メスティンを使いこなしたい!一緒に入れておきたくなる5つのアイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
メスティンの供給がかなり追い付いてきたので、定価で購入できるようになりましたね。
外遊び屋もお気に入りのクッカーの一つで先日も
カニ味噌パスタ
カニ味噌パスタを作りました。
夏のキャンプに!おつまみとメインに使えるかに味噌でメスティンパスタ!

色々作れる物が押いのも魅力なメスティンですが、昨今メスティンに収まる魅力的なアイテムが多くなりました。
しかも1,000円程度と非常に手を出してしまいそうなアイテムなんです。
今回はそのメスティンに収まるアイテムの中から5つの魅力的なアイテムに迫りたいと思います!

1.メスティンで持ちたい王道2つのアイテム!

メスティンは歴史のあるクッカーです。
外遊び屋が購入したのが2017年くらいだったと思います。
この時からメスティン買ったらこれを入れなきゃ!というものが2つありました!
まず一つ目が

メスティンにピッタリと入る網!
これはメスティンで蒸し料理をするための網です。
最初の時にはシュウマイを蒸したり、肉まんを蒸したりするだけでなく、蒸し鶏なども作っていました。
レンジでチンするよりもずっと美味しくできることに感動しましたからね。
お米を炊くことよりも、蒸し料理をする事の方が多かったです。メスティンを買ったら網も一緒に!って感じでした。
さらにやっぱり欠かせないのが

エスビットのポケットストーブです。これにメスティンを置いて自動炊飯は今でも人気の高いコンビ!
これと固形燃料をメスティンの中に入れておきたい!そんな気持ちでした。
ポケットストーブ
ただ結局購入したのは格安品でした(^^;

ネットでも300円くらいだし、現在Daisoでも販売していますからね。
とりあえず両方揃えてしまいました(^^
購入時はこの二つくらいだったと記憶していますが、今はもっともっと広がりがありますよ(^^

スポンサーリンク

2.あると便利なカッティングボード!

人気の出てきたメスティンでちょっと面白いな~って思ったが

メスティンに入るカッティングボードです。
これはベアーズ島田さんが使っているのを見て便利だな~って購入しました。
調味料ボックス
現在はメスティンではなく調味料ボックスに収められています(^^;
まな板として使うというよりは、お皿として使う事が多いです。
ステーキの焼き上がり
そのまま切ってもいいし、置いておくだけでも十分にお皿として機能してくれるのと、
見た目も悪くないのでちょこちょこ使っています。値段も600円程度なのでついつい欲しくなるのも已む得ないかなと(^^
ちょっとした局面に便利です。小さいですからね(^^

3.やっぱり便利なメスティンサイズの鉄板!

100均のキャンプアイテムで激震が走ったものの一つにキャン★ドゥ鉄板があります。
それに続くように各100均より発売されました。
アウトドア鉄板比較
外遊び屋もついつい揃えてしまいました(^^;
しかし最初は人気過ぎて購入できず、どうせならと

oka-d-artのメスティンに入る鉄板を購入!
これが結構便利で、焚火でお肉を焼きたいときにも準備をしていなくても使えるます。
キャンプセットの中にどれかの鉄板が入っていますね。
困った時には肉を焼きたくなるキャンプ飯!常備して置くアイテムとしてホント便利です。
また厚みや蓋が着くなどまだまだ発展中のジャンルかな~って思います。

12mmという桁違いの物もあります(^^
12㎜鉄板
この存在感!使用感、食感がまた違った世界になっていますよ(^^
今後どんな展開になるか楽しみです。メスティンに収まる様に作られると更に熱いです!

4.ちょっと気になる多機能カトラリー!

もう一つ気になるな~って思っているのが

多機能スプーンです。
メスティンに収まるのでそれほど大きくなく、スプーンとフォーク、そして簡易的なナイフとしても使えます。
こういったタイプは結構出ているのですが、ステンレスである事や、缶を開けたり、栓抜きも付いているのが便利そうです。
なにより・・・690円とお求めやすいんです。
忘れ物の多い外遊び屋。これを1本キャンプセットに忍ばせておいてもいいかなって思っています。
でも・・・いずれ100均でも出そうなアイテムですね(^^;

5.最後に 

メスティンに収まるアイテムを見てきました。というかこうしてみると結構持っていますね(^^;
メスティンってクッカーとしてだけでなく、収納としても魅力的なので色々試してみたくなります。
現在Daisoでも色々なサイズのメスティン売っていますし、それぞれに合う網などもあるので、
そのうちカッティングボードなども発売されそうですね。
なんか魅力的!(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事