冬キャンプの暖房必需品?電源無しも怖くない!

Pocket

外遊び屋です。
再び寒波が来るそうですね。
まぁ二月後半までは寒波が波状攻撃を
かけてくるのが常ですから・・・(^^;
寒くてもキャンプや外遊びは楽しめるし、
むしろこの環境をいかに楽しむか。
と・・・夏が人が多いからキャンプしな~いっていう
外遊び屋がいうのもなんですけど(^^;
さて先日無電源を焚火とキャンプ飯で乗りきろう!というような
記事を書きました。外遊び屋的にはこれでもよいのですが
やはり温かい対策を考えなければいけないと思いました。
焚火もキャンパーみんなが好きってわけでもないようですから。
そこで!
今回も無電源でもいかに温かく過ごすか?
そんなアイテムを考えていきたいと思います。

1.長時間使えるカイロ 

使い捨てカイロを使ってください・・・なんてことはいいません。
確かに有効な手段ではありますが(^^
今回は・・・


使い捨てカイロも大体50度くらいになるようですが、
こちらの商品もそのくらいの温度になります。
なにより・・・10秒でその温度を発揮!
これによってありがたいのは・・・

ガス缶を温められること

前回のキャンプでは氷点下で過ごすという体験をしました。
この温度だと・・・通常のガスは気化せず
バーナー類はおろか、チャッカマンでさえ火が付かないという
事もあります。そんな時に低温設定した受電式カイロをタオルに
軽く包めば、最初の着火に便利ですね(^^
そして・・・多機能!
ライトに、なぜかマッサージ機能(^^;
これでキャンプの硬いマットで寝た時の体のコリを
ほぐすんでしょうか?(^^;
ちょっと想像がつきませんが、とにかくマッサージもしてくれます。
でもそれだけじゃないんですね。

モバイルバッテリーなんですね!

これならスマホやタブレットの電池切れにも対応してくれますから、
出番は冬場だけではないですね。
低温(30℃)と、高温(50℃)に調節可能なのも嬉しいところ。
ポケットに入れて調節でいるのもいいですね。

広告

2.充電式ブランケット 

さっそく!


充電式なので、無電源でも活躍してくれるブランケット!
キャンプだけでなく、車の中でも活躍してくれますね。
温度も40℃、35℃、20℃と調節可能。
ただ、時間は20℃で4時間ですから、一晩過ごすのはちょっと
時間不足ですかね。寒い時間だけ入れるとか・・・。
でも、小さなお子様の着替えやおむつを替える時などに
下に敷いてあげてもいいですね。収納サイズも小さいので
お出かけの時は車に一枚!
キャンプでは焚火の時のひざ掛けや、テント内でのコタツ。
シュラフの中の暖房と活躍の幅は限りないですね(^^
お値段がちょっと可愛くないんですけどね(^^;

そんな時には!


この商品・・・ありがたいことに・・・外部のモバイルバッテリーで
動いてくれます。つまりモバイルバッテリーさえあれば・・・
長時間使用可能!
一台で、コタツやシュラフの暖房、もちろんひざ掛けにも。
電源が取れる車内では給電しながらも使用できるので
使用時間の制限がかなり緩和されていますね。
それでこのお値段ですから、十二分に威力を発揮してくれるでしょう。
ただ・・・37℃の発熱とありますが、口コミではそれほど温かくは
ないということも書いてあります。
ほんのりと温かいくらいですかね。過剰な期待は持たない方が
良いかもしれません。でも湯たんぽ一つでシュラフの中は
ぬくぬくなことを考えると、少しの発熱でもあった高くなるでしょう。

3.最後に 

充電であったまるポータブル商品をご紹介しました。
電源サイトで一晩500円程度別料金かかりますし、
フリーサイトでも温かく過ごせると思えば、金額差で
十分準備できる金額ですね。
まぁスタイルによると思いますが・・・。
この装備があれば、氷点下のキャンプも怖くないかも(^^

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です