ユニフレームに影響されて!焚火が楽しくなる3つの焚火アイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ユニフレームは外遊び屋の好きなメーカーの一つで、かなり信頼感を置いているメーカーさんです。
焚火台も秀逸な物が多いですからね(^^

ホント可愛い!(^^
2020年6月発売!ユニフレームのファイアグリルsoloを購入徹底レビュー!
最近人気アイテムのソロ化を進めているユニフレームですが、今年は焚火ベースがソロ化するらしいです。

欲しいなと思っていたのですが、予算を使い過ぎたので今年は見送りとなりました。
しかし焚火ベースのような感じで楽しみたい!と考え、ちょっと焚火アイテムの強化を目指したいと思います!
いや、もともと欲しかったものなんですけどね(^^

1.ユニフレームの焚火ベースを諦めさせた焚火台!

2021年最大の楽しみにしていた焚火ベースを諦めさせた焚火台があります。
それが
Flexfire
Flexfireです。4枚バージョンと6枚バージョンの2通りあるFlexfireですが、どちらも使えるセットが出たんです。
ちなみに絶対に火入れはカヤックキャンプの時と決めており、まだ火入れを行なっていません。
ドイツ製のかっこいい、コンパクトな奴!すごい気になって手に入れました。

こちらは6枚バージョンのみのもの。
しばらくこれでじっくりと遊びたいのでユニフレームの物は諦めることにしました。
天下のユニフレームですから、今年買わなくてもいつか帰るだろうという計算もあります。
この焚火台を使ってさらに焚火を楽しめるキャンプギアを検討していきたいと思います!

スポンサーリンク

2.気になる焚火スタンド!五徳が便利になる?

まず一つ目に気になっているのが

YOGOTAのファイアスタンドです。Amazonでは5,000円を切る値段です。
これなら五徳の高さも用意に調整できるので、薪の出し入れや、高さの調整で保温もできる。
さらに上のハンガーでベーコンも吊るして焼けるな~て思っています。

サイズは大きいですが、これなら庭キャンプでも遊べそうなので、ちょと欲しい物!
Flexfireに限らず先ほどのファイアグリルsoloにも良さそうだし、ネイチャーストーブラージにも相性が良さそうです。

なんだかとりあえずというか、焚火楽しむならあってもいいかなと思ってしまうスタンドです。
ランタンも吊るせそうですからね。いいなぁ5,000円以下か・・・頑張るかな。

3.ちょっと憧れるハンギングラック!

ずっとこれって必要かなぁと思いながらも、目が離せないのが

ハンギングラックです。
なぜか「吊るす」ということにロマンを感じてしまいます。
ちなみに最近お気に入りの格安メーカーRibitekの商品はAmazonでは3,000円以下とまた手が出やすい!

コンパクトにもなるので、ちょっと持って行くにもいいかなと(^^
なによりおうちキャンプでも使いたいんですよね。
おうちキャンプの風景
現在おうちキャンプはこんな感じで陣幕を使いながらですが、この陣幕の部分にキャンプギアをぶら下げたい!
シェラとかを吊り下げて置くとかっこ良さそうなんですよね。完全にロマン枠ですけど(^^
キャンプギアに囲まれるだけでなんかおうちキャンプも楽しくなりそうじゃないですか(^^

4.最後に 

ちょっと焚火を盛り上げる物を挙げてみました。
焚火ベース450も上からクッカーを吊るせるというのが魅力だったので、それに似た物ですね。
全部合わせて8,000円くらい。う~~~ん!合わせるとちょっとしんどいな~!
でも色々あるんですね~!もう少し検討してみるかな~(^^

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事