キャンプに選ばれるには訳がある!銅シェラ大の第一印象をレポ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
生来くじ運がない外遊び屋ですが、先日Twitterの懸賞が当たりました。
それがこちら!
銅シェラ大
銅のシェラカップ(大)です。
これは新潟の 野遊び銅製品の専門店「コパドア」のよーこ店長(@shinkometal)が不定期的?にされている懸賞でした。
前から懸賞しているのは見ていたのですが、くじ運のない外遊び屋、これまでの経験から懸賞に参加することはありませんでした。
しかし、今回は「銅」のシェラカップの「大」という二つのキーワードに惹かれてトラウマを振り払い応募したところ、
初めて・・・人生初めて当選しました!嬉しい!
今回勇気を出してまで欲しかったか?銅がなぜキャンプ向きだと考えていて、「大」の何に惹かれたのか?
直接使ってレポートしていきたいと思います。

1.銅製品の性質

外遊び屋が銅の製品に強い関心を持ったのは高校生くらいでしょうか。食のバイブル「美味しんぼ」に「道具の心」という話があり、そこに銅のおでん鍋が登場し、制作過程や性質が紹介しされていました。
この調理器具かっこええ・・・そう感じたのをよく覚えています。今でも覚えているくらいですから(^^
この気になっていた銅の製品ですが、もっともよく知られている性質が熱伝導率の良さです。
一点を熱すれば、全体に熱が回るというか、とにかく熱が物質を伝わる速度が速い!
ちなみにチタンが調理に向かないという理由が反対に熱伝導率が悪く、熱いところと冷たいところが発生し焦げ付きやすいんです。
裏を返せば熱伝導率が高い方が熱のムラが無くなるので調理はしやすいという事なんです。
ちなみに熱伝導が高いという事は、熱しやすいということと、冷えやすいということ両方に意味があります。
また銅は殺菌作用があると聞いていたのですが、それが結構スゴイ殺菌作用らしいんです。
熱伝導率の高さ、そして殺菌作用が銅製品が気になっていたメリットです。
次の項からこのメリットがどういう風にキャンプに向いているか説明したいと思います。

スポンサーリンク

2.キャンプで飲む1杯が美味しくなる

熱伝導率が高いという事は、器自体が簡単に熱くなったり、冷たくなったりします。
これはキャンプ場の最初の一杯に大きく作用します。
マグやシェラカップに冷えた飲み物を注ぐと、冷たさも器に伝わります。
その時に熱交換で全体の温度が均一化され、若干温くなったりするわけですが、
すぐに熱が伝わる銅ならば、必要以上に熱を奪われないというメリットがあります。
まぁ些細な事だと思わるかもしれませんがちょっと見て頂きたいこちら。
ビールと銅シェラ
泡がクリーミーと感じません?あれ?感じない??(^^;
ビールの泡は本体と入れる容器が冷たいほど、泡が細かくなり潰れにくくなります。
泡が表面を覆っていると味が劣化しにくい!美味しく飲むためにはなるべく長い時間泡を立てておいた方がいいらしいんです。
ってビール工場で聞いたことがあります。つまり銅の製品はすぐに器が冷たくなるので、比較的泡が小さくなりやすいんです。
「冷たい」ことが贅沢なキャンプにおいてこのメリットは大きいなと感じています。何より・・・うまい!

3.高い殺菌力で安心アップ!

殺菌力があるという事は知ってましたが、今回頂いたCOPPER100の銅シェラの説明書に具体的にどうか詳しく書いてありました。
それによるとA型インフルエンザ、大腸菌O-157、レジオネラ属菌、ノロウィルスなどに銅イオンが効果があるとのこと。
ううむ・・。とりあえず完璧に殺菌してくれると思う人はいないでしょうけど、
アウトドアな環境ではちょっとした殺菌効果もありがたいところですし、聞いたことのあるものばかりなので
キャンプの安心につながります。キャンプ中シェラは除菌アルコールで軽く拭いてまた使う事がおおいですから。

4.熱伝導率が高いので省エネになる!

キャンプ中に燃料などが節約できれば安心できます。
熱伝導率が高いと熱くなりやすいので、アルストなどと相性が良いようです。燃焼時間が決まってますからね。
一方で飲み物を飲む場合熱いコーヒーなどは、飲み口が熱くなるので十分に注意してください。
火にかけるとハンドルまで熱くなります。耐熱グローブなどは忘れずに。

5.銅シェラ大で調理してみる

今回頂いた銅シェラの大は容量が550ml入るものです。
外遊び屋が欲しいと思った「大」というのがこの容量です。
ソロキャンプなどの時に調理したかったんです。シェラカップで調理する方もたくさんおられます。
外遊び屋もやりたかったんですが、他のクッカーがある中であえてシェラを使う気が無かったんですね。
そういえば作ったものといえば
湯葉二枚目
湯葉!これは美味しかった・・・。
しかし銅であればやりたいことがありました。
それが再び登場食のバイブル「美味しんぼ」で海原雄山が作っていた湯豆腐!
あれをやって見たかったんです。
用意するのは美味しい水と、昆布、豆腐。そしてお好みの調味料!これだけです。
利尻の昆布
利尻の昆布を買ってきました(^^
これをシェラの入るサイズに切り軽く拭いてから
空気穴を開ける
切れ目を入れて下からの空気が抜けるようにします(漫画そのまんまの知識)
昆布だ出汁出す
水に入れて30分。
時間が来たら
湯豆腐を作る
豆腐を入れて火にかけます。
すぐに泡が付きだします。さすが!この熱伝導率!
シェラカップの滴露
すぐに周りに結露が出ます。
しばらくすると
湯豆腐完成
沸騰して豆腐がぐらりぐらりと揺れ出します。
ここが食べごろ・・・だそうです。
湯豆腐を食べる
沸騰させると昆布出汁が強くなりすぎるので沸騰させないように。
食べてみると沸騰していないですが、確かに中まで熱い!
そして豆腐の風味が飛んでいません。これはウマイっ!
やりたかった料理が理想のクッカーで出来てウマイ!こんな幸せがあるでしょうか(^^
夫婦で各1丁の豆腐を平らげ最後に、
雑炊
昆布出汁を無駄にしない雑炊!これもウマイ!
旨いし楽しかった!

6.最後に 

Twitterの懸賞でいただいた野遊び銅製品の専門店「コパドア」の銅シェラ大の個人的な魅力を熱く語ってみました。
今回は湯豆腐でしたが、次はタコしゃぶをする予定です。
これも沸騰させないところが難しいので銅のシェラはピッタリでしょう(^^
またアルストで火にかけましたが、シェラには変色等はありませんでした。
銅シェラ
綺麗な色なので変色が怖かったのですが、ちょっと安心です(^^
野遊び銅製品の専門店「コパドア」さんはネットショップを展開されています。
先日のブログでも書いた羽釜もあるんですよね。魅力。
楽天にも出品されているので興味ある方は是非!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

純銅製炊飯釜≪ごはんはどうだ!≫ステンレス蓋のみ(3合用)
価格:8800円(税込、送料別) (2020/9/10時点)

3合炊きでこのお値段。ユニフレームのキャンプ羽釜よりちょっと上。銅ですからね。
でもアウトレットもありますよ。

日本酒を飲むのに良さそうな物とか

ビアマグ!なかなか楽しい物が出そうなのでお気に入りに入れました(^^
憧れの銅のアイテムをいただいて感謝です(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事