キャンプの暑さ対策!無電源編で乗り切ろう。
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
5月後半からのキャンプの課題と言うと「暑さ」ですね。
気温もどんどん上がっていきます。昨今は40℃に近くなる猛暑!
これに加えてテント内ではハウス効果でかなりの温度になります。
それに追い打ちをかけるのが地面からの熱・・・
何を言いたいか。
とにかく熱いんです!
この暑さ対策が重要になります。
しかし・・・気温が35℃の中の対策には限界が・・・
今回は電源無しでもできる暑さ対策とその中核を担うアイテムの研究です。

1.基本対策

基本的な対策としては2つあります。
①標高の高いキャンプ場に行く
②電源サイトで扇風機をガンガンにまわす。
これに限るといったところでしょうか(^^
もちろん標高が高くなれば気温が下がります。
また扇風機などで空気を回すことで空気が籠らない上に
気化熱で少し涼しく感じます。
基本的にはこの二つが有効な手段ではないでしょうか。
しかし・・・
標高が高いキャンプ場はともかく電源サイトは
区画サイトの事が多く、解放感あるキャンプが楽しめない。
また格安キャンプ場など電源が無いキャンプ場も多く扇風機は使えない所も。
そこを解消するために充電式もしくはもしくはモバイルバッテリーで使えるアイテム。
これを探していきたいと思います。

スポンサーリンク

2.これまでの対策

外遊び屋もこれまでも対策を行ってきました。
もっとも力を入れているのがサーキュレーターですね。
空気の拡散が一番簡単にできるアイテムで、無電源で使用できるものがおおいので。
もっとも効果が期待できるのが

Colemanのサーキュレーターです。
3,000円くらいで購入した最初のアイテムです。
電源は単一電池4本です。電池の良いところはなくなっても
補充が簡単な事ですね。使い終わった電池を捨てるのは手間ですが(^^;
また電池は

単三電池を用意しといてスペーサーで汎用を利かせると便利ですね(^^
さらに昨年購入しているのが

iFanシリーズ!
USB電源で充電式です。弱で8時間近く回ってくれるので
一晩にはなんとか機能してくれます。

ハンディ扇風機は一回の充電で何時間回るか・・・
ここが重要ポイントになります。
ただ・・・この3台の共通点の問題は、開店の音です。
どうしても扇風機の音はしますね。
小さいモーターが一生懸命羽を回していますからね。
ある程度は仕方ないと思います。
暑くて寝苦しいよりもマシ的な感じです。

3.今年追加予定のアイテム

ここまでは去年までのアイテム!
「進まざるは物は必ず退き~」の福沢諭吉の言葉のごとく、
進展させないと現状維持さえできない!迷うな進むのみ!
ということで今年も暑さ対策のアイテムを検討しております。
結果として財布の福沢先生と決別の時が来ても進まなければなりません!
今回導入予定のアイテムは・・・
「ポータブルエアコン」です。
去年は100均アイテムでポータブルエアコンを自作してみよう!でチャレンジしましたが、
今回は購入に頼ろうという事です。
調べてみると・・・意外とあるんですねUSB電源で使用できるポータブルエアコン!
冷風機ですね。
水を入れて空気を冷やすんですね。
しかもポータブルバッテリーで駆動可能!
ちょっと価格も調べてみたいと思います。

4.製品を探してみる

価格も色々なんでちょっと調べてみたいと思います。

3,000円のポータブルエアコン。冷風機ですね。
残念ながらAmazonさんでは確認できていません。
しかし充電池も入って8時間の運転も可能の製品です。

また・・・

5000円以内ではかなりの商品がある様子ですね。
ちょっとまちまちなので・・・一つ一つ紹介できないですね。
意外と調べるとカオスです。
結果外遊び屋が購入検討に入ったのは

お値段は8000円と他の商品に比べるとちょっと割高ですが、
失敗できない暑さ対策!またポータブル電源でも作動確認の口コミと
安心できる要素も多いので、ここはこれかな~って思っています。
ショップジャパンっていうのもちょっと+な要因です。

5.最後に 

とりあえず今後の課題としてモバイルバッテリーも必要ですね。
これを使うには。
実はモバイルバッテリーもソーラー充電できるものを検討中です。
これも踏まえての購入になりますかね~。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事