焚火気分になるランタン!UCOのキャンドリアが楽しい!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
おうちキャンプで焚火ができれば、ワンランクアップな気がしますが、
実際は結構ハードル高く、炭火が限界な外遊び屋です。
しかし!なんとか焚火な気分にできないか?
そんな時に出会いました!UCOのキャンドリア!いや、ちょっと焚き火とは違うのですが、
火にかけて物が温められる!そこが魅力!
購入して大分使ってみたので紹介してみたいと思います!

1.UCOのキャンドリアの魅力!

早速見ていただきたいこちらの画像!
UCOキャンドリア

キャンドルランタンの上にシェラカップ!
そう!なんとキャンドルランタンなのに物が温められる!
これは公式の取説にも載っているので、そういう使い方のものなんです。
UCO キャンドリア 取説
ね?書いてあるでしょ?(^^
なので安心して使えます。
ただ残念ながらこれで調理ができるというほどの物ではありません。
コーヒーを温め直すとか、ホットワインを作るとか、
熱燗、ホットウィスキーを作る程度です。
お湯が沸けば色々用途が広がるのですが、そこまでではないですね。
一応実験もしています。
最初の画像は熱伝導のよい銅のシェラカップを使用し、さらに蓋をして30分ほど置いていました。
キャンドリアで湯沸かし実験
しかし残念ながら中に泡ができる程度。期待したんですけどねから(^^;
それでもオイル化すれば湯が沸く可能性もあると思っています。これは今後の課題ですね(^^
庭で炎の上で調理!なんか焚火気分になれそうです!

スポンサーリンク

2.UCOキャンドリアの詳細画像

魅力を最初に持って来ましたが、キャンドリアってどんな構造なの?って思う方もおられるかと。
UCOキャンドリア
色は黄色、赤色、グリーンかがありますが、外遊び屋はアルミをチョイスしてしました。
意外と大きくて
UCO キャンドリア
片手に余るほど。重くはないのですが軽くもないくらいです。
下の黒い部分を回すと
キャンドリア分解
こんな感じで分解できます。
こちらで使うキャンドルは

3.魅惑の灯りUCOのキャンドリア

暗くなって点灯してみます。
キャンドリア点灯
カバーを外して中のキャンドルに着火し
キャンドリア点灯
蓋を締めれば完成です
やはりロウソク3本分!他のキャンドルランタンに比べるとかなりの明るさです。
キャンドリアの炎
中々悪くないでしょ?中の反射の炎がシャンデリアのように見えます。
キレイだ~って思ってみていると・・・
こいつ暖かいんです!まぁ
ホットワイン
ホットワインなら数分で出来る程度の火力はあります。
なのでデッキでまったりしている時のストーブ・・・まで行きませんがちょっと暖かい空間が出来ます。
中々・・・楽しい!

4.最後に 

今回はUCOのキャンドリアの紹介でした。
ちなみに無骨って感じではないのでキャンプで使うというよりは、デッキなどの庭キャンプ用になりそうです(^^
カヤックキャンプに持って行くには少し大きい感じがしました。
これでおうちキャンプ用のランタンは
おうちキャンプ用ランタン
たくさんになりました!他にもありますから(^^;
それでも庭で火を見ながらちょっとしたものを温められたり、火にあたる感覚は良い物です(^^

カラーバラエティもありますよ。サイトに合わせて選べます!

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事