無料キャンプ場の便利アイテム
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
7月になると期間限定のキャンプ場が開きだしますね。
その中に無料のキャンプ場もあります。
外遊び屋も良く利用させていただくありがたい存在なんですが、
勉強不足や調査不足によってはちょっと大変なことになることも。
そんな経験をもとに持ってて安心のアイテムを3つほど紹介です。
でも・・・アイテム持っている方が良い!のではなくそこは見とこうよってポイントですね。
アイテムと共にご紹介していきますよ!

1.思いの外サイトが遠い!

これは無料キャンプ場に限りませんが・・・
「車がサイトの近くまで付けれます」
「搬入時には車乗り入れ可」
というところがありますが・・・実際に行くと
車が入れるところから自分のサイトが凄く遠い!ってこともあります。
まぁ広いサイトなどは十分にあり得ますよね。
特に無料キャンプ場では車の乗り入れ不可というところは多い気がします。
あくまで所感ですけどね。
そんな時に役に立ったのは
大きなバック
大きなバックですね。テントや寝袋が一気に運べます。
でもこのタイプのバックは積んでいるのも積載に不便。
なので・・・

IKEAのバックでしょう(^^
無論オシャレではないです。しかしメインのバックではなくあくまで非常用なら収納も便利です。
ちなみに71ℓの物やもっと大きい物も。
71ℓと言えばミニマムキャンプの方なら余裕で一人分の荷物全てが50ℓくらいで収まりますからね。
かなりの荷物が運べます。
まぁ・・・持っていると便利ですよね。安価で大きく丈夫!あとは色が・・・ブルーシートじゃなけりゃねぇ(^^;

スポンサーリンク

2.え?飲用不可??

続いては外遊び屋は何度かありました!
「場内の水道は飲めません」
もしくは
「水道水ではなく井戸水です。水質検査では飲用可です」
などの安心して飲める状態でない場所です。
流石に・・・・準備していてもそれほど多く持ってなかったり、
まさか飲用不可を想定していなかったりとちょっと焦ることも。
そういえば先日のキャンプ場(有料)も井戸水だったような気が・・・。
そんな時に便利なのが・・・
グレイル浄水ボトル
浄水ボトルです。
こちらの商品は
グレイル使い方
汲んだ水にフィルターを押し込むと、川の水でも安全に飲める
防災用にもなる浄水ボトルです。
細菌もカットできるので安心して飲めるようになります。
外遊び屋が使うのが

グレイルの浄水ボトルです。交換用のフィルターも購入しやすく
お近くにモンベルがある場合はそちらでも購入できますからね。
お手軽です。
また迷っていたのが

ヒロシちゃんねるでお馴染みのセイシェルの浄水ボトル。
見た目もいいし携行性も良さそう。価格もグレイルと変わらないので迷いました。
まぁ実際はモンベルさんにあったのでグレイルにしましたけどね。
どちらにしても常に飲用の水が手に入るのは安心できますからね。
持っててよかったアイテムです。

3.炭を持って帰らないと!

有料キャンプ場でもゴミは持ち帰りの場所が多いですが、無料キャンプ場は炭も含めて持ち帰りが多いです。
捨てられるところの方が稀有なありがたい存在です。
炭捨て場もないことが多いので安全に持って帰る物を準備しておくと便利です。

火熾し器に火消ツボとどちらにも使える物も便利ですが
外遊び屋はDaisoさんのオイルポットを使用しています。
最後まで燃やし切っていれば小さなオイルポットでも持ち運べるくらいの炭の量になりますから(^^
ちなみに急ぐときにはこのオイルポットに一度水を入れて完全消化させて持って帰ります。
結構荒業ですけどね(^^;

4.最後に

外遊び屋の経験やトラブルからあると便利だったものをご紹介しました。
無料に限らず格安キャンプ場にも安いなりの理由があることがあります。
ただ・・・それでもありがたい存在です。
アイテムでトラブル回避!
そして・・・

マナーは守って綺麗に使いましょう!

無くなって寂しくなるのはキャンパーですからね。
今年も楽しいキャンプをやりましょう!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事