DODより新発売!オシャレじゃなくても欲しくなるミニキノコテント!
スポンサーリンク
Pocket

アグリなキャンパーな外遊び屋です。
DODより新しい一人用のテント「ミニキノコテント」が発表されました!
オシャレキャンプにあこがれも持っていますが持ち前の詰めの甘さと計画性の無さ。
またトータルコーディネートできないというオシャレ致命傷を持っているのが外遊び屋です。
結果
カヤックキャンプの設営
こんな感じです。いいんです。これで安定安心な布陣ですから!(^^
BUNDOK(バンドック)ソロドーム!ファーストインプレッション!
しかしそんなアグリな外遊び屋もちょっと欲しいと思ってしまったのがこの「ミニキノコテント」!
詳しく見ていきたいと思います!めっちゃ可愛いし、楽そう!

1.DOD「ミニキノコテント」は見た目が抜群!

早速全景から見ていきたいと思います!

(出典:DOD公式HPより)
見た目は通常のキノコテントですね。
しかし注目したいのはこのサイズ感です。

(出典:DOD公式HPより)
広すぎず狭すぎず、一人がまったりするのにちょうど良いさいず!
座っても頭が当たらない所も良さそうです。

(出典:DOD公式HPより)
またインナーテントの天井がメッシュにすることが出来るのも魅力的!
夏は涼しくなります。そして何より設営が楽!
ワンタッチテントで広げて、サイドのポールを上げる。そしてフライの設置!
3ステップでちょっと手がかかりそうですが、動画を見る限りはかなり楽そう!
いいなぁ。これならちょっと気軽に出かけた時の設営がかなり楽そうです。
こういったところもDODの魅力だよな~!

スポンサーリンク

2.DOD「ミニキノコテント」魅力!

見た目のも可愛く設営も簡単!
サイズ感も良いのですが、外遊び屋がこれを一番欲しいと思う理由が冬のオコモリキャンプです。

(出典:DOD公式HPより)
コットなどを入れてこんな感じ。十分広いんですよね。
この中でコタツ的な事が出来たらいいなぁと思っています。
コットを敷いてもポーラブル電源を置く場所もあるし、天井も高いので座ることも可能!
また先ほどの天井がメッシュにできるので、キムチ鍋など臭いが籠る鍋もできそうですしね。

(出典:DOD公式HPより)
サイドの窓も大きいので暑くなっても風通しを良くすれば汗かきながら気持ちいい状態で鍋が楽しめそうです。
そうおこもりキャンプ!これなら庭でもできそう!!
設営簡単なので雨キャンプでも手軽に楽しめそうですね。いいな~心惹かれるな~!

3.DOD「ミニキノコテント」基本スペック!

基本スペックを確認しておきたいと思います!

(出典:DOD公式HPより)
表も画像で上がっているので公式HPでみると見やすいです。
●設営サイズ:W240×D240×H120cm
●インナーサイズ:W215×D185×H105cm
思ったより背は高くないかな。座るには問題ない高さだと思います。
ドーム型なので、場所によっては低く感じるかもしれませんね。
●収納サイズ:W67×D20×H22.5cm
●重量:6.9kg
ソロ用テントとしてはちょっと重いかなって気がしますが、オートなら問題なしですね。
しかしおうちキャンプではもったいないかな~!汎用性が高いっていう解釈にしておこうかな(^^
●価格:33,000円(税送料込み)
これはDODなのでこの位かな。ワンタッチでもあるので高くはなりますね。
これは仕方がありません(^^:
発売は6月の下旬だそうです。書き方から見て、DOD公式オンラインショップのみの販売かな。
公式ショップ!登録が面倒なんですよね(^^

4.DODの魅力的なテントたち!

このミニキノコテントもかなり魅力的です。フライシートも色が変えられるのもカスタマイズ感があっていいですね。
しかしDODは魅力的なテントが結構多いんです。

まずはショウネンテント!

前室広めで雨の日にもまったり過ごせそう!
換気口もあるので、色々楽しめそうです。
何となくこの秘密基地!って感じが好きなんですよね。
お値段も29,000円!ミニキノコテントよりは手が出しやすいかな(^^

そしてちょっとくらっしくな

エイテント!昔のテントって感じで良いなぁとは思っています。

開放的なのでタープとしても使えそうなんですね。
ただお値段が59,000円とあまり可愛くありません(^^;
DODさんいろいろ面白い物を取り揃えていますね(^^

4.最後に 

DODの新テント「ミニキノコテント」を見てきました。
う~ん!こうやってみるとかなり魅力的ですね。
やっぱりワンタッチテント!一つ欲しいなぁ。中にポールが無いのもいいなぁ。
発売同時に買うことは無いと思いますが、これはホント欲しい物に入れとこう(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事