テンマクデザインのあったか焚火台で秋キャンプスタート!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
朝晩が冷え込むまで行かなくても寒くなった昨今!
キャンプのアイテムも少し変えようかとちょっと違ったスタイルに移行!
これまでの季節は
Onetigrisのテント設営完了
開放的なスタイルでしたが、寒くなると温かスタイルへに徐々にシフトです。
ソロの時はそれほど変わらないのですが、相方と一緒の時には寒さ対策は重要です。
今回はテンマクデザインのアイテム等を使って暖かキャンプレポートです!

1.テンマクデザインのあったか焚火台!とん火登場!

10月に入ったところなので、そこまで寒いわけでないのですが久しぶりの山間部という事もありちょっと寒さには気を使いました。
10を超える焚火台を愛でる外遊び屋!寒い時にもってこいの焚火台も用意しております。
最も寒さい時に活躍する焚火台!それが・・・
とん火
テンマクデザインのとん火です。
反射板があるので熱が手前に来ます。これが凄く暖かい!冬場の夫婦のデュオキャンプは殆どこれですね。
燃焼効率もよく、テンマクデザインの技術によて、煙が真上に抜けるようにできています。
これが凄い効果で、まず煙が前に出てきて煙たいっていう事はありません。すごいよな~って思います。
加えて風防も付いているので少々の風でも焚火を楽しむことが出来るのもお気に入りのところ。
ただカマド型は火が箱に収まってしまうところが、まったりとするときには寂しいんですよね。
鑑賞的には
ご飯を炊く
ピコのむき出しの炎が美しいですね。

代理店さんの活躍のお陰で、大体適正価格で購入できるようになりましたね。
かつては・・・いや昔の話はやめましょう(^^
今回はとん火!やっぱりあったかいな~って言いながら薪をどんどんくべていきます。

スポンサーリンク

2.冬のキャンプにとん火を使ってしまう理由はキャンプ飯も!

暖かいだけでとん火を使っているわけではありません。
とん火の良いところは、調理もしやすいんです(^^
冬になるほど、鍋などちょっと料理にもこだわりたい気持ちが出てくる外遊び屋!
そんな時に便利なのがとん火なんです。
なんせ焼ける面積が広い上に安定した五徳!
スノーピークのアルミパーソナルクッカー
スノーピークのアルミパーソナルクッカーを置いてもこれだけの余裕があり、
ダッチオーブンとクッカー
小型のダッチオーブンを置いてもまだまだ余裕のある面積!
同時の料理が多数できる優れものの上に、下の反射板で、五徳の上はどこもそれなりの温度を担保してくる。
ファミリー、ソロ、デュオでも使いやすい焚火台です。いや・・・ホント楽しい!

カマド型焚火台の人気はちょっと下降気味かなと思う事もありますが、
もしカマド型を考えておられる方いればちょっと選択肢に入れても良い焚火台です。
詳しくは「焚火料理が楽しくなる!テンマクデザイン「とん火」レビュー!」をごらんください!

3.秋のキャンプ飯もこだわりクッカーで!

今回も使うのは

スノーピークのアルミパーソナルクッカー!
お米を炊くのはこれか、

キャンプ羽釜かどちらかですが、焚火の際はにはパーソナルクッカーが登場です(^^
炊飯
お米を炊くのに内圧が上がって蓋が飛び上がるほどの気密性なので、こんな感じで重りを置くのも結構好きです(^^
なんか風情も出ますからね(^^
お米を炊いている間にもう一つ!
今回は相方の要望で・・・
餃子を焼く
ダッチ―オーブンで餃子を焼きました!蓋もあって気密性も高いので
餃子の炊き上がり
焦げすぎることもなく、しっかり火が通り、キャンプで一番よい焼き上がりとお墨付きをいただきました(^^

色々使えるミニダッチオーブンで1800円程度とかなりお安い価格設定!
オートキャンプには欠かせない存在です。
この日の食事は餃子と、ノドグロのお造り!なかなか良いお味でした(^^

4.長くなるので続きます

ちょっと冷えだしたこの時期のキャンプは過ごしやすいので大好きですが
人が多いのも事実ですね。いやトラブルなく楽しく過ごしましたけどね。
長々書くと一万文字をかるく超えてしまって、大学生の卒論クラスになるのでいったんこの辺で。
とん火。熱いから夏場は使わないのでこれからの季節しっかり楽しんでいきたいと思います!
レポートはまだまだ続きます!

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事