スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
皆様は焚火台をいくつ重いでしょうか?
1つで十分!ながらも複数台所有している方がほとんどかと思います。
外遊び屋もすでに複数台所有しております。
でもやっぱり欲しくなる焚火台ですよね。
焚火台って焚火をするだけのツールではありません。
焚火を通して「何を楽しむか」これが明確に出ると
焚火台に特性を求めてしまい・・・
結果複数台の焚火台所有。さらにもっと数が欲しくなる!って思っています。
今回も・・・ちょっと今の自分に合うものが欲しいなって思っていたところ・・・
ユニフレームさんのHPで再発見!
今回はもう一度欲しい気持ちを抑えるために分析をしていきたいと思います。

1.ただ炎が愛でたい「ファイアポット」

 

火を愛でるというのはどの焚火台でもある程度楽しめますが、
立ち上る炎を楽しむにはこのアイテムなんですね。
UNIFLAME(ユニフレーム)682968 UFファイアポット
ファイアポット。
制作コンセプトに非常に好感が持てるんですよ。
「証明としての焚火台」
篝火を目指しているわけですね。
焚火と言えば調理、まったり時間なイメージですが
灯りを得るために炎を上げる。
この無骨感がいいなぁと思っています。
まるで戦国武将みたい(^^
さらに・・・

ユニフレーム公式HPより)
下に着火口があるので深さがあっても着火は楽でしょう(^^
この構造はネイチャーストーブでも使われていますね。
外遊び屋もネイチャーストーブは使用しているのでこの便利さは非常によく分かります。
さらに・・・・

(出典:ユニフレーム公式HPより)
こちらが炎が上がる仕組みを解説したものです。
この構造・・・見覚えある方が多いですよね。
そう。ユニさんの名作チャコスタですよね。
つまり・・・燃焼効率の良いネイチャーストーブとチャコスタの技術を導入した商品!
もはや性能には疑う余地はありませんね。

ただ・・・お値段は15,000円。
焚火でサイトを照らすのは魅力的ながらちょっと数が・・・
こうなると・・・チャコスタで代用?(^^;

スポンサーリンク

2.焚火をめっちゃ楽しめそうなアイテム「焚火ベース」

昨年発売になったときから非常に気になっている焚火台です。
ユニフレーム (UNIFLAME) 焚き火ベース450  682951
最近「燃焼効率の良い焚火台」である必要もないかなって思う事が。
これに関しては別記事にてまとめていますので時期にアップしますが、
焚火台=良い燃焼効率でなくてもいいんじゃないか?
火の管理をするという楽しみもあっていいんじゃない?
というようなことを思う事もあります。
そんな中で、焚火をつつきながら、焚火の調理ができるのを求めると
この焚火ベースに行きつくんですよね。
その理由は見ての通り!
既に吊り下げが標準装備です。
さらに網ではなく五徳を置けば焚火をつつきながら鍋を火にかけ、
五徳でフライパンや鉄板の調理ができる。
焚火のキッチンといったところですね(^^
これが・・・欲しくなるわけです。
さらに・・・

(出典:ユニフレームさん公式HPより)
この雰囲気・・・やっぱり魅力です。

お値段が20,000円程度です。
まぁ焚火台としてはありな値段かな~。
収納サイズも50×56×7.5とコンパクトでないですが
邪魔にならない程度に小さくなるので持ち運びも便利かな。
ただ・・・ソロにはちょっと合わないのかな~

3.最後に

やっぱり欲しいんですね。焚火台。
実はもっと他の種類も含めて購入検討中です。
あ・・・まだ内緒なんですよ。でも・・・
いま炎を楽しむ焚火台欲しいんですよね・・・。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事