6月だらキャンレポ
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
カマド型焚火台でクッカーを使う
今回の主人公の位置を獲得している小型カマド型焚火台
焚火で使用をして・・・
焚火で作ったソバ
ソバを作って楽しんでおります。
癖はあるけど、意外と楽しい焚火台であることはよく分かりました。
加えて・・・焚火台にニトリのラックを置くことで薪が起きやすくなります。
詳しいレポートは
新アイテム使用実験!だらキャン▼レポ①
をご覧ください。
今回はこのカマド型焚火台で炭火をしてみて使用感を見てみたいと思います!
ではだらキャン▼レポ2回目!行きますよ~。

1.昼食後の昼寝中に見たものは・・・

キャンプは何もしない事を楽しむ。
特に何もないから昼寝でもするか~っていうのも贅沢なんですね。
なので・・・

寝てました!

吹き抜ける風が気持ちよく微睡んで過ぎる時間・・・
気持ちいい・・・
とそこに静寂を打ち破る出来事が!
ふと見ると・・・
タープに写る鳥の影
タープの上にはスズメが遊びに来ていました。
尾っぽがフリフリしているのがなんとも可愛い。
結構長い時間要るので、プシュッと飲みながら眺めようかと思ったら・・・
逃げちゃいました( ;∀;)
おつまみにされると思ったのかな?残念・・・
サイトをみると・・・
キャンプ場のランタン
いつの間にやら影が長くなっています。
そろそろか・・・独り言ちて調理準備に入ります。

スポンサーリンク

2.カマド型焚火台の炭火使用の使用感!

調理の準備は火熾しから!
キャンプのキッチンスタジアム
火を熾して本日のキッチンスタジアムが完成です(^^
ネイチャーストーブラージと併用でご飯を作ります。
ネイチャーストーブは煙突効果で燃焼効率が良いので火が簡単に着くのも魅力!
今回はこれで焚火を熾してから炭を焚火に入れて強制着火です。
まぁ・・・簡単ですからね(^^
温度も高いので比較的簡単に着火します。

炭に火が着いたら
マグロのあらを炭で焼く
本日はマグロのあらを焼いていきます。
こういったものがスーパーにあるのが山陰の良いところ。
オガ炭でマグロを焼く
火力の強いオガ炭を使用します!
焼いている間には・・・
キャンプの待ち時間はビール
金麦を飲んで待ちます。
しかし恐れていたことが・・・徐々に火力が落ちていきます。
もともと燃焼効率が良い物とは思っていませんでしたが、
やはり燃えていかない・・・加えてロストルから焼き面の距離があるので
強火にしにくいんですね。炭を積み上げると転げてくるし、それを止める為の板も付いていますが、
それをつけると炭が弄いにくいし・・・
この辺りちょっとテクニックが必要ですね。
その為にはしっかりつかっていかなければ!!(^^
それでも・・・
マグロのアラの炭火焼き
しっかり焼けました!むろん!!ウマイ!!

3.炭火はやっぱり美味しい!

マグロの炭火焼き
6切れ入っていたので順に焼いていきます。
塩味を強くしたり、醤油を使ったり・・・
楽しめます。さらに・・・

豚ひれのスパイス!
炭火で豚ひれを焼く
これも焼いていきます。
やっぱりね!炭はいいです(^^
でもここで思わぬトラブルが・・・
マグロのアラってかなり脂たっぷり!
炭火で焼くことである程度は落ちますが・・・それでもたっぷり!
胃にも溜まってきます・・・。そのせいで・・・豚肉の半分は翌日に回すことになりました。
恐るべし!美味な上に腹に溜まるマグロのアラ!これ・・・定期的に欲しい・・・

4.続きます

長くなるので続きます。
たっぷりマグロのアラでお腹がいっぱいになった後は・・・

焚火をしながら日が暮れていくのを楽しみます。
焚火
徐々に暗くなりますが、さすがキャンプブーム。
平日でも徐々に人も増えてきます。
でも昨今話に上がるようなトラブルなく、皆さんかなりの上級者で静かに時を楽しんでおられます。
なんだろう・・・この妙な一体感・・・すごい居心地良い・・・
夕焼け
空も赤くなりランタンもふわりと灯りを落としてくれます。
さらに・・・
ランタンと月
上る月がなんともいい雰囲気。
ホントに楽しい夜でした。
次回3回に続きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事