川釣りソロキャンプ!小森キャンプ村でソロなだらキャン▼レポ①
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
無理やり空けた2日のスケジュール!それはカヤックでキャンプの為でした。
しかし雨天予報と強風予報であえなく断念となりました。
自然には勝てない・・・カヤッカーとして分かっているところですし、
天気予報と天気図を見ての判断なので納得ですが・・・

キャンプはしたい!

という事で、かねてより気になっていた「小森キャンプ村」こちらに遠征に行ってきました。
釣りもできる川がキャンプ場の中に流れているとのことなので行ってみたかったのです。
今回はキャンプ場紹介を含めていきます!

1.かなり上級者向け「小森キャンプ村」

今回お邪魔したのは岡山県は吉備中央町にある「小森キャンプ村」です。
低価格なオートキャンプ場で、オートサイト1,100円フリーサイトは1,000円と激安キャンプ場です。
詳しい紹介は後日すると思いますが、キャンプ場内に川が流れていて筏遊び、釣りもできる素敵なキャンプ場です。
ただ・・・こちらのキャンプ場は水道が来ていません(^^;
場内に一応「飲用可」と言われている井戸水があるだけです。この井戸水をくみ上げるのは
トトロのような手で漕ぐポンプです!これを不便と取るかアクティビティと取るかは利用者次第!
またお手洗い・・・
小森キャンプ村のお手洗い
典型的なボットンで、手入れはしてありますが限界を感じます。
何より電気も無いので、街灯など照明は全くありません。
また・・・サイトの場所も分かりづらい・・・管理棟のサイト表を見て空いているところに入る仕組みですが
どの場所が何なのかが分からない・・・
先に来ていた方に相談に行くと・・・前日から利用しているけど全く分からないから適当なんですと
苦笑い気味に教えてくれました。
そう!このキャンプ場平日は管理人不在で、自分でチェーンを外して利用し、帰りにお金を封筒に入れて収めて帰るという
斬新なシステムなので中の説明してくれる人はいないんですね(^^;
高規格なキャンプ場もしくは普通のキャンプ場に慣れている方には全くおススメできません。
が!この情報を見て妙に行きたいと感じる方!いや・・・なんかね。燃えてしまいますよ!
何だろうこの野営感・・・。

スポンサーリンク

2.設営

とりあえず場所は分からないので一番端のサイトなら間違いなかろうと設営!
お手洗いが近いので風向きによっては若干・・・ですが、
反対側には先客がおられるのでまぁ臭いも気にならない程度なのでこちらに設営。
匂いがきつい時期になるとやばいかな。
一応オートサイトなので車の横づけもできます。
今回はソロなので簡単に設営したかったのですが、
30℃を超える夏日の為タープも立てました。
モンベルミニタープ設営済み
正直閉塞感のあるタープは張りたくない派ですが、この炎天下では仕方ないですね(^^;
タープの下で地べたスタイルのだらキャン△なので焚火台は

小さくなる燃焼効率の高い焚火台ユニフレームのネイチャーストーブラージです。
ホントは試したいアイテムもあったのでスノーピークの焚火台Lを持って行っていたのですが
タープの下でゴロゴロ焚火をするには大きな炎は敵なのでコンパクトにまとめてみました。
タープも人生初の小川張り?に挑戦。直接見たことも調べたこともなかったのですが、
原理は分かりやすいので結構簡単にできました。いいねぇ(^^
設営も済んだところで
ネイチャーストーブとフィールドホッパー
あり乾杯!

ソロキャンプには必須のフィールドホッパー!雑に扱えて熱い物も置ける。
ちょっとしたテーブルにピッタリ!重宝します。

バイオライトで充電中

バイオライトで充電しながら時折吹き抜ける風が気持ちいいです(^^
ちなみにモバイルバッテリーを忘れていたためバイオライトが頼りです(^^;

3.設営後の楽しみ

設営してゆっくりとしたので今回の楽しみへ!
小森キャンプ場の川①
中々よいロケーション!
この河原にテント張りたいくらいです(^^
小森キャンプ村の川②
ちょと道が近いので時折車の音は聞こえますが
まぁ・・・これくらいなら(^^
川から吹いてくる風が冷たくて気持ちいいです。
ここで・・・
小森キャンプ村で釣り
いい感じでしょう(^^
ちなみに外遊び屋はかつて「釣具屋になりたい」と思ったほどの釣りバカでした。
なので・・・久しぶりとはいえ腕が鳴ります!とはいえ海釣りの方なので
川は全くの素人。エリアトラウトの経験だけなので・・・その経験値で釣りをすると。
スグにアタリが!これはいい感じだ!と二度目のキャストで
小森キャンプ村で釣り上げた魚
なんだか小物が釣れました。
なんだこいつ?
結構暇を感じることもなく・・・
小森キャンプ村の釣りで釣れた魚
頻繁に食ってきます。どうやら・・・オイカワですね。
ヤマメもいるという事なので粘ってみましたが、オイカワが釣れただけでした。
1時間ほどで10匹くらいかな。スプーンの金やピンクなどのアピール系で簡単に釣れました。
お子様にも釣れるのでは?ってくらい。
ちなみにオイカワは食べ方を知らないのでリリースです。
管釣りの時に使っていたスプーンなので返しがないのも幸いしました。
お陰で釣り上げた以上にバラしましたけど、それも楽しいですからね。

4.続きます

長くなるのでいったんここで続きます。
かなり・・・かなり野営感のあるキャンプ場ですよ。
おススメです!とはいいませんが、クセになりそうなキャンプ場ですね。
釣りができるのも魅力!この後はヤマメに固執してまだまだ釣ります。
多分・・・また行くな~

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事