人におススメ出来なかった3つのソロ用テント!その理由と魅力!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
最近友人たちの為にテントを探す事が多かったです。
オガワで攻める?ソロでも幕内でまったりできるテントを探せ!
こちらはソロキャンプながらもテント内でまったり過ごしたいという希望で内部が220×150×h130cm程度の大きさで探しました。
なかなかこれも楽しかったですね。
キャンプ女子初心者に!予算2万円の取扱い簡単テント3選+α!」の中では女性2人が簡単に立てられるテントを探しました。
全く考えてない状態を想定してだったので新しい発見もあって楽しかったです。
しかし自分がもはや考えることのない「立てやすさ」と「扱いやすさ」にポイントを置いてみたことで昨今のメーカーさんの努力も良く分かりました。
たくさんテントをネットで見た中でおススメ出来なかったテントがあります。
しかしそれらのテントが決して魅力的ではないというわけではないのです。
非常に面白そう!今回は人には勧められてないけども、自分では欲しい!そんなテントを3つ紹介です。
メーカーさんってホント面白い事考えてますよ!

1.優れた携行性!Naturehike Star River 2

 


ファンも多いネイチャーハイクのテント!
このテントは広く使える215×(60+135+60)×110㎝!インナーサイズが135なので2人でも使える広さ!
前後に前室が付いているのでキャンプアイテムを夜露に濡らさずに済みます。
また特に魅力的なのが携行性!この大きさながら重量が約2kgで収納サイズも45×15cmとコンパクトになります。
値段も23,000円程度とお求めやすい!
しかし友人たちに進めなかった理由。それが3シーズン!冬は寒いんですね。その理由はきっと

中が見えちゃいそうなこの薄さ!
軽量には必須ですし、おそらくフィールドでは透けないと思いますが、ちょっと不安で勧められなかったんですね(^^;
外遊び屋がカヤックで使うには良さそうなので欲しい物リストには入れたままです。

スポンサーリンク

2.大きさが魅力!ロゴスのNEOS!

 

続いてがロゴスのテント!
前室が広く、タープ要らずの設計!
インナーサイズも(約)幅210×奥行140×高さ125cm!
跳ね上げが長いのでタープとしての4m近くの居住空間が広そう!
さらに色も落ち着いているのでキャンプアイテムも選ばずに合わせられそう。
ただ、これを勧めなかったのは「ロゴス」の信頼感なんです。外遊び屋は全くと言っていいほどロゴスの製品を持っていません。
かつてあぐらチェアを持っていて愛用していましたが、特に品質が良いと感じてなかったんですね。
その中で30,000円を超えるテントを推薦して良い物か・・・悩んだ結果外しました。
いや良さそうなので、現物は見てみたいんですよ。自分なら失敗しても仕方ないと思えるのですが
人に勧めるとなるとちょっと緊張するので外しました。スペックは魅力でホント触ってみたい!

3.可変型ワンポール!オガワのタッソ!


オガワのワンポールテント「タッソ」です。おそらく入門者には設営しづらく使いにくい。
そんなテントだと思います。それのどこが魅力的なのか?このテント


可変型でテントの高さを変えられます。


ジッパーで多辺形にすることによってその高さが変わり、付属のポールも長さが変わります。
これだけではなく、一部のジッパーを開放することで、

タープのように跳ね上げもできます。これがね、その時の気分と天候で使い別けれるんだから魅力!
人に勧めるより自分で使いたいテントです。
ただ設営は結構手間そうな上に、より快適に可変するためにはアイテム理解を深める必要があり
とてもじゃないけど今回の友人たちに勧められるものではありませんでした(^^;
何より自分が欲しい!そんなテントです。

 

4.最後に 

友人たちにおススメを探している時に見つけた魅力的なテントを紹介してきました。
いやね。ロゴスさんはちょっと改めて触ってみたいなと思います。
2万円切るくらいの値段なら、一回買ってみれば~って言えるのですが
高い買い物になるとやっぱり言えないんですよね。外遊び屋も自信を持つために・・・お店行ってこよ(^^
しかしオガワのワンポール!使ってみたいですね~!
あれでポリコットンなら最高なのになぁ。あ、値段が高くなるか(^^;

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事