グリドルアンチがファンに変わった!鉄板焼きが再現したくて代用してみる!
スポンサーリンク

外遊び屋です。
アンチというほどではありませんが「グリドル」は特に興味のない世界でした。
かさ張る、重い、今ある鉄板で十分!
そんなところでしたかね。避けている理由は。
しかし

軽量でコンパクトになるものもあるんですね。
確かに大きめのフライパンはなかなか楽しそう!
何より!

色々出来ておいしそうじゃないですか(笑)
ただ今手元にはない!ということで今ある道具を使ってグリドル気分を味わいたいと思います。
そして本格鉄板焼き!これはたまらん!

1 用意したのはスキレット!

グリドルっぽく使える物ってないかなと思って見まわしたところ
ニトスキ
5年くらい前はみんな持っていたんじゃないですかね。
ニトリのスキレット!ニトスキ!
程よい厚さで比較的軽いスキレットです。
6インチではなく8インチの方!つまり19cmの方!
う~ん!サイズ感は足りないけども今用意できる一番大きなものがこれかな。
ということで久しぶりにアウトドア環境に出てきたニトスキで鉄板焼きに挑戦していきたいと思います。

スポンサーリンク

2 キャンプでも本格鉄板焼き!広島お好み焼き「かん吉」の尾道焼!

グリドルと言えばピザやステーキ!というイメージでしたがやはり「鉄板」というイメージがあり鉄板焼きもいいんじゃないかと考えているわけです。
とはいえ!ずぼらで不器用なキャンパーなのでお好み焼きのキャベツの千切りとかは苦手です。
ならば!と本格的なお店で作られたお好み焼きを提供いただいていたのでこれを焼いてみます。
提供頂いていたのはお好み焼きの本場!大阪で勝負している

広島お好み焼き!「かん吉」さんの

尾道焼き!
尾道といえば外遊び屋の拠点の一つですが「尾道焼」は知りませんでした。
しかし大阪で広島風が通用するってすごいですね。
広島でも関西風お好み焼きの徳川さんが大活躍なので意外と異文化として受け入れられるのかな(笑)
このかん吉さんのお好み焼きは自店の専用鉄板で焼いてそれを急速冷凍したものです。
工場生産ではないお店の味!
拾いま焼きかん吉の尾道焼き
どん!
凄い重い!ボリューミーです。
ちなみに通常はレンジで温めた食べるものですが、ここはスキレット!鉄板を使って温めていきたいと思います。
かん吉のお好み焼き
持っただけでかなりの質感!詰まっていますよ!
さらに
かん吉のお好み焼き
19cmのスキレットから溢れんばかりのボリューム!
これは本家のグリドルだったらもっと映えるでしょうね(;^_^A
しかしスキレットだって悪くありません。
お多福ソース
瀬戸内地方のソースと言えばオタフクソース!これも付いていました。
スキレットでお好み焼きを温める
ニトスキ名物2枚のスキレットでダッチオーブン状態!
これで待つこと10分程!
かん吉のお好み焼き
完成です!
いい感じで温まりました!さすがスキレット!徐々に温めてくれたので底も焦げていません。
さらに一度焼いたことによって香ばしさが満点!お店の雰囲気となりました。
いやレンジでも食べましたが焼くと更にホントの店舗にいる感覚の味になります。
香りが引き立つ!
キャンパーでグリドルを持っている方には是非やっていただきたいです。
ちなみに砂ずりにソバ、そしてイカ天が入っています。
ボリュームは満点で1枚でお腹いっぱいになるくらい。小食の方にはちょっと多いかな。
もちろんビールや日本酒のあてにも最高!キャンプで重宝しそう!
何よりね。イカ天入り!尾道のイカ天なんですが、いわゆるイカのてんぷらではありません。

こんな奴です。
これがちょっとピリ辛で味のアクセントになるだけでなく食感も変わるのでまた美味しい!
そして砂ずり入りでしっかり噛んで食べるようになるのでホントお腹いっぱい!
唯一の残念な点といえば「グリドル」でなかったこと!
いやスキレットが悪いわけではありません。単にグリドルを使ってみたい!そんなところですかね。
スキレットでも美味しく焼けたお好み焼き!グリドルでも試してみたい!
このお好み焼きは大阪の広島焼き屋さん「かん吉」さんから提供いただきました。

これも美味しかったのですが、機会があればお店にも行ったみたいと思いました!

3 最後に

グリドル熱が高くてスキレットを使ってみました。
2つ発見がありましたね。
1つ目はやっぱりスキレットは美味しく焼ける!
もう1つはキャンプでも本格的なお好み焼きの味が楽しめる!
この勢いでグリドル!手を出しますかね。
やりたいことも決まったし(笑)

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事