スポンサーリンク

外遊び屋です。
焚火台は何台あっても欲しくなります。
その原因ははっきりしています。全てが使い勝手と使用感が違うアイテム!
焚火好きならこの差を楽しみたくなる!・・・と考えています(^^
そんな中で・・・先日カマド型のミニ焚火台を購入しました。
カマド型ミニ焚火台全景
購入金額1,700円の格安商品ですが、結構楽しく遊べました。
今回はこのミニ焚火台の使用感をご紹介したいとおもいます!

1.製品紹介

今回購入したのは

この商品!Amazonタイムセールで1,700円になっていたので衝動買いです。
基本スペック
商品構成
カマド型焚火台セット内容
こちらの5点です。
本体×1、炭受け×1、ゴトク×1、ロストル×1、炭ストッパー×1、収納バッグ×1 
構成されています
組立サイズ:幅200×奥行155×高さ180mm
収納サイズ(バック収納時):幅245×奥行175×厚さ40mm
重量:800g
素材:ステンレス

もちろんビスなどの手間なしで組み立て可能です。
持った感じは特に重い感じはしませんね。ガタツキも無いので意外と良い製品です(^^

スポンサーリンク

2.開封と組み立てた感想

では組み立ててみます。
カマド型焚火台の収納時
外の風防にすべてが入る構造です。
移動中にダメージを受ける可能性は低そうです。
組立て見ると・・・
カマド型焚火台組立済み写真
まぁ普通のカマド型焚火台ですね。
カマド型焚火台ロストル
ロストルはこんな感じです。
下面に穴が開いていれば火力も期待できますが、
この構造ではじっくりと火が上がる程度ですね。
強火には向かない構造かなって思います。

3.使い方

特に難しい使い方は無いです。
ロストルと網の間が狭いので大きな薪や炭は使いにくいです。
ただ・・・調整ができるようにはできています。
カマド型焚火台側面
もちろん穴が2つ開いておりその場所で調整はできます。
が・・・見て頂きたいのは穴から端までの距離です。
微妙に違います。近い方と遠い方があるんですね。
近い方を使うと
網と五徳の距離①
7センチ程度です。
遠い方を使うと
網とロストルの距離②
9センチちょっとです。
2センチ程度ですが使用する薪や炭で微調整できますね。
ただ・・・薪を使う場合はこの大きさではかなり苦戦しそう。
なので・・・
カマド型焚火台と薪置き
外遊び屋が使うのはニトリのキッチンラックです。
これを使えば
カマド型焚火台薪を入れてみる
こういった感じで薪を差すことができます!
ロストルの高さが下から10センチ程度のところなので

高さ18センチのセカンドグリルでも代用可能です。
こちらは焚火の五徳として使えますから、火の近くでも安心して使えます。
ご参考までに(^^

4.風防の使い方

外遊び屋がふと思いついた使い方が、地味にお気に入りです。
商品紹介でも風防として使用可能と書いてあります。
これが・・・
ネイチャーストーブの五徳として使用
外遊び屋の使うネイチャーストーブ(スタンダード)にピッタリと入ります。
ご存知ネイチャーストーブは簡単着火で煙突効果で焚火台の中でも高火力!だと思っています。
なので普通に炭で使うより強火が期待できるんですね。

6.実際使用してみる

ではこの状態で使用してみます。
ネイチャーストーブとDUGの焚火缶とカマド型焚火台
まずは・・・

最近お気に入りのDUGの焚火缶S/Mを使用してみます。
DUGの焚火缶は現在品薄の様です。やっぱり人気?
これで
DUGの焚火缶で調理
かつおだしを取って味噌汁!
火力も十分だったので結構早くできました(^^
さらに・・・
DUG焚火缶でフライパン
蓋でベーコンが焼けます。
こちらも安定の高火力!
加えて・・・
ベーコンで炭火焼き
炭火で焼いて美味しかった・・・。
しばらくネイチャーストーブで使用が続きますね(^^
着火から片付けまで手間がかからないですから(^^

 

7.最後に

今回は格安ミニ焚火台カマド型をご紹介でした。
まだ正規の使い方ではないので、そちらも使った時に追記していきます。
今回は・・・風防と五徳としては使いやすい・・・外遊び屋のアイテムと相性が良い!
といったところです。でも良いアイテム手に入れたので・・・遊ばないとね(^^

大型のタイムセール以外でもしばしば1,700円に割引されています。
興味ある方はたまに覗いてみることをおススメします。
タイムセールで買ったら・・・それより安くなってたって事もあり得ますからね(^^;

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事