スポンサーリンク

外遊び屋です。
温かくなると焚火率が減るようですが、外遊び屋は焚火派なので焚火をしない事は
天候と車泊以外ではないんです。
まぁ焚火台も数台持っているのでそのシーンごとに使い分けられるわけですが・・・
それでも欲しくなるのが焚火台。
今までは燃焼効率のよい、コンパクトっていうのを探していました。
しかしここにきて・・・
燃焼効率が少々悪くてもじっくりとゆっくり焼ける焚火台も欲しいなぁと考えています。
というのもネイチャーストーブラージをよく使うのですが、ちょっと忙しいなぁって思う事も。
なので・・・その希望に合うものを探してみようかなと思います。

1.基本方針

外遊び屋のメインとして使っている2台は
スノーピークの焚火台Lとユニフレームのネイチャーストーブラージです。
この二つとも非常に優れた焚火台です。
焚火台Lは重量で安定感あり大きめの薪も投入可能!
燃焼効率も悪くないのでじっくりと焼けていくタイプ。
ただ、コンパクトにならない事がちょっと気になるところ
ネイチャーストーブラージはコンパクトになることと、なんといっても燃焼効率!
ティッシュ一枚で着火も可能という手軽に火が起こせる。
ほんとによく燃えるので大きな薪もそのまま入れても端から燃えていきます。
この燃焼効率はホントにスゴイ!一方で良すぎてまったりしたいときにも
薪の投入が忙しいときも・・・。
この二つから導き出されることは・・・
①ある程度小さくなること
②ある程度で燃えてくれること
この2点で探していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.基本?MONORAL WireFlame

まずはよく知られているコレですね。

名前を覚えてはいませんでしたが、コンパクトになる焚火台!
ブログなどでも使用しているのをよく見かけるし、小さくなるのも魅力!
また火床がメッシュじゃないのもいいところですね(^^
大きさが幅36×奥行36×高さ28cmなので、スノピの焚火台Mとほぼ同じサイズですね。
ただ注意書きには大きな薪(焚火台からはみ出すもの)は使えないとあります。
まぁ自重が980gとかなり借る上に腰が高いので已む得ない所でしょうか。
携行性、燃焼効率を考えるとありだなって思っているんですが、
焚き火調理がしにくそうっていうのが難点ですね。焚火には焚火調理ですから!
また今外遊び屋が楽しく遊んでいるのは焚火で五徳ですのでねぇ・・・。
とりあえず候補として!ちなみに御値段19,000円前後です。
サブの焚火台としては出費が痛いかな~

3.値段も軽い ロゴス メッシュファイアピット

続いて気になったのは

ロゴスさんの軽量、お手軽焚火台。
サイズが43×43×25.5cmとスノピの焚火台Lに匹敵する大きさ。
これなら薪の大きさを選ばないですね。
自重が軽いのはコンパクトになるものでは仕方ないところ。
何よりお値段が3,000円とここもけいりょうですからね。
でも調理がなぁ・・・

4.やっぱりキャンピングムーン?

スノピの焚火台Lを愛用する外遊び屋ならば
廉価版ともいえるキャンピングムーンとの相性も良いのでは?
って思ってしまう訳ですね。

それがこちらのXSです。
サイズは高さ19.0cm~22.0cm、横35.8cm×縦28.7cm(トレイ含む)
ネイチャーストーブより少し大きい感じですかね。
やはり特筆すべきはオプションパーツでしょう。
これだけあれば焚き火調理も十分ですからね。
そしてお値段が6,000円から7,000円程度。
これくらいなら・・・手が出せるかな(^^

5.最後に

さてやっぱり欲しい焚火台ですね。
尾上さんの値段には心惹かれるもがあります。
一方でそれを買っちゃうと久しく焚火台が買えなくなるので熟考が必要ですね。
こりゃ・・・困ったぞ・・・。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事