スポンサーリンク

外遊び屋です。
焚火をすることが好きです。
そしてその焚火を楽しむ焚火台のコレクターです。
使う焚火台によって使用する方法も上がる炎も薪の組み方も違います。
それを知った時に焚火台が1台では我慢できなくなりました(;^_^A
今回はちょっと手間の掛かる焚火台!コニファーコーンのパイロマスター2の炎が見たくて出撃です。
ペレット燃料を使いますが、ちょっと大事な物を忘れてしまいました(;^_^A
忘れ物を克服できるか?コンパクト焚火台パイロマスター2を使ってデイキャンプです。

1 最初の忘れ物!地面にダメージを与えないためにも欲しいギア!

早速
パイロマスター2
設営!
コンパクトな焚火台は地面への影響もあるのでちょっとした台を使った方が良いです。
パイロマスターでもやっぱりそれは同じ。折角コンパクトなのですが、ここは仕方ないかな。
台を使えば煤や灰も掃除しやすいし、焚火シートはこの高さの焚火台じゃ熱を防げないので仕方ありません。

こんなのもあるので併用すれば便利かな。
ちなみに外遊び屋は

1000円で買ったこちらの焚火台が良い台の代わりとして役立ってくれています(笑)
でもね。
これを忘れてしまったわけですよ(;^_^A
最初の忘れ物ですね。
これがあればもっとコンパクトに収まるのですが仕方ありません。

こんなタイプでも十分ですから!

スポンサーリンク

2 こんなものまで着火剤?ペレットならこれで十分?

軽量化のために使うコンパクト焚火台のパイロマスター2!
薪も軽量化という事で
ペレット
ペレットを持ってきました。これくらいでは1時間くらかな。
まぁデイキャンプにはいいくらいでしょう。
パイロマスターのペレット量
ペレット燃料は燃料補給が忙しいから最初にたっぷり入れる!ってやってしまうと空気の流れが悪くなりうまく燃えてくれません。
空気の流れを意識してちょっとずつ、忙しくても空気を通してやることを考えて補給してやる必要があります。
そして
割り箸で着火
今回は割り箸を使って着火!
先日気が付いたのですが、割り箸って柔らかくてフェザー風にも作りやすいです。
火持ちは悪いですが、簡単に火が着くので着火剤代わりにもなるな~って思っています。
ペレットなら簡単に火も着くので
割り箸で着火剤
とりあえず実験!
火が着いてちょっと3本くらい割り箸を燃やしていると
パイロマスター2の二次燃焼
火が着きました。最初煙も出ていましたが、二次燃焼が起こってから煙もなくなりました。
これで安心(笑)
このパイロマスター!コンパクトに折りたためるのに二次燃焼するって所がお気に入りです。

キャプテンスタッグにもあるんですよね。これも使ってみたいな~。
まだちょっと高いんですよね(;^_^A

3 調理に必須の焚火ギアを忘れていた!

さて早速火も熾きたので調理です。
コーヒーを淹れる
とりあえずコーヒーから!
コンパクトな焚火台ならケトルじゃなくてシェラカップなどで直接湯が沸かせるのでワイルド感があって好きです。

しかしここで忘れ物発覚!

風防を忘れました。
少し風があったこと、また五徳と燃焼室に隙間の大きいパイロマスターは風防で熱を閉じ込めた方が温まりやすいんです。
こ
とりあえず持っていた小さ目の風防を使いますが高さがたりません(;^_^A
これは困った!
ということで
風上に石を置いて風防の代わりにする
風防代わりに石を置いてみました。う~ん!ちょっと効果あるかな(;^_^A
砂浜を掘ろうかとも思ったのですが、さすがにこの高さまで砂を山にするのは無理と判断しました。
それでも
昼食準備
昼食を準備して
温める
レトルトを温めることは出来ました。
海辺のカレーは美味しい!
海で食べるカレーはまた格別です(笑)

外遊び屋が使っている風防はこちら!
あまり安い物を買うと接合部を止めている棒が抜けてバラバラになる風防もあるのでお気を付けください。
これはその点安心して使えるのですが、忘れてしまっては意味がありません(;^_^A
帰って同じセットの中に入れておきたいと思います。

4 最後に

風防を忘れて火力を上げるために燃料を使ったために思った以上に早くペレットが尽きました。
我ながらなるほどなって思いましたよ。
燃料の節約の為にも火力を無駄にしないっていう事は大事ですね。
とはいえ軽量の焚火台とペレット燃料は便利です。
焚火の終わりには
アッシュキャリー
アッシュキャリーで十分です。
火が消えかかってるときに
アッシュキャリー
蓋をするように被せると、ドンドン冷めていきます。
あ!中が燃えている時はダメですよ。あくまで鎮火に近い状態になって最後の仕上げです。
そして最後にこのままひっくり返せば炭や灰がこぼれる確率も少なくなります。
アッシュキャリー
後は縛って持ち帰り。
ZEN Campsさんのアッシュキャリーは縫い目もしっかりしているので安心して使えます。
これなら現場を汚しにくく、荷物にもならないので便利!(笑)

海風が気持ちよかった日でした。
忘れ物が無ければもう少しゆっくり楽しめたかな(;^_^A

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事