スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプで揚げ物っていうのは大丈夫?
って思う方もおられる様ですが、ポイントを押さえれば
結構簡単です。
また寒い時期でもアツアツで食べれるので体が温まる上に
地元食材が工夫なく食べれるので、
その土地にキャンプに来た価値もでますね。
今回はこのキャンプでの揚げ物料理のおススメ理由とコツを
ご紹介していきたいと思います。
ソロをされる方にも揚げ物はなかなかいいですよ(^^

1.おススメ理由

キャンプでの揚げ物のおススメ理由はまず揚げながら
食べられることです。
自宅でも出来ないわけですが、居間だと油が散って
後々大変ですからね。
それが気兼ねなくできるのはメリットです。
なにより・・・揚げたてはウマイ!
口の中でアツアツハフハフは癖になりますよ(^^
揚げ物は夏でも美味しいし、寒いときにもあったかくなるので
全ての時期に楽しめますよ。

スポンサーリンク

2.調理の選び方

揚げ物と一言で書きますが、
「フライ」「唐揚げ」「素揚げ」などいろいろあります。
素揚げはともかく
「フライ」と「唐揚げ」は用途によって使い別けます。
「フライ」は食材を選ばないし、野菜も美味しく食べれます。
反面・・・衣をつける手間があるのでちょっと面倒に感じることも。
「唐揚げ」だと袋と唐揚げ粉があれば、入れて振れば
準備ができるので手間がないですね。反面・・・
野菜のから揚げだとちょっと幅が狭まりますね。
ただ・・手軽さだと唐揚げはおススメです。
これなら・・・キャンプアイテムの中に唐揚げ粉を入れておけば
その場の気分で揚げ物が作れますからね。

3.調理時の注意

まずは油の扱い方ですね。
焚火で揚げ物は止めておいてください。
外遊び屋はダッチオーブンで焚火で試みましたが・・・
火力の調整が難しく、引火した経験があります。
ダッチオーブンなので蓋をして火からおろして
事なきを得ましたが、十二分に注意が必要です。
なので・・・ここは安全にガスを使った方が良いでしょう。
そして使い終わった油。
これは川などに流してはいけませんよ(^^
もう使わなければ油凝固剤などで処理してください。
外遊び屋は冷ましてからペットボトルに入れて持ち帰ります。
結構大量ですからね(^^;
ちなみに・・・新聞紙に吸わせて燃やすって方も
聞いたことありますが・・・危険じゃないのかな~って。
怖くて外遊び屋には無理です(^^;

また食材ですが、キャンプ中はどうしても暗いので
揚がったかどうか、火が通ったかどうかが不安です。
なので・・・火が通ってなくても食べられる物を選ぶ。
これで危険が減りますね。
牡蠣フライなどは・・・生食用を選んでます(^^;
とはいえ、そうもいかないのも事実。
そんな時は一度下茹でをしてから水分を切ってあげるのも
1つの選択肢です。ただ・・・味は落ちますけれども
鶏肉など事前に分かっている場合は家で下茹でしておくと
安心ですね。野菜なども。

4.アイテムの準備

アイテムの準備・・・というほどの事もないのですが
揚げ物をすると油跳ねが凄いですよね。
バーナーなんかも油まみれになることもしばしば。
なので外遊び屋は・・・

お菓子の箱などで油散りから守っています。
ガス缶などもギトギトになりますからね。
ちょっとしておくと後の片付けが楽です(^^

5.おススメ食材

食材は地元のものを使うのも一番ですが
ソロキャンなどではそこまでこだわらないよ~
って事もありますよね。
結構いいのが・・・
「冷凍食品」です。
冷凍たこ焼きや冷凍餃子などコンビニの冷凍食品は
相性がいですね(^^
さらに・・・既製品の串揚げセット。
これを使うとホントに簡単に揚げ物が楽しめます。
冷凍唐揚げを油で揚げるっていうのも手軽ですよ。
加えて・・・ウズラの卵!これが最高ですね(^^
さらに・・・マッシュルームなどのキノコ類!
火が通りやすいしウマイ!なんならウズラとマッシュルームだけでも
十分楽しめます(^^

6.使用アイテム

火器はシングルバーナーで十分です。
油跳ねを気にするなら鍋の下に収まるタイプがいいです(^^
ただ・・・ガス缶まで下に収まると輻射熱の恐れもあるので
この対策だけはしっかりとしておいてください。
外遊び屋的には・・・

ソトさんのシングルバーナーは火力と安全性も安心です(^^

ちょっとしたことならば、ジュニアバーナーでも十分です。
また鍋ですが、
大人数だとダッチオーブンですね。

ニトリのダッチオーブンもいいサイズですね。
19cmの方を使っております。
でもソロキャンなどではスキレットっていう手もあります。
ただ、スキレットの欠点は深さが無いので食材が
完全に浸からない事もあるので工夫が必要ですよ(^^

ただ・・・揚げる面積が広いので数揚げれますよ(^^
そして最近便利だなって思うのが・・・

小型揚げ物鍋!
深さもあるのでたくさんの食材を同時に揚げられるので便利。
そして・・・安価(^^
一つ持っていても良いアイテムです

7.最後に

キャンプ飯に迷ったら一度揚げ物も考慮してみた下さい。
油の火加減と油の処理さえクリアできれば
アツアツで美味しい調理ができます。
揚げ物は・・・お子様から大人まで人気なので
鉄板キャンプ飯になると思いますよ(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事