スポンサーリンク

外遊び屋です。
風の影響でカヤック無人島キャンプを断念してかなりコアなキャンプ場でソロキャンプです。
小森キャンプ村の釣りで釣れた魚
キャンプ場でオイカワをルアーで釣ったり
ネイチャーストーブとフィールドホッパー
タープの下でゴロゴロと風を感じたりと勝手気ままなのもソロの良いとこですね。
加えてソロって結構忙しいんですよね・・・。全部一人ですから(^^
これまでの詳しい流れは
渓流釣りも楽しめるキャンプ場でソロなだらキャン▼レポ①
をご覧ください。
今回はしこたま焚火を楽しんでいきたいと思います!

1.今回初参戦の新アイテム!五徳

今回新アイテムの投入です。
それが・・・
焚火セット
キャプテンスタッグさんの焚火ゴトクスリムです。
ホントはスノーピークの焚火台L用に購入したものですが、
今回急きょ焚火台をユニフレームのネイチャーストーブラージに変えたため
ネイチャーストーブ用の五徳が無かったんですね。
ネイチャーストーブで湯沸かし
こいつですね。でも五徳なしだと調理しにくいので
あえて使ってみました。でも・・・意外と良かったです。これ。
詳しくは後日レポートしますが、買ってほかったアイテムですね(^^

スポンサーリンク

2.こだわりの着火

ソロキャンプなので火をつけるのにまごついても問題なし!
ならばやりたいのがファイアスターターですね(^^
今回はネイチャーストーブで初挑戦です。
着火の簡単なネイチャーストーブなら失敗はないでしょうと。
着火の火種にアサヒモ
まずアサヒモをばらして火が着きやすくして
着火前アサヒモ準備
火が着けば燃え上がるようにアサヒモそのものも入れています。
ファイアスターターでネイチャーストーブに火起こし
挑戦しますが・・・
遠い・・・
火花が届きません(^^;
これじゃダメじゃん!!
火花は思うところに届かないし、いまいち付かないし。
ここで思いだしたのがTwitterの情報!
フェザー作ってそれにアサヒモ撒いて着火しやすくする方法が紹介されていました。
確かにそれならこの距離もできそう!
という事で
フェザースティックもどきをアサヒモで作る
棒にアサヒモ撒いただけ(^^;
ずぼらすぎ?フェザーを作るマメさをこの日は家に忘れたのでこのくらい。
これで・・・
フェザーもどきで着火を試みる
あ・・・意外といける・・・ホント意外でした(^^
ちなみにこの時画像から見て取れるように焚き付け入れてなかったので
このまま火は消えてしまいました(^^;
もう大分遊んだので・・・最終的には着火剤に頼りました。
次は・・・頑張るぞ(^^

3.焚火で調理開始!

ちなみに火をつける前に既にお米を洗って吸水させていました。
段取りを考えると・・・早めの吸水ですね。
ホントは水を切ってから炊くというのも試したいのですが、
時間が凄いかかるので今回はお預けです。
いつか試したいな~。
焚火で炊飯!スノーピークアルミパーソナルクッカー
お米を炊くのはスノーピークのアルミパーソナルクッカーの小です。
お米2合炊くのにピッタリです。1合でも綺麗に炊けますよ。
火加減とかは気にせずにドンと置きます。
さらに内圧を上げるために上から重しを置きます。
これで・・・湯が沸いて吹きこぼれ・・・それが止まると後は水分を飛ばしたら・・・
蒸らして終わり!お米を炊くのは最近失敗無しです(^^
今回も・・・
アルミパーソナルクッカーで炊飯成功
うまい具合に炊けました。何でしょうね。この充実感(^^
お米が炊けたら・・・
いよいよ・・・
焚火でユニ鉄
真打登場!ユニフレームさんのユニ鉄です。

肉は炭火で焼くのが好きなんですが、焼き色が綺麗に出るのでこちらもお気に入り品です(^^
ユニ鉄を温める
牛脂を引いて準備完了!
コンパクト化した塩
調味料のコンパクト化したアイテムを使用!
ガーリックやコショウもこの中に入れないとな~。
コンパクトにしたい!キャンプの調味料入れをスッキリミニマム!
ニンニクは・・・重要ですからね(^^
キャンプ飯完成!ステーキ定食
本日のキャンプ飯!ステーキ定食完成です(^^
キャンプのカトラリーもミニマム化
こちらにもコンパクト化の波が。

ナイフとフォークにスプーンまでカバー。
調理にも使えるから・・・戦線復帰です。
ホント・・・使えないアイテムってないんですね。素晴らしい!
ユニ鉄で焚火
しっかり肉を食い、しっかり米を食らって・・・
二合飯もぺろりと平らげました(^^

うまい!!

4.続きます

ソロキャンプの時の焚火遊びは最高!
焚火でお米を炊くとほんのりと炭の香りがするのが好きです。
YouTubeでもなすDさんも言われていましたが、焚火で調理すると食べ物がおいしくなる!
まさにその通りですね。
食事の後も・・・
焚火でまったり
焚火を楽しみました!
今回のキャンプ場は夜に楽しみもあるので・・・
それはまた次回の話に!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事