スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日バリバリの新社会人の子をキャンプに洗脳中にでた
「ソロキャンプやってみたい」
しかし全くアイテムを持っていないため、一から揃えることに。
とりあえず見積もり感覚でそのリストを作っているところです。
全ての予算は5万円。車載で行くからそれほどコンパクトでなくて良し。
現在、テントタープ、寝袋マットを提案してます。
アイテムリスト!初めてのキャンプ!すべての道具を格安で揃える
これで20,000円を既に消費しております。
今までの基本方針は
①2人まで対応可
②安すぎず程よい品質
③色合いは青で攻める(結果論)
となっています。
残るアイテムは
・焚き火台8,000円(こだわりたい)
・焚火着火セット2,000円(小物何となく)
・クッカー類5000円(何となく)
・ランタン7,000円(デイツとちっちゃいLED)
・チェア4,000円(ハイバック)
・テーブル3000円(何となく)
これで予備費は1,000円!行ってみますか!

1.焚き火台

一番のこだわりがでますよね。
しかも最初の一台目の焚火台となると迷います。
きっとね。小さいのは最初は止めた方がいいかなって。
クッカー調理とかもありますからね~。
カマド型も考えるのですが、純粋に火が燃え上がるのが見たいと言ってるので
ここはいったんカマド型は置きます。
色々悩みますね。やっぱりその結果たどり着いたのが・・・

こちらですかね。あんまりこだわれませんでした。
というのも・・・燃焼効率が高すぎずゆっくり焼けて、炭火もオプション無しで対応。
4人くらいのバーベキューでも使用できることを考えるね。
網もケースも付いているのは魅力です。
さらに100円のプラスで網が3枚付いた
なんてのもあるのでどちらも悪くないでしょう。
元になるのは無論のユニフレームのファイアグリルです。
誰もが認める名品。誰もが一度くらいは買おうかなって思ったことがあると言っても過言でない一品。
この廉価版ですので、機能的には満足できるでしょう!耐久性は「?」ですけどね。
ただ・・・燃焼効率がよく・・・炭火も簡単に着火できる・・・

チャコスタを焚き火台代わりに!っていう手もあります。
実際使っている方もいますからね。忘れ物したときなどに(^^
とりあえずは焚火もできます。値段も1,000円ちょっとなので
どうしても予算の関係がある場合は・・・。
でも地面の養生も必要なので使用の際には十分に工夫してください。
というこでファイアグリルを選んだとして4,500円!
予算が8,000円なので3,500円余裕が出来ました(^^

スポンサーリンク

2.着火セット

火熾しに必要な物ですね。
着火剤はDaisoさんで十分に通用します。
加えて火ばさみ、チャッカマンもDaisoさんで十分なんですが・・・。
チャッカマンには

火力が強いので着火剤にも火が着きやすいです。
チャッカマンだと火力が弱いときがありますからね。
お値段800円程度です。
そして・・・

団扇を必要とさせない火吹き棒!
これで焚火を育てるのにはかい感すら感じます(^^
こちらも800円くらい。
この2つに着火剤と火ばさみを加えれば大体2,000円くらいですね。
予算内です(^^
火ばさみにこだわりたいですけどね~。

3.焚き火クッカー

これにはまず答えが一つあります。
それが・・・

スノピのアルミパーソナルクッカー!

外遊び屋には欠かせないアイテムです。
レビューもありますので合わせてご覧ください。
そしてもう一つ!

カップに取り皿に、鍋にも使える優秀品!
外遊び屋もメーカー違いで3セット所有しています。

ちなみに・・・

こちらや・・・

もうどれかわからなくなっていたりもします(^^;
ホントに便利ですからね(^^
スタッキングできるので持ち運びも便利です。
詳しくは
アメトーク!キャンプ楽しい芸人に影響されてスタッキングに挑戦!」をご覧ください。
合わせて5,000円程度!予算内と同じです(^^

4.ランタン

ランタンについてはすでに心当たりがあり、外遊び屋のこだわりを出したいんですね。

ハリケーンランタンの青です!お値段4,000円!
これにこだわった理由はテントもタープもブルーです。
なのでこだわりを出すためにもここはブルーで統一!っていうのはどうでしょう(^^
さらにオイルで

虫除けオイルを使うといいですね。
使用レビューもあるのでそちらもご覧ください。これは小さくて800円くらい。
ただ明るさが足りないので手元ライトに

ヒロシちゃんねるでも登場したものですね。
明るいので手元ライトとして使えそうです。
外遊び屋も買いたいのですが、先日スノピのタネホオズキの3つめを買っちゃったので
しばらく手が出せません(^^;
これでランタンは5,500円程度!予算が7,000円なので1,500円余力ですね(^^

5.チェア・テーブル

ソロが中心なのでロースタイルかなって思いますが、
チェアはやっぱりヘリノックス型が良いのかなと思います。
小さくなりますからね。座り心地もいいし!
となると後は価格との勝負です。
Amazonさんのタイムセールを捕まえるのが便利ですが

ちょうど4,000円でありますね(^^
さらにテーブルは

2,000円ちょうどのローテーブル!まぁ最初はこれで足りるでしょう(^^
合計金額6,000円!予算が7,000円なので1,000円の余力ですね(^^

6.その他

その他としてまず忘れていたのが

ランタンハンガー1,200円程度!
さらに!

火消ツボ!お値段は2,000円程度!
焚火の後の必需品ですね。外遊び屋は煎餅の缶を使っています。
結構消えるので(^^
合計金額3,500円くらい。予算計上してなかったので
クッカーの余剰から回せます(^^

7.最後に

合計金額46,500円程度に収まっています。
値段の上下もあるので何とか50,000円って所ですね。
外遊び屋にしてはうまい具合に収まったと思っています。
むろんこれは現時点での話。まだまだ時が経てば考えも変わるかもしれません。
でも今回色の統一感が出せただけでも去年よりはスキルアップです(^^
前回のアイテムリスト!初めてのキャンプ!すべての道具を格安で揃える合わせてご覧ください。よろしければ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事