ソロキャンパーが欲しくなる3つのミニコンロ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
基本的にはソロキャンプが多いですが、ファミリーもグルもやります。
ただ気の使わな、。なんなら気が向かなくなると途中でも中止できるソロキャンプの気軽さは代えがたいものがあります。
そのソロキャンプ性質の外遊び屋。
ちょっと気になるソロキャンプにピッタリなギアがあるので、今回はそれをじっくり分析して居ていきたいと思います。
基本的には火器ですが、やっぱりなんだか惹かれるんですよね。
ちょこっと料理できるもの。コンパクトになるかなって物3つです!

1 冬キャンプのちょこっと鍋に最適?Haixifry キャンプストーブ!

キャンプで鍋は大好きです。暖まりますからね。
簡単で何を入れても美味しい鍋ですが焚火でするときには沸かすときには火にかけて、食べる時には下ろして食べることが多いです。
火の中に手を突っ込むことになるのがちょっと怖いので。

この田舎鍋で作るのも見た目がよくて好きです。
囲炉裏鍋
でももう少し手軽であってもいいなぁと思っている時に見つけたのが
Haixifry キャンプストーブ 小型 ウッドストーブ 二次燃焼 五徳コンロ ソロストーブ 焚火台 アウトドア携帯コンロ しゃぶしゃぶ鍋 1-2人用
こちらの商品!燃料用アルコールや固形燃料で使える鍋です。
着火剤で使えないかな・・・。
いや旅館で使うようなものは見ていたのですが、割れるんじゃないかなと思っていたんですね。
しかしこれなら割れる心配がありません。
直径が20センチ程度で高さが約9cm。コンパクトにならない所がネックですが、ちょっと面白そうだなと思って見ています。
価格も

2,218円と手が出ない値段ではないんですよね。冬のおこもりキャンプをキャノピー下でするときにいいなぁと思って見ています。
ただ・・・持っている物も組み合わせればこんな感じにできるんじゃないかな~って思うと一歩踏み出せないアイテムなんですよね。
テントの前にリフレクター立ててキャノピー出して、そこでぬくぬく鍋っていうのも悪くないなぁとは思っています。

スポンサーリンク

2 やっぱり軽量!Boundless Voyage チタン ストーブ

先ほどの流れを継いでこれならもっと簡単でできるんじゃないと思いだしたのが

Boundless VoyageのチタンストーブTi2014Cです。一度ブログでも気になるものとして挙げたことがある気がします。
気持ちだけ小さくなる持ち運びのストーブ。
今回初めて知りましたが、二重構造で二次燃焼するんですね。びっくり。
もちろんアルストの五徳としても使用可能です。
サイズ/重量(約) 収納時:(D) 92×(H)77mm 展開時:(D)174×(H)133mm/約120g
となっているので持ち運びも悪くないかなとも思います。でも持ち運ぶよりも庭キャンプに使いそう(^^;
チタンの二次燃焼の焚火台というだけでも魅力ですからね。
いいなぁ。やっぱり欲しくなります(^^

3 どんどん安くなるウッドストーブ!

半年くらい前でしょうか。

こちらのウッドストーブを見つけていいなぁと思いました。薄くなり持ち運びやすい上に、今回の様にちょこっと鍋にも悪くなさそうなんですよね。
サイズも2種類あり、値段も高くない。加えて現在購入前に35%オフクーポンが付くようになっています。
すごいな。買おうかなって思っていました。
しかしびっくり!
2,380円!からのさらに300円引きクーポン付きです。
このタイプ人気なんでしょうかね。
サイズ的にも良いし、使ってみたい気もするのですが、最近ウッドストーブいっぱい手に入れたんですよね。

激安ボックスストーブや
ASOBUのEBOSHI-01
モニター使用させていただいたASOBUのウッドストーブ。
さらに
ZENCamp焚火シート
キャンティーンのカップもウッドストーブの代わりになるので現在飽和状態になっています。
どれも使いたいですからね。

なので、今はちょっと見送っておこうかなと思っています。

4 最後に

結局欲しい物ってミニコンロかよって自分で突っ込んでしまいました(^^;
焚火台好きなんですよね。とりあえず気になるものを3つでしたが、欲しい物リストは探すのが大変なくらい入っています。
欲しい物リストの中を気になるリストとホントに欲しい物リストに分けていかなければいけませんね。
キャンプブームでアイテムが増えてホント楽しい!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事