TCなのにナイロンと同じ価格!DODよりヨンヨンベースTC発売!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
DODよりヨンヨンベースにTC素材が発売されたようです。
ヨンヨンベースはサイトごとテント内に収めるイメージの大きな富士山のようなテント!
これがTC素材になったのですが、何とナイロンと同じ価格で発売されました。
これは凄い!TC素材になると2倍近くの値段になる事が多いのに!
今回はヨンヨンベースの魅力とTC素材とナイロン素材のスペックの違いを見ていきたいと思います。

1.DODの広々使えるヨンヨンベースの魅力!

DODはつくづく面白いメーカーさんだなって思う事が多々ありますが、このヨンヨンベースもその一つですね。
雨の日のキャンプは濡れるから面倒だなと思う事もありますが、行動が制限されることも気が進まない理由の一つです。
タープを張っても振り込む雨や、外遊び屋の好むパップテントなどのキャノピー下などは雨を被りやすいのは事実です。
しかしこのヨンヨンベース!

(出典:DOD公式HPより)
サイズが3.7×4.2mと広く使えます。
加えて

(出典:DOD公式HPより)
パップテントのような構造なので横からの雨の振込を恐れる必要がありません。
さらにここに

(出典:DOD公式HPより)
小さなソロ用テントが3つ入るのでちょっとしたソログルキャンプにも使えそうです。
また

(出典:DOD公式HPより)
前がキャノピーになるのでかなり広く使えるテントです。
夏も暑くないように

(出典:DOD公式HPより)
前後がメッシュになるんでサイトの蚊帳として、また熱が籠りにくく使うことが出来ます。
こうやってみるとなかなか秀逸なテントですよね。
広々使えるテントですが、ちょっと昔のキャンプ場のテントサイトには入らない可能性があるので、フリーサイト向けかもしれませんね。
ただ今回TC素材が出来たお陰でキャノピー下でも小さな焚火くらいなら出来そうな感じです。
テント内では止めた方がいいですよ。火災や一酸化炭素中毒の恐れがあるので。
さらにこのテント!動画を見る限り設営が凄く簡単!
パップテントは綺麗な形に張るのが難しい事があるのですが、このテントは指定された場所をきっちり伸ばしてペグダウン。
そこからポールを入れればそれで形状が完成!あとはロープをペグダウンするだけと1人でも設営出来そうな構造です。
これならば夏の暑い時期や雨の時でも簡単に設営出来て、中で広々と使えそうだなと思いました。
いや庭に欲しいなぁ。でもこの広さは庭に入らないかな(^^;

スポンサーリンク

2.DOD「ヨンヨンベース」TC素材とナイロン素材の差を検証!

TC素材は難燃性ではないので、火の粉が当たれば穴も開きますし、何なら燃えます。
とこれだけは一応前提に置いておいてください。ナイロンより耐久性があるだけで、ちょっとした差です。
ただ火の粉が落ちると一瞬で穴が空いてしまうナイロンに対して3秒でも持ってくれれば火の粉を払いのけることが出来るTC素材と外遊び屋は認識しています。
しかし実際ナイロンに比べて分厚い物が多いので、日陰は暗くなります。
半面乾きにくいのでナイロン素材よりもカビやすくなる。といった差がTC素材とナイロン素材にはあります。
なので外遊び屋的にTC素材だからと言ってそれほど魅力が増すわけではないと認識していました。
しかしこのDOD「ヨンヨンベース」はナイロンもTC素材も一緒の値段!
何を重視するかでどちらか好きな方を価格差を考えずに購入できる!これは凄いと思いました(^^
なのでここではヨンヨンベースのナイロン素材とTC素材の差を見ていきたいと思います。
●テント重量
TC素材:約:16.8kg
ナイロン素材:約7kg
この差ですよね。TC素材は倍近い重さになります。ただこのサイズのテントはオートキャンプが通常使用になると思うので、重さがどこまで負担になるかは考え様です。車を横付けできないサイトではかなり苦労しそうな重さですね(^^;
●収納サイズ
TC素材:W64×D27×H27cm
ナイロン素材:W50×D24×H27cm
意外と差が出ません。少しナイロン素材が小さくなる程度です。
この差なら、好みで選んでも良さそうかなと思います。
●最低耐水圧
TC素材:150mm
ナイロン素材:3000mm
え~っとこれはどういうことだ?公式の記載ミスかな(^^;
●価格
どちらも55,000円!DOD公式オンラインショップのみでの販売です。
TC素材は綿が35%とやや低めかなと思います。この辺りで価格を抑えたのかもしれませんね。

4.最後に 

このサイズのシェルターテントというとあまり見ないのでDODのヨンヨンベースなかなか面白いなと思いました。
同じ傾向の物を探すとするとすれば

ネイチャーハイクの大型シェルターテント!

色んな形になりますがテント3つは入らないかな。
しかし

サイドウォール付きで

スクリーンとして映画なども見れるのはちょっと楽しそう(^^
ちなみにお値段は36,000円ほど

ちょっと形が違うかな。
DODホント面白い物が出てきます。TC素材で色々な天候に対応できるヨンヨンベースも面白い(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事