部は窓が多いので暑い時期には空気が籠らずに比較的涼しくなりやすそうです。
なかなか・・・悪くない構造のようです。
さらに大きさは2サイズあり「M」と「L」になっています。
Lは5人用でインナーテントのサイズはW300×D270×H200cm
Mは3人用でインナーテントのサイズはW215×D215×H165cm
となっています。
まぁ実質的な大きさはLで親子4人程度、Mで大人2人が丁度よいサイズです。
スタンダードなファミリーテントといったイメージでしょうか

スポンサーリンク

2.気になるワンタッチ

なんせ名前が「ザ・ワンタッチテント」ですからね。
この前室がどんな感じでワンタッチなのか興味があるところですが・・・
HPによると

(出典:DODさん公式HPより)
インナーテントのみワンタッチだそうです。
ここをワンタッチで組み立てて、後はフライシートを自分でかけて
付属の前室用ポールを差し込みロープで広げていくという構造ですね。
いわゆるカンガルーテントと外幕的なイメージ?
あ・・・そこはワンタッチじゃないんだっていうのが正直な感想。
まぁインナーテントがワンタッチなだけで時短はできます。
でもこれならまだ同じくDODさんより出ていた(現在販売終了)のビックダディの方が
斬新で興味惹かれたな~?なんてことも考えてしまいます(^^;
さらに・・・キャノピーの入り口を跳ね上げるポールは別売です。
ここは付けて欲しかったな~(^^

3.最後に

ちょっと残念なのがキャノピー用のポールは付いていない事。
DODさんは安価なポールも持っているのでつけてくれても良かったのに~。
でもタープポールは持っている方多いから、つけることを嫌がる人もいるんだよって
別のメーカーの方から聞いたことあるから、この辺りは個人の主観なんですね。
ただDODさんの最近の傾向には珍しくあまりオリジナリティのないデザインですね。
やっぱりキャンプの使いやす形って似てくるのかもしれませんね(^^
ちなみにM

32,800円程度。
ファミリーにピッタリサイズ「L」で

40,800円これにポールを買うからちょと高くつくかな。とはいえ安い?
ただ同じ形を買うなら

クロノスキャビンかな~。42000円と変わらないから。

とはいえDODさん今年は使いやすいデザインで行くのかな?
最近の新商品は焼き直しが多いし・・・楽しみで毎日チェックしてます(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事